苦手を克服!カラオケで高音を上手に歌うコツとは?


特に男性はカラオケで高いキーが苦手だという人も多いでしょう。

自分の声に合わせてキー変更はできますが、原曲で歌いたい、高音を安定して出すためのコツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

高音を出すには体を楽器にすること

カラオケで高音が苦手という人は、体が硬直してしまっている人が多いものです。

高音が来たということで苦手意識が先に立って、カラオケなのに緊張してしまって、全ての部位が硬直することで逆に高音を出なくしてしまっています。

高音を出すには、まずは体が楽器であることを意識するようにしましょう。

特に難しいことではありません。

コツさえ覚えてしまえば誰にでも出来ることです。

体を楽器にするには、喉と口の形を意識するようにします。

これで声を反響させることで高音が出るようになります。

つまり、喉と口は一つの楽器だと考えるようにして、これを使うようにするのです。

地声で高音を無理にだそうとしても、なかなかうまくいきません。

ですが、楽器で音を出すというように考えれば、少し気が楽になるのではないでしょうか。

音は声を喉の上の方にぶつけるようなイメージです。

人によっては頭蓋骨のてっぺん、つまり頭頂部にあてるようなイメージで音を出すということをいう人もいます。

これは音を頭蓋骨も反響させて出すということを言っているのです。

イメージとしては、上から引っ張られていることをイメージするといいかもしれません。

上から引っ張られるとつま先立ちになるようなことになりますが、こうなると体がまっすぐになり、喉もしっかりと開かれて楽器として音を反響させやすくなります。

そして、頭の頭頂部から声が出るようなイメージで音を出すようにします。

唄うというよりは、音を奏でるようなイメージがいいかもしれません。

簡単に言えば、鼻歌をちょっとおしゃれにするような感じです。

すると、かなり楽に出るのではないでしょうか。

腹式呼吸で声を出せるようにする

腹式呼吸をして声が出せるようになると、カラオケでも高音が出しやすくなります。

自分の声の質を自由自在に変えることも出来るようになるので、腹式呼吸を覚えるとカラオケの幅が広がることにもなりますから、楽しさも倍増することになるでしょう。

苦手意識などもなくなる可能性が高くなります。

腹式呼吸が出来るようになると音質もよくなりますが、音量も自在に操れるようになります。

この音量が操れるということはとても大切なことで、これが出来るようになると楽に高音が出せるようにもなります。

カラオケでよく高音域の歌を歌うと疲れやすくなりますが、この腹式呼吸が出来るようになると、かなり楽に歌えるようにもなります。

ブレスのタイミングも自由自在に出来るようになりますから、全てがいい方向になるといっても過言ではありません。

腹式呼吸の方法は深呼吸を胸ではなくお腹でするような感じです。

お腹に手をあてて、息を吸うときにお腹を広げて、息を吐くときにお腹を縮めるようにします。

すると、お腹の収縮の力で息が出し入れできるようになります。

手をお腹にあてていると、息をするたびにお腹が上下しているのがわかるでしょう。

これによって大きく息を吐きだすことができるようになるので、音量を上げることも下げることも自在に出来るようになるのです。

高音を出すときには、苦手な人はどうしても息が続かないということもありますが、この腹式呼吸をすることで息が続くようになります。

息がかすれるということもこれで防ぐことが出来るようになるので、これが出来ると苦手意識もかなりなくなるでしょう。

裏声に挑戦して見るのもいい

どうしても高音が出ないという場合には、裏声に挑戦してもいいかもしれません。

出来るようになると裏声の方が楽に声が出るようになるので、楽に歌うことが出来るようにもなります。

ファルセットともいわれるものですが、特に難しいことではありません。

要は声が裏返ればいいのです。

これも鼻歌のようなものです。

声を出すときに通常は口から息を出し入れしているものを、鼻の上あたりに声をぶつけるようにすれば声が裏返ります。

人が驚いて悲鳴を上げる時のような感じです。

この時には口の操作をしているような暇がないので、直接息が喉から上に飛んでいくので裏声のような感じになるというわけです。

これを意識してやれば裏声となります。

裏声も練習を積むことで、どんどんと綺麗な音を奏でることができるようになります。

地声では出せない高音域を出すことができるようになるので、裏声はかなりいい方法です。

慣れれば、地声で高音域を唄うよりも楽に歌えるようにもなります。

使い道はいろいろで、疲れたときに声を休めるという方法としても使えますし、歌の雰囲気を変える一つの方法として使うことも出来ます。

特に同じパターンが繰り返されるような時には、声質を変えることで歌にメリハリをつけることが出来たりするようにもなります。

また、綺麗な裏声が出せるようになると男性が女性の歌を歌えるようになったりもできますから、カラオケのバリエーションが増えることにもなります。

高音が出せないために唄えないと思っていたものも、裏声をマスターすることで唄えるようになりますから、これは大きな武器となります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

身体を動かしてリフレッシュできる趣味:水泳

身体を動かす場合、どの季節でも楽しめるもの、リフレッシュできるものが望ましいですが、夏場に快適さを感じることができ、かつ身体を動かすものというのはかなり限られています。 そんな中、快適さを感じるだけで …

初心者におすすめのクロスバイクの選び方

クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの、中間的な存在で、とっつきやすいものでもあります。 しかし、どのような目的で購入するのかによって、選び方も変わってくるので、初心者の方は覚えておくことが …

フリマアプリ「チケット流通センター」の特徴や使い方

スマートフォンなどで利用できるフリマアプリのひとつに、チケット流通センターがあります。 様々な商品を幅広く取り扱っているのではなく、ライブやイベントなどのチケットのみを、個人間売買できるようになってい …

あまり知られてない世界の趣味:ソープカービング

ソープカービングとは、専用のナイフを用いてバラなどの花やレース、ハートなど女性らしいモチーフを石けんに彫っていく工芸のことです。 ソープカービングはやり方があまり知られてないので難しそうに見えますが、 …

ダンスで楽しむ世界!「サルサ」を通して学べる文化と歴史

日本には、クラシックバレエからコンテンポラリーダンスまで、世界中から様々なダンスが入ってきています。 その中でも最近、とても人気があるダンスのひとつが、サルサです。

楽天モーションウィジェット