二人の距離がぐっと縮まる!カラオケで盛り上がるデュエット曲7選


みんなで行ったカラオケで、意中の人との距離を縮めたい、そんなときにおすすめなのがデュエットソングです。

歌謡曲の頃からたくさんのデュエットソングが歌われてきていますし、カラオケで盛り上がった経験があるという方も多いと思います。

ここでは二人の距離を自然に縮めることができる鉄板のデュエットソングを紹介します。

スポンサーリンク

みんなで盛り上がれるディズニーのデュエットソング

1.とびら開けて/アナと雪の女王

まずは大ヒットした映画、アナと雪の女王で神田沙也加さん演じるアナと津田英佑さん演じるハンス王子が歌う「とびら開けて」です。

映画をご覧になった方も多いと思いますが、劇中パーティーで一目ぼれしたアナとハンス王子がお互いの趣味などが似ていることを確かめ合い、婚約をするという歌です。

キャッチーでポップな曲調で、先日テレビでの初放送もあり知名度も抜群ですので、老若男女どのような集まりでのカラオケでも盛り上がる一曲と言えるでしょう。

アナと雪の女王 ザ・ソングス 日本語版

2.ホール・ニュー・ワールド/ドアラジン

他にもディズニーアニメには様々なデュエットソングがあります。

定番といえば、アラジンの「ホール・ニュー・ワールド」が有名だと思います。

筆者もカラオケに行くと高い頻度で聞くデュエットソングです。

ディズニーの曲だからというだけでなく、こちらも広く知られた曲なので、カラオケでもみんなで盛り上がることができます。

アラジン(OST)日本語版

3.美女と野獣/美女と野獣

また、最近実写映画化もされ、エマ・ワトソンが主人公のベルを演じることでも話題となっている美女と野獣からメインテーマの「美女と野獣」もロマンチックな雰囲気たっぷりで、気になる相手との距離を縮めることができるはずです。

ディズニーアニメのデュエットはプリンセスと王子で歌うことが多いので、ディズニー好きのお相手を誘って歌えば自然といい雰囲気になり、周りも盛り上がること間違いなしです。

美女と野獣 オリジナル・サウンドトラック(アニメーション映画)<英語版&日本語版[2CD]>

男女のツインボーカルのユニットが歌うデュエットソング

デュエット曲のためにペアよりもたくさんの曲があるのは、やはりもともとツインボーカルで組んでいるバンドやユニットです。

先ほどのディズニーアニメがロマンチック雰囲気だったのに対し、さわやかな雰囲気の曲も多く、一緒に歌うのに誘いやすいのも嬉しいところです。

そしてこちらは世代がそのバンドやユニットが流行ったころの世代にカラオケでは人気があります。

一緒に歌いたい相手が同世代ならばその曲が流行った当時の話などにもつなげていくことができます。

4.AM11:00/HY

20代から30代ではHYの曲はカラオケでの定番と言えるでしょう。

その中でも特に人気の曲は「AM11:00」です。

こちらの曲はカラオケで聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ラブソングですが、爽やかで優しい曲調なので、あまり狙った感じがなく一緒に歌って仲良くなれる曲だと思います。

この曲は何となく聞いたことがあるという人も多いですし、この曲を知らない人でもノリやすいテンポやリズムなので同世代で集まるカラオケ以外にもおすすめです。

Street Story

5.気分上々↑↑/mihimaru GT

アップテンポで盛り上がる曲なら、mihimaru GTの「気分上々↑↑」も20代、30代に人気があります。

こちらの曲はCMソングにも使われたので知っている人も多いでしょう。

男性パートがラップなので難しいと思われがちですが、上手い下手ではなく、恥ずかしいという気持ちを捨ててノリノリで勢いよく歌えば、意外と周りもノッてきますので安心してください。

この曲で盛り上げることができれば、一緒に歌った相手との仲だけではなく、カラオケに参加した人みんなとの距離もぐっと縮まります。

10th Anniversary BEST 2003‐2013

定番のちょっと懐かしいデュエットソングのカバー

デュエットソングといえば、ちょっと懐かしい曲が定番として思い浮かぶけれど、二人だけでなくみんなで盛り上がりたい、というときにはカバーされて様々な世代に親しまれているデュエットソングを選ぶのも手です。

いろいろな世代の人が集まるカラオケでは、選曲に迷ってしまうこともあります。

筆者は好きな歌手がカバーしていたので昭和のアイドルの曲を歌うことができ、上の世代の人から褒めてもらったことがあります。

カバーソングを上手く選んで二人の距離を縮めつつカラオケを盛り上げましょう。

6.WON’T BE LONG/バブルガム・ブラザーズ

バブルガム・ブラザーズが1990年にリリースした「WON’T BE LONG」はEXILE&倖田來未がカバーして当時非常に話題になった曲です。

カバー前もカバー後も、それぞれオリコンチャートで3位と2位を記録する大ヒット曲ですので、一緒に歌う二人はもちろん、参加者全員で盛り上がれる一曲です。

こちらの曲は幅広い世代から支持を得ているので、会社のカラオケなど多くの世代の人が集まるカラオケで披露するのにも向いています。

WON’T BE LONG

7.今夜はブギー・バック/小沢健二・スチャダラパー

他に小沢健二さんとスチャダラパーの楽曲である「今夜はブギー・バック」も加藤ミリヤfeat. 清水翔太&SHUNという形でカバーされています。

宇多田ヒカルさんや嵐の櫻井翔さんもライブでカバーするなど、20年以上前にリリースされた曲ですが今でも幅広世代から根強い人気のある曲です。

R&Bの曲で、男性パートはラップなので少し難しい曲ではありますが、カラオケで出し物として披露するのに向けて、事前に二人で一緒に練習重ねていくことで、披露する前から距離を縮めることもできます。

TRUE LOVERS(初回生産限定盤)(DVD付)

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, ミュージック
-,

関連記事

怪人がメインの特撮作品の見どころ!

日本で昔から非常に数多く制作されてきている特撮作品の中では、ヒーローがメインだったり、怪獣がメインだったりするものは多いのですが、怪人をメインとしたものの割合はそれほど多くはありません。 しかし数は多 …

20代女性が共感できる!おすすめ恋愛漫画4選

特に20代女性が共感できる恋愛漫画を4作品紹介します。 若干ネタバレを含みます。

1990年代の代表的なテレビ番組とは

1990年代、世の中はバブル真っ只中のお祭り騒ぎでした。 現在のように、テレビに出ているタレントさんなどが、コンプライアンスなどを厳しく問われるような時代でもなかったので、ドラマにはお金をかけ、バラエ …

電子コミックサービス「LINEマンガ」の特徴とおすすめポイント

LINEマンガは電子書籍を購入するというよりも、無料漫画アプリとして利用している方が多くいます。 ではLINEマンガのどのような点が、無料漫画アプリとしてのおすすめポイントがあると評価されているのでし …

知っていると通ぶれる!テクノポップのアーティストについて

テクノポップはまさに近代日本の象徴的音楽で一つの時代を作ったといえるものです。 作ったというか、今もその人気は衰えることなく世界に広がっているので、作り続けているということがいえるかもしれません。

楽天モーションウィジェット