公務員になるための試験:家庭裁判所調査官補


家庭裁判所調査官補は、公務員の中でも職種が限られる専門職です。

難関な資格試験の1つです。

スポンサーリンク

家庭裁判所調査官補とは?

まず、受験資格は30歳未満の大学・大学院を卒業または見込みの方です。

試験に合格すると2年ほどの研修の後、家庭裁判所等に赴き、公務員としての業務を行うことになります。

総合職での採用となるために、全国への転勤等が発生します。

勤務の日時や時間が決められ、前もって許可を得た場合でなければ、休暇を取ることもままなりません。

仕事は一般に厳しく、専門的な内容でもこなして当然と言う世間の目があります。

家庭裁判所調査官補に採用された公務員は、私利私欲のためでなく、公のために働くことを義務付けられた特別な存在です。

専門知識や技術の習得はもちろんのこと、国民への奉仕の精神が求められます。
自らの生活を省みず、国民のために尽くす姿は崇高と言えます。

安定した収入は任務を遂行するために与えられます。
アルバイト等でお金を稼がなくても、生活に必要なものを揃えるのに十分な報酬が支払われます。

公務員は利益を目的とする民間企業とは決定的に異なります。
公務員の目的は全体への奉仕で、国民が幸せになることが喜びとなります。

このような仕事に生涯をささげるからには相当な覚悟が要ります。
手堅い人生とはいいがたい、厳しい人生が待っているかもしれません。
それでも、日本国家に誇りを持ち、日本人が好きであれば、この仕事は勤まります。

家庭裁判所の仕事内容と調査官補の仕事

家庭裁判所調査官補は難関な資格の一つです。
難しい資格試験を突破して赴く仕事はさらに厳しいものです。

相対しなければならないのは、順調に人生を送っている人たちではありません。
人生につまずき、家庭を壊し、或は、学校になじめないなど、問題をかかえた人たちが対象となります。

問題をかかえた人たちに対して、どのような感情を持つかが、この仕事に向いているかどうかの別れ目となります。

せっかく日本に生まれながら、幸福な生活が送れない人たちに、人並みの生活を送れるようにしてあげたいと思う心があれば、この仕事を続けていくことができます。

家庭裁判所調査官の仕事は、難しい資格試験に合格したからと言って勤まるものではありません。
国と日本人に誇りを持ち、不幸な人を一人でも救いたいという強い使命感がこの仕事には必要です。

知識や技術を得るには、一定の経験が必要です。
試験に通れば一人前という職業は存在しません。

家庭裁判所調査官は、法律と共に、人の心を扱う仕事です。
人生につまずいた人たちが、どんな社会的背景を背負っていたのかを知る必要があります。

そのためには、専門知識以外に社会全体を知る必要があります。
日本社会は、村落や家、隣組といった過去の共同体が崩れさりました。
資本主義の自由競争だけが幅を利かせ、多くの人々が生きていく場所を失いかけています。

家庭裁判所調査官には、単に法的な解決だけでなく、日本人を根本的に救うという使命が与えられています。

この栄誉ある仕事に就くことができれば、日本国家と日本国民に大いに貢献できることになります。

家庭裁判所調査官補試験の傾向と対策

家庭裁判所調査官補の試験は、一部は他の資格試験と重なります。

知識が試される試験では、過去問の問題集が良い対策となります。
範囲が広いように見える公務員の一般教養を試す試験も、良く見ると問題に一定の偏りがあります。
その偏りを知って最近の傾向をつかみ、そこを重点的に学習するのが効率の良い勉強方法です。

家庭裁判所調査官補試験では、記述試験や論文試験、人物試験が行われます。
これらの試験は単なる暗記学習では対応することができません。

記述試験と論文試験のためには、まとまった読書が必要です。
専門書の読破も必要ですが、哲学書、社会学、教育学、心理学等の良質な古典を読み込んでおく必要があります。

論文の質も読書量に比例します。
読書を基本にした文章作成能力がなければ、論文試験を通ることはできません。

人物試験で試されるのは、家庭裁判所調査官として必要な使命感と、他者を思いやる心です。
相手と論争になっても自分の意見を押し付けず、かといって、自分の信念を変えないたくましさが必要です。

相手を論破する能力よりは、聞く力が重視されます。
そのためには、相手に関心を持つことです。
相手の存在を認めることから、聞く力が養われます。

裁判所公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 公務員
-

関連記事

遺品整理士の資格と仕事内容は?

資格といっても千差万別ですが、比較的簡単に取得でき、仕事に役立てることができるものに遺品整理士があります。

中国語を通して学ぶ文化と歴史

日本の周囲にはいろいろな国が存在していますが、最近関係が深くなってきているのが中国です。 以前は中国というとこの国の体制の影響で、あまり日本人とは関係がありませんでした。 しかし今はビジネス的なつなが …

地球環境を守る検定資格:eco検定

人々の地球環境意識の高まりを受けて行われている検定試験の1つがeco検定で、それに合格することでエコピープルになる資格を得ることができます。 2006年から試験が開催され、約41万人の方がその検定試験 …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「メンタルヘルス・マネジメント検定」

今の時代、ストレスを抱えていない人はいません。誰もが人間関係や仕事、家庭のことで悩みながら生活しています。 仕事や生活のストレスがたまると、心のバランスが崩れて、そのうちにうつ病などを発症してしまうこ …

美容やファッションに関わる資格:色彩検定

色彩検定とは、そのものずばり、色に関する知識を問う資格試験です。 とても人気のある資格の1つで、正式には「ファッションコーディネート色彩能力検定」と言います。

楽天モーションウィジェット