簡易インジェクションのガレージキットの特徴は?メリット・デメリットについて


模型の成型方法の1つ、簡易インジェクションについて紹介します。

スポンサーリンク

簡易インジェクションキットとは?

ガレージキットは、一般に販売されている組み立て模型と一線を画す位置にあるフィギュアです。

それには、製作者の様々な主張がミックスされる形で製作されています。

それはストーリー性を追求するものであったり、リアリティを追求するものであったりと、製作者、あるいは模型、それぞれによって違います。

ガレージキットを作る醍醐味は、製作者の自由度が挙げられます。

市販の組み立て模型では、採算性を合わせることが、どうしても避けて通れない部分であるため、キットの形状が限定されます。

キット形状の限定は、製作者にとって、どうしても製作する方としても受け入れにくい場合があります。

そこで自分たちによる模型を作る方向へと動きます。こういった背景が、ガレージキット製作にあったのです。

ところで、ガレージキットは、フィギュアのポーズを先に決め、そこを型で取って形状を作って行きます。

型を取るには、例えばシリコン等の素材を使いますが、そういった型の素材だと、形状が上手く取れなかったり、形状に新たな制限が出たりと、製作者のイメージには、つながらない不具合がありました。

そこで、プラモデルに近い精度の組み立て模型が望まれるようになるのですが、この発想で行くと、本来商業ベースで採算が合うように作っていた組み立て模型を、「採算が取れないことを承知」で作らなければなりません。

しかし、そのための予算の捻出は、個人レベルでは非常に困難になります。

そこで、そんな自分たちのイメージに近づけた模型を作る手段として、簡易インジェクションキットが考え出されました。

簡易インジェクションキットの製作方法について

通常のプラスチック製の組み立て模型を製造する手段が「インジェクション」と呼ばれる手段です。

これは、高温にして溶かしたプラスチックを、金属製の型(金型)に流し込んで成形し、一定の条件下で常温に冷却して形を作る手法ですが、これを用いるには、高いハードルがあります。

まず挙げられるのが、コストの問題です。

インジェクションに用いる金型は、単なる型ではなく、溶融させたプラスチックを効率的に流し込み、スピーディーに成形品を金型から離す必要があります。

ですから、金型自体が複雑に作られていて、かつ精巧にできていますから、金型を作るのにも非常に高額な費用が発生します。

だからフィギュアに至るまでの組み立て模型のパーツを個人や小グループで作るのには非常に困難なのです。

ところで、ここで別のアイディアが出てきます。

この金型を軽合金などの、比較的簡易的な素材で簡易的に作って、フィギュア製作にあてることです。

この金型を、「簡易金型」と呼びます。

簡易インジェクションは、この簡易金型を使ってプラスチックを形造る方法です。

簡易金型は、普通の金型と違って、大量生産には向かず、むしろ少量の成形に向きます。

大量に作るのに向かない分、金型代のコストを抑えることが可能です。

ですから、最初から少量生産としているガレージキットの生産方法には向いているのです。

この様に、簡易インジェクションキットのカギは、キットの生産手段に登場する金型にあります。

金型を簡易的にすることで、コストを抑え、それでいて高い精度の形状で生産が可能なため、高い品質のガレージキットが出来るのです。

簡易インジェクションのメリット

やはり比較的安いコストで、高いレベルのプラスチック製の組み立て模型が生産できる点にあります。

プラスチック成型は、製作する「数量」で価格が決まる場合も多いです。

多く作れば量産効果が現れ、単価が下げられますが、数量が少ないと、それだけ製品の価格も跳ね上がります。

これは金型代の費用が製品単価に乗ることが主な要因なのですが、この金型が簡易金型に置き換わることによって、全体のコストが下がります。

この点が、非常に大きな魅力です。

また、成形の精度が高いこともメリットに挙げられます。

プラスチック成型を簡易インジェクションで作る時のメリットとして、形状の寸法安定性が高いこともあるのですが、この特徴により、最終の「ガレージキットとしての仕上がり」のレベルが上がります。

この高いレベルの成形は、製作者のイメージに模型を限りなく近づけるのに役立ちます。

簡易インジェクションのデメリット

形状に制限がある点が挙げられます。

組み立て式模型は、組み立てるパーツの数を増やせば、それだけ精巧な模型を作ることが可能ですが、やはりそれにも限界があって、単品で製作する模型に対しては見劣りがしてしまいます。

また、簡易的とは言え、生産するには設備を持つ必要がある点です。

これが個人、あるいは小さなグループが主体的に生産する上でネックになる場合もあります。

最後に

いずれにしても、簡易インジェクションキットはメリットもあれば、デメリットもあります。

しかし、この特徴の美味しい部分を取りながら、キットの製作をするのが、簡易インジェクションキットを作る上での醍醐味のひとつでもあると言えるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ホビー, 模型

関連記事

トレーディングカードゲーム「デュエル・マスターズ」の魅力とは?

小さい頃は様々なカードゲームで遊んだ経験が多くの方にもあるかと思いますが、近年ではカードゲームのクオリティも高く、子どもだけではなく大人でも楽しめるものが数多く登場しています。 中でもデュエル・マスタ …

レジンキャストの着色に!Mr.キャストナーリキッドNEOの特徴と使い方

Mr.キャストナーリキッドNEOは、フィギュアやプラモデルなど模型用塗料で知られるGSIクレオスが開発したレジンキャスト専用塗料です。

花やしき開催のコスプレイベント!おすすめの撮影スポットは?

日本でもっとも歴史が古い遊園地として知られる浅草の花やしきは、地元から今なお愛され続ける憩いの場所です。 コスプレ用のイベント会場として開放されることもあり、昭和チックでレトロたっぷりな風情を楽しめる …

動物好き必見のカプセルトイ!カプセルアニア

今や、どこに行っても見かけるカプセルトイ。 そんなカプセルトイの中でも人気のあるジャンルとして、動物ものが挙げられます。 かわいい、かっこいい、渋い、珍しい動物たちは、我々の心を惹きつけて止みません。 …

富山の薬売りが発祥?日本が誇る食玩文化の歴史

以前はどこの家庭にも置き薬というものがありました。 年に一度か二度回ってくる薬屋さんがいて、使った分だけ料金を払うというシステムでした。 現在のように、どこにでも薬局やドラッグストアーのある時代とは違 …

楽天モーションウィジェット