プランターで家庭菜園!冬に植える野菜

最近はプランターを使って家庭菜園を楽しむ人が多くなっていますよね。

家庭菜園の魅力は自分達で栽培した野菜を食べる事が出来る、収穫を楽しめる、採りたての新鮮野菜を味合う事が出来るなどがあります。

スポンサーリンク

プランターで栽培する時のポイントについて

プランターなら庭がないマンションのベランダでも栽培が出来ますし、棚などを作れば数段のプランターを並べて、色々な野菜を栽培して楽しめます。

マンションなどの場合は、庭がないので家庭菜園が出来ないなどのイメージを持っている人も多いようですが、プランターには色々なサイズがあるので、ベランダに置けるサイズを選ぶ、栽培するものに応じて深さを選ぶ事でマンションでも楽しめます。

ちなみに、野菜の中には地中深い場所まで根が張り巡らされるものがあります。

例えば、大根やニンジン、ゴボウ、ジャガイモなどはプランターでも栽培は可能ですが、スーパーのお店などで販売している大根は長さが30センチ以上ありますし、ゴボウなどは1メートル近いものあるのでプランターでは栽培は難しくなります。

しかし、プランターでも育てる事が出来る大根もありますし、ミニゴボウなどはプランターで栽培が出来る野菜の一つです。

種類が色々とあるのでネット通販やホームセンターの園芸コーナーで探してみると良いでしょう。

尚、栽培するものは苗木からのものと種からのもの、球根からのものなどがあります。

ジャガイモなどの場合はお店で購入して来たものを使っても良いですし、ホームセンターなどに行くと種イモ用のジャガイモを販売しているので購入して植えても良いでしょう。

ジャガイモなどの場合は深めのプランター、根が大きく伸びるように大型サイズを購入するのがお勧めです。

夏から秋にかけて栽培を行っていた場合のポイント

プランターを使った家庭菜園は、夏から秋にかけて収穫した後は日向の場所に土を敷き詰めて太陽光を当ててあげれば雑菌を消毒する事が出来ます。

一般的に家庭菜園で栽培が出来る季節は夏から秋、そして春などのイメージを持つ人も多いかと思われますが、冬場などでも家庭菜園を楽しむ事が出来ます。

夏場は害虫などの被害に遭いやすい、雑菌が繁殖しやすいなどの特徴があり、秋から冬にかけては害虫の被害は少なくなりますが、土に雑菌が繁殖したままでは収穫出来る量も変わります。

冬にかけて栽培を行うための準備を初めておく事が収穫量を増やすポイント、栽培する野菜のサイズを大きく出来るコツにも繋がります。

土を太陽の光を使って殺菌消毒した後は、プランターに土を戻して栄養剤を使って良質の土に変えてあげる事がお勧めです。

ちなみに、土作りは野菜作りには重要な作業であり、やり方などが良く分からない場合にはホームセンターの園芸ショップなどのスタッフに教わるか、インターネットの中には園芸を中心とした情報を公開しているサイトがあるので、情報サイトで勉強するのも良いでしょう。

家庭菜園で栽培が出来るものは季節に応じて異なります。

冬場に栽培が出来るものにはネギ、ホウレンソウ、小松菜、カブ、ブロッコリー、カリフラワー、白菜、青梗菜などがあります。

ブロッコリーは春なども収穫が可能ではありますが、春になると青虫などの害虫がブロッコリーの葉を食べつくしてしまうなど、初心者には少々ハードルが高いのですが冬場なら成功率が高くなるのでお勧めですし、白菜やネギなどは鍋料理、ホウレンソウや小松菜はお浸しなどでおいしく頂けます。

冬野菜のプランター栽培のポイントについて

冬の野菜は寒さにより甘みを増すなどの特徴があります。

土の温度が低くなる事で植物は成長するための防衛本能が働き、土から栄養をたっぷりと吸収させる性質があります。

冬の定番とも言える鍋料理に欠かせないのが長ネギや白菜ですが、これらは地植えだけではなくプランターで栽培する事が出来ます。

マンションに住んでいる場合でもプランターを使った家庭菜園なら可能ですよね。

白ネギや白菜をプランターで栽培しておく、鍋料理を作る時にはプランターから収穫をして調理すれば鮮度が高い甘みのある白ネギや白菜を食べる事が出来ます。

冬場の収穫するネギの植え付け時期は9月頃から10月頃になります。

尚、植え付けを行ってから2~4ヶ月が経過した時に根元部分に土を寄せてあげます。

さらに、ここから2ヶ月後や3か月後にも土を寄せてあげれば甘みを持つ白い部分を作る事が出来るなどのメリットもあります。

ネギは水はけのよい土を好むため、土作りは念入りに行うようにしましょう。

ホウレンソウや小松菜なども気温が低くなると甘みを持つ食材になってくれます。

ホウレンソウは9月から10月に掛けて種蒔きを行えば収穫量を増やす事が出来ます。

但し、発芽の適温が15~20度になるので10月の初旬頃が最適です。

発芽してから本葉が1~2枚になった時、3~4枚になった時にそれぞれ間引きを行ってあげるときれいな株を作る事が出来ます。

小松菜は11月頃に種蒔きを行うと30~45日後には収穫が出来ます。

ホウレンソウや小松菜などは1年を通して栽培が出来ますが、春や夏などの季節の場合、葉を食べてしまう虫が大量に発生しやすく上手に栽培が出来ないと感じている人も多いのではないでしょうか。

しかし、冬場なら虫が少ないので成功する確率が高くなるお勧めの野菜です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

クエン酸で掃除する効果的な使い方

クエン酸は酸性の性質を持っており、アルカリ性を中和する効果を持っています。 そのため、掃除に利用する際には、アルカリ性の汚れに対して使用することが、効果的です。

【DIY】穴を開けたくないならディアウォールde大容量本棚

アパートあるいはマンションといった賃貸物件に住んでいると、備え付けの収納だけでは物足りなく感じることもあるでしょう。 そんな時は、DIYで棚を作ってしまうと使い勝手が広がります。 ここで問題になるのが …

プレゼント選びに困ったら~50代女性が喜ぶプレゼント~

プレゼントは贈る相手が誰であっても、選ぶことやその人のことを思いだ予想以上に考えてしまうものなのです。 特に女性は、好みの物がはっきりしていたりするので、もらって喜ぶもの贈りたいを思うのが当たり前です …

引っ越し費用を安く済ませるコツ

引っ越しをすると何かと費用がかかってしまうものです。 少しでも費用を安くしたいと考えている人も多いですが、情報収集をしっかり行い、自分のニーズに合わせた引っ越しの方法を探すことで費用を少しでも安く抑え …

猫・犬ともに年に一回の予防注射は必ず受けて!

日本には狂犬病予防法という法律が存在しているため、犬は年に一度の予防注射を受ける必要があるという認識は広くありますが、猫には予防注射に関する法律が定められていないので注射しなくても良いと思われがちです …

楽天モーションウィジェット