趣味で取れる実用的な資格:観光士


趣味として楽しみながら勉強をして得られる資格はたくさんありますが、その中の1つに観光士があります。

スポンサーリンク

観光士の気になる内容について

観光士はきちんと日本観光士会から認定されますので、様々な観光ツアーなどのメニューを組んだり、地域の魅力発掘や町おこしなどに取り組んでいく際にも生かせる資格です。

今は旅行内容なども多様化していますので、通り一遍等に観光情報誌をなぞるだけのような内容だと、面白みも何もありませんし、地域外からの集客も見込めません。

地域の観光メニューを計画するだけでなく、それにしっかりと肉付けを行って、詳細な実施内容などもできるようにしていくのです。

自分が住んでいる町の魅力を再発見するだけでなく、これから自分自身が旅行に出かける時に、その町のよい所をさらに見つけていくためにも生かすことができます。

どんな人がこの資格を利用できるのか気になるところかもしれませんが、基本的にはホテルやレストランなどの飲食業だけでなく、これから地域に根ざした商売や事業を行いたいという時には取得しておいても損はしないと言えるでしょう。

楽しめる観光スポットやグルメだけでなく、町の文化背景なども説明をする事ができるようになるのは、それだけでもとても強みです。

旅行をするのが好きだという方にはもちろんの事、もっと自分の町や他の地域などについても詳しく学びたい、知りたいという時には、この観光士資格は力になってくれます。

頑張って勉強をする事で、趣味を超えて仕事や生活をする上でも生かすことができるでしょう。

受験前にチェックしておきたい項目

いろんな分野で利用ができそうな観光士資格に興味がある方も多いと思いますが、受験前に幾つかチェックしておく項目があります。

どんな方でも受験ができるわけではなく、「観光プランナー」か「観光特産士1級」の資格取得者が対象となります。

観光特産士1級であれば、試験での特産科目が免除になります。

受験費用は8640円で、申し込み時に支払いをするようになっています。

試験開催地は全国にあるので、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡と自分がアクセスしやすい地域で受験をする事が可能です。

合格ラインは60%以上の点数を獲得することとなっていますので、学科試験の出題範囲は適宜テキストから選ばれますから、事前に勉強を行って万全の体制を整えておきましょう。

試験は4科目あり、観光地域コーディネート、商品・サービス開発、経営・マーケティング、観光特産と盛り沢山の内容です。

これらは基本となる部分ですから、無理のないように時間をかけて勉強に取り組んでいくとよいでしょう。

趣味の資格とは言われますが、想像している異常に本格的な内容となっていますので、ただ単に旅行関連の知識が得られるだけでなく、正しく身に着けることで自分の生活や、上手く活用できれば仕事にも生かすことができます。

生活をより楽しくしてくれますし、特産品などに詳しくなれば色んなお取り寄せなども皆でおすすめし合ったりと工夫する事ができます。

これから何か仕事をしたいという時にも役立てられるので、受験日に合わせて勉強を行えるようにする事をおすすめします。

日常生活でもどんどん知識を活用したい

観光士を取得した後には、どのように知識や資格を生かせばいいのか、もっと明確に知りたいと思う事でしょう。

まず、取得後は忘れずに初回の登録を行っておきましょう。

そうしないと勉強をしただけに終わってしまい、期間を過ぎると登録も受け付けてもらえなくなり、再度試験を受けることになります。

必要書類と登録料(3年間分12960円)、そしてe-ラーニングの受講を終えれば、晴れて正規の資格認定をしてもらう事が出来ます。

また、更新時に忘れていても失効されますので、再受験で復帰はできますが、きちんと更新も忘れずに行いましょう。

登録後は随時、交歓会や交流会なども開催されているので、都合が合うなら活用をすることで、より自分自身の視野を広げていく事ができるのでおすすめです。

会員情報誌もありますので、これも年間で申し込んでおくと、適宜鮮度の高い情報が得られますので、普段の自分の観光士としての活動の知識としてさらに学びを深めていく事が可能です。

最後に

地域の活性化が急務と叫ばれる中、思うように観光の知識を得る事は大変です。

けれども、資格として認定をしてもらえるというのであれば、きちんと一から勉強をするやりがいも出ますし、仕事や様々な日常の活動などにも生かしてよりよい生活をしていく事が出来ます。

地域での特産品をもっと知りたい、そしてそれをもっと沢山の人に知ってもらいたいなど、いろんな活動をしていく時に、観光士の資格は自分自身の助けと支えになってくれます。

観光士公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

介護福祉士になるには?気になる年収は?

現在の日本は世界でも例を見ないほどに急激な高齢化が進み、超高齢化社会として知られています。 しかも核家族化が進んだことで昔のように子どもや孫などと一緒に暮らしている人ばかりではなくなり、一人暮らしの高 …

美容やファッションに関わる資格:クリーニング師試験

数多くの資格がある中で、もっと手に職をつけたいと思う時には、クリーニング師試験を受けるのもお勧めです。

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「電卓計算能力検定」

以前は、そろばんの資格がなければ経理にはなれないと言われるほど、そろばんの技量というものが問われてきました。 しかし、電卓が登場することで、そろばんの技量がない人も、簡単に計算ができるようになりました …

地球環境を守る資格:林業技士

林業技士の資格は、一般社団法人である「日本森林技術協会」の登録者名簿に登録を行うことで付与され、地球上に存在する重要な役割を果たす森林に関しての専門家です。 昭和53年に発足されており、森林や林業に携 …

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:日本カウンセラー協会認定カウンセラー

日本カウンセラー協会認定カウンセラーは、心に関する資格の一つです。 この種の資格はいくつかありますが、その中で民間の資格の一つになります。 日本カウンセラー協会認定カウンセラーになると、心の悩みを抱え …

楽天モーションウィジェット