カラオケで歌いたい!人気のハロウィンソング3選


ハロウィンは今や日本でも定番のイベントとなりました。

そんなハロウィンの時期にぴったりな曲を紹介します。

スポンサーリンク

カラオケで盛り上がるハロウィンソング

1.Monster/嵐

「Monster(モンスター)」は嵐の30枚目のシングルで、同メンバーである大野智さんが主演したテレビドラマ「怪物くん」の主題歌としても使用された曲です。

曲の間に嵐のメンバーが「モンスターダンス」と呼ばれるダンスを踊っており、ファンの間でも人気があります。

劇場版「怪物くん」の主題歌としても使用されており、当時オリコンデイリーシングルチャートで1位を獲得した作品です。

プロモーションビデオはハロウィンテイストが満載した映像で、カラオケを歌いながらアイドルになったような気分で踊れることができるでしょう。

ダークファンタジーな色合いが強いややブラックポップな曲で、真夜中になるとモンスターが登場するというストーリー性がある歌詞の内容になっています。

大人数で一緒にカラオケを楽しむことができたり、映画「アダムス・ファミリー」を思い出すかのような曲調で、嵐のファンの女性にはもちろん男性からも人気がある曲です。

曲の始まりはやや不気味な雰囲気のテイストですが、途中からポップな演奏に変わりJPOP的なメロディになります。

舞踏会を思い起こさせるような曲調で明るい雰囲気から一転してまたやや怖い曲調へと戻るので、カラオケを聴いている人たちを飽きさせないでしょう。

曲の雰囲気にメリハリがあるので、そこを意識して歌うとダークファンタジーな世界観を格好良く明るく歌うことができます。

ハロウィンにぴったりな曲で、男性も女性もみんなで歌うことができるポップな歌です。

踊りを覚えるとますます場がもりあがるでしょう。

Monster

2.ファッションモンスター/きゃりーぱみゅぱみゅ

「ファッションモンスター」はきゃりーぱみゅぱみゅさんの曲で、ハイテンポな曲調でロックなテイストがするエレクトリック・チューンです。

キャッチーな言葉を繰り返しているので、みんなでカラオケする際に盛り上がることでしょう。

自由な生き方を推奨するような歌詞の内容で、最初は怖がられているようなモンスターが自由に自分の気持ちを表すことによって、どんどんスターに変わっていくというポジティブな内容です。

ミュージックビデオには彼女のコンセプトである「かわいい」を前面に出しており、ハロウィン・パーティーが舞台になっています。

見た目は不気味だけどコミカルなモンスターたちがバンドを組んで演奏を盛り上げるという内容です。

ハロウィンの時にみんなで仮装したまま、この曲をカラオケで歌うと非常に盛り上がるでしょう。

ミュージックビデオを意識した仮装を行うとさらに楽しめます。

きゃりーぱみゅぱみゅさんの衣装は独創的な彼女の世界観で作られており、新曲が発表される毎に話題になっていて、スカートをお菓子の袋で作ったり、プラスチックの素材で作られたリボンやスカートを立体的にデザインしています。

ハロウィンや仮装を楽しむ時の参考することも可能です。

今までの彼女の「かわいい」という世界観から一転してエレクトリックなロックテイストな曲で、発売当時は話題になりました。

ハロウィンを意識したかのようなこうもりヘアも話題になり、子供はもちろん大人も歌って踊れる楽しい曲で、普段使っているカラオケルームがハロウィン会場に変身するでしょう。

ファッションモンスター(通常盤)

3.スリラー/マイケル・ジャクソン

「スリラー」はマイケル・ジャクソンさんが歌った楽曲で、当時アメリカで大ヒットした歌です。

この曲のプロモーションビデオは有名でホラームービー風のショートフィルムになっており、マイケル自身が特殊メイクを行って狼男に扮装し、周りで一緒に踊るゾンビたちも話題になりました。

マイケルの歌はもとよりダンスも高く評価された作品で、アメリカはもちろん世界中でヒットした作品です。

歌詞はもちろん英語ですがそれほど難しい英単語が使われておらず、カラオケによってはフリガナがふられているものもあるので、誰でも簡単に歌うことができるでしょう。

歌いながらマイケルが行ったスリラーダンスを行うと、カラオケルームが盛り上がります。

狼男やゾンビが多数登場するビデオなので、ハロウィンの仮装に扮する際の参考にもなるでしょう。

みんなでゾンビの仮装をして、カラオケルームを借り切ってパーティをすると盛り上がります。

「スリラー」は世界中で1億400万以上のセールスを記録したと言われており、日本でも250万枚以上売れたとされるモンスターアルバムです。

マイケルが作り続けてきたブラック・ミュージックに新しくポップやロックなテイストを加えた曲で、当時のポップ・ミュージック界に多大な影響を及ぼしました。

プロモーションビデオではマイケルは華麗なダンスを披露し、ショートフィルム風に仕上げられていますが、映像やダンスを含めた総合エンターテイメントとしての世界を確立している作品です。

テレビなどでゾンビやモンスターの格好をして、この作品のパロディを多くの人が行っています。

キング・オブ・ポップ-ジャパン・エディション

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, ミュージック
-, ,

関連記事

知っていると通ぶれる!おすすめの日本人ヒップホップアーティスト

スポンサーリンク ヒップホップの男性アーティストといえば Zeebra 邦楽界のキングオブヒップホップといえば、Zeebraです。 知らない人はいないというくらい有名なMCでありラッパーです。 元々Z …

ブラックミュージックにハマるきっかけとなったアーティスト

ブラックミュージックは人類が前向きに進んでいくためのメッセージが込められていますので、共感する人が多く、ブラックミュージックのファンも世界中にいるのです。

長編の海外ドラマを効率的に見続けるための計画の立て方

海外ドラマはロングシーズンの作品が多く、最終話まで通して見るには大分時間がかかります。 1話は約30分~60分とドラマによって異なりますが、DVDや動画サイトなどで一気に見たくなるような作品はたくさん …

電子書籍ストア「どこでも読書」の特徴とおすすめポイント

インターネットの普及は幅広い世代にますます広がり、スマートフォンやタブレットなどのツールは多くの人々にとってもはや欠かせないツールになってきています。 それに伴い電子書籍を利用する人も年々増えています …

20代が懐かしい気持ちになるテレビ番組5選

20代は社会全体から見ても若いとされる世代ですよね。 この世代はテレビが好きな世代でもありますが、話題になりやすいのは「いま放送されている番組」ではなく「過去に放送されていた番組」だったりするんです。 …

楽天モーションウィジェット