プランターで家庭菜園!おすすめの夏野菜

マンションに生活をしている場合、ベランダはあるけれど2階以上の部屋の場合には土がないので家庭菜園が出来ないなどのイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

マンションで暮らしている人でも新鮮野菜を栽培可能

マンションの場合は1階の住居には小さいながらも専用庭があるので、野菜作りが出来るわけです。

しかし、2階以上の部屋に住む場合には庭などがないので夏時期に栽培をしたくでもそれが出来ない、庭を持つためには1階の部屋を購入する、もしくは1階の住居を借りなければ出来ないなどのイメージを持つ人は多いと言えましょう。

しかし、2階以上の部屋にはバルコニーやベランダと呼ぶスペースがあります。

このスペースは共用部分になるので、バルコニーが広くても土を搬入して土壌を作る事は出来ませんが、移動が可能なプランターを使えば2階以上の部屋でも夏野菜などの家庭菜園を作る事が出来ますし、栽培して実りがあれば夕食のおかずの一品として使う事が出来ますし、自分で作ったものなので満足感も得られるなどのメリットもあります。

プランターは土を入れるためのプラスチック製のケースで、ここにホームセンターなどで購入した土を入れてあげる、堆肥などを購入しておいて、後は苗木を購入したり種を購入して撒いてあげれば新鮮な野菜を栽培する事が出来ますし、地植えとは違いプランターの場合は害虫の被害が少なくなるので茄子やキュウリ、トマト、青じそ、カボチャに枝豆など夏時期においしい野菜を栽培する事が出来ます。

そのため、マンションに生活している専用庭がない部屋でもベランダを使って家庭菜園を作る事が出来ますし、栽培する楽しみを味合う事が可能です。

苗木や土、肥料、プランターなどを購入しましょう

マンションのベランダを使えばミニトマトや大玉トマト、ナス、キュウリ、カボチャ、枝豆などの夏野菜の栽培を行う事が出来ます。

しかもプランターを使った家庭菜園になるので、プランターに色々な苗木や種を撒いてあげればコンパクトな家庭菜園になりますし、狭いスペースでも栽培をする事が出来ます。

尚、ベランダで栽培をするために必要なものは、プランター、土、堆肥などの肥料で、いずれもホームセンターに行けば簡単に入手が出来ます。

さらに、通販サイトを利用すると自宅にいる時に必要な物を買い揃える事が出来ますし、注文をして数日後には一式が揃うので家庭菜園を早い段階で楽しめるなどのメリットもあります。

プランターの底には大きめの石をおいておけば土がプランターから流れ出てしまいベランダのコンクリートが泥だらけにならずに済みます。

土は30キロなどのサイズで販売しているものを購入して、そこに堆肥や石灰などを撒いてあげれば成長の度合いも良くなります。

水を上げる時にはじょうろなどを使えばマンションのベランダでも家庭菜園を楽しめます。

後は苗木や種を購入して栽培を開始する事出来るわけです。

種から栽培する場合には種を撒いてから数日後に芽が伸びて来るので、ある程度の大きさになった段階で間引きを行います。

間引きとは成長度合いが良いものを残してあげて、成長が遅いものを引き抜く作業になります。

種を撒いてあげると大量の芽が出て来るので、成長速度が速いものを残してあげれば、収穫物の品質を高める事が出来るわけです。

苗の場合はプランターに植えたあとに、堆肥を撒いてあげれば成長が良くなります。

ツル科の植物はツルが伸びて来るので棒を立てておく

キュウリやカボチャは夏野菜の定番で、プランターでも簡単に栽培が出来ます。

キュウリやカボチャは苗木から栽培する方法と種から栽培する方法がありますが、カボチャの場合お店で購入したカボチャの種を使っても栽培が出来ます。

夏時期にはおいしいカボチャがお店で販売していますが、調理する時にカボチャの種だけを残しておけば、プランターに植える事で発芽します。

カボチャは花が咲いた段階で雄花の花粉を雌花に付けるなどの人工授粉が必要になります。

人工授粉は早朝に行うのがお勧めで、雌花の根元部分には丸い玉があるので直ぐに解ります。

ツル科の植物なので、ツルが伸びて来るとなんにでも撒きつこうとするので、他の植物から遠ざけておくなどが必要です。

これはキュウリなども同じで、プランターで家庭菜園を行う時には種類に応じて離して置いておいた方が良いのです。

夏野菜の定番の一つがトマトです。

トマトは苗木を購入する野がお勧めで、季節としては5月の初旬から下旬にかけてプランターに植えてあげます。

最初にトマトの球が出来たら、それを取り除く事が成長させるコツでもあり、種から栽培する植物同様に間引きの作業を行っておきます。

プランターの土が乾いている時にはたっぷりと水をあげる事が成長を促進する秘訣ではありますが、トマトの場合は水を与えすぎてしまうとトマトの球が割れてしまうなどから、なるべく水をあげるのを控える事がおいしいトマトを栽培するコツです。

トマトの場合は極力を水を与えるを控えても水不足で枯れてしまう事はありませんし、水を控える事で甘みを増すなどのメリットもあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

引っ越し挨拶のギフトは何がいい?

引っ越しの挨拶のときには、なにか手土産を持参するのが一般的と言われています。 初めての引っ越しの場合は、何をもっていったらいいのかわからない、という場合が多いです。 引っ越しの際の挨拶ギフトでおすすめ …

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:香典の相場

葬儀への参列時には、基本的に香典を持っていく必要があります。人の死は突然訪れるものなので、何かあった時に最低限のマナーを持って、故人とお別れをしたいものです。 金額については、一般的と考えられる相場が …

洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示の見方

洗濯は毎日のことですが、洗濯をする際には、その洋服がどんな洗剤が使えるのかや、クリーニングはどんな方法なら可能かなどは、洗濯の取り扱い絵表示を確認して行うことでしょう。 そんな洗濯の取り扱い絵表示は、 …

絶対欲しい調理家電!ブルーノのホットプレート

毎日の食事、ありきたりになってはいませんか? 一生懸命つくったお料理でも、いつも同じ見た目では、飽きてしまうのも仕方がないことかもしれません。いつものおうちごはんを、美味しそうに見せる工夫をしてみませ …

クレジットカード「ハワイラブカード」の特徴やおすすめポイント

ハワイラブカードゴールドは、「アプラス」が発行するクレジットカードです。 いくつかメリットがあり、初年度の年会費無料で、カードの加盟店で割引やプレゼントなどの、いろいろなサービスが受けることができます …

楽天モーションウィジェット