医療系の資格:看護師・准看護師になるには

看護師
看護師として働くには、看護学校で単位を取得して、看護師試験に合格しなくてはいけません。

スポンサーリンク

看護師を目指すために

資格には看護師と准看護師のルートがあります。
業務に大差は無いですが、国家試験と都道府知事試験の違いです。

准看護師は看護師の指示を受けて日常生活のケアを行うとなっておりますが、勤続年数の長い准看護師がリーダーを務めている現場もあります。

看護師の学校について

それぞれ就業年数や学習時間に差はありますが、生活スタイルに合った選択をとってきていただきたいです。

ストレートに進学される方は費用面の心配が大半でしょう。
進学する際に学費を支援している医療機関もあります。
試験合格後に一定の年数を勤務すれば、学費が免除になる就業先もあります。

・看護師学校について

就業年数3年以上で全日制となります。
大学や専門学校等もあります。
入学試験は倍率が高いので、油断できません。

入学後も授業と同時進行に単位取得試験があります。
合格点は国家試験合格基準に合わせています。
単位が取得できないと国家試験を受けることができない厳しさがあります。

課題やグループ学習や就職活動など同時進行となり大変ハードです。
乗り越えれば国家を受けることができ、看護師試験に合格すれば看護師として勤務することができます。

在学中は大変ですが、学んだ思い出は一生ものになります。
今後の人生の自信へとなるでしょう。

・准看護師学校について

定時制が多いので、働きながら学ぶことができます。

その後は高卒以上であれば進学コースに進むことができます。

家庭の事情などで経済的に不安がある方に選ばれることが多いです。

このルートのメリットは、准看護師学校の進学の際に既に資格を取っているので、進学コースを受験できなかったとしても勤務が可能というところです。

資格取得後の就職先は?

看護師国家試験や准看護師試験に合格して資格を取得したら、勤務を行うことができます。

まず試験に合格したら、厚生労働省に免許申請をします。
期限がありますので、合格通知書が届いたら速やかに申請を行ってください。
管轄は保健所になります。

准看護師試験から進学コース以外で看護師国家試験を受けられた際は、申請からお手元に届くまで1か月以上かかります。
その間は無資格になりますが、医療行為以外であれば業務を行うことができるので大丈夫です。

・看護師の就業先

全国には准看護師と看護師合わせて100万人近くが就業されています。
そのうちの7割程度が医療機関で就業されています。

現在は高齢化に伴い居宅が多いため、高齢者施設の求人が増えています。
日常生活のお世話をメインとした特別養護老人ホームやデイサービスがあります。
医療行為はあまりありませんが、看護師や准看護師の医療的知識が必要です。
常勤の看護師が何人必要といった規定があります。

他には、企業で働く人の心身の健康管理を行う、産業看護も近年注目されています。
都心部を中心として活躍されています。

・求人の探し方

求人誌だと、人気の高いところはすぐに埋まってしまいます。
派遣会社に登録しておけば、求人に載っていない就業先も紹介してもらうことがあります。
急募の場合は広告に掲載するのが間に合わないため、派遣会社から直接情報をもらえることもあります。

紹介予定派遣を行っているところもあるので、まずは派遣からスタートして、よかったら正社員の道を進む方法もあります。
未経験者ということで対応もしてくれるので、求人誌に載っていないからとあきらめずのチャレンジしていただきたいです。

看護師や准看護師をベースとしたステップアップ資格

看護師や准看護師の資格取得後に取得できる資格も多数あります。
中にはステップアップ試験を目標に准看護師からスタートされる方もいらっしゃいます。

専門性を求められる中で、看護師もしくは准看護師プラスアルファの資格が求められてきています。
ですが、働きながらプラスアルファの資格を取得される事は並大抵ではありません。

教育支援制度が整っている機関を選択するのも一つの方法です。
より質の高い知識や技術を提供することが期待されます。

資格取得を推奨や支援している医療機関もありますし、周囲への信頼にもつながります。
自分自身の成長にもなり、待遇面のアップはやりがいへとつながります。

看護師で特定の分野で5年以上の経験があれば、専門看護師を目指す道もあります。
その中には、一年以上の過程で学ぶ保健師や助産師などがあります。
訪問看護ステーションや助産院などに就業先を広げていける道もあります。

大学でも看護師と並行して資格を取得できますが、専門性が高まってきているため、選抜制を採用しているところもあります。

看護師や准看護師で医療や福祉関係などで5年以上経験を積むと、ケアマネジャーの受験資格を得ることができます。

他にも看護研究者や看護教員を目指す道もあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 国家資格
-

関連記事

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船橋当直3級海技士(機関)

船橋当直3級海技士は船橋のブリッジなどで、安全に航海を行うため当直制度によって監視を行う船員のことです。 船橋当直3級海技士(機関)の役割は、推進機関や操舵装置などが安全に正常に動いているのかに関して …

就活で持っていたい資格「ITパスポート試験」のアピールできるポイント

就職してデスクワークを行うなら、基本的にはパソコンを使用すると考えましょう。 使用する頻度に違いはありますが、多かれ少なかれ使うことになります。 そのような背景があるので、パソコンを使用できることを、 …

専門職には欠かせない!技術系の資格「毒物劇物取扱責任者」

日本の経済を支えている一番重要な産業は、材料工学です。 最新鋭旅客機や世界最強の米軍が誇る新型兵器の性能も、日本の技術で作られた材料によって支えられていると言っても、過言ではありません。

住宅建築・販売に携わる資格「土木施工管理技士」

家から一歩外に出てみてください。どうですか。 当たり前のようにアスファルトの道路が続いていて、道路の横には水路が取り付けられています。道路の両側にはガードレールやガードパイプが取り付けられていて、川を …

学生の時にとっておきたい資格:TOEIC

学生時代には講義などで単位を修得するためや必修科目だったりして英語を勉強しますが、就職するにあたり、英語のスキルや資格を取得していることが条件である場合もあります。

楽天モーションウィジェット