ネット銀行活用術 : イオン銀行の特徴

イオン銀行は、スーパーやショッピングモールを運営する流通大手のイオングループの銀行です。イオンモールやイオン系列のスーパーを利用する方であれば、銀行ATMやカウンターを目にすることがあります。

イオン銀行に口座を開設すれば、普段イオンでお買い物をする人にとって、便利でお得な特典が受けられます。

スポンサーリンク

イオンでお買い物をする人におすすめの、イオン銀行の紹介

イオン銀行を利用するメリットですが、専用のATMは土日祝日や深夜でも手数料無料で入出金ができます。銀行窓口やATMが利用できる時間は、お店(イオンや系列のスーパー、ミニストップ)が開いている間です。コンビニであるミニストップ内にあるATMを利用すれば、24時間365日利用可能です。

普段の買い物で利用するショッピングセンターの店舗内にATMがあるので、わざわざ入出金のためだけに駅前の銀行に行く必要がありません。イオン銀行を利用する最大のメリットは、ポイント制度があることです。銀行のサービスやイオンでお買い物、クレジットカード(イオンカード)の利用残高に応じて、各種の特典が受けられます。

口座を開設すると、イオンカード(クレジット機能付き)、デビットカード(JCBデビット機能付き)、WAON機能付きのキャッシュカードが選択できます。特典は、WAONポイントで受け取ることができます。デビットカードは、15歳以上(高校生以上)であれば、誰でも無審査で発行してもらえます。

イオン銀行は、ATMや窓口の数が多くて便利ですが、ネットバンキング機能も充実しています。スマートフォンを通帳代わりに利用することができ、定期預金や振込などの取引も、自宅に居ながらパソコンやスマートフォンで簡単に手続きができます。

店舗を持たないネット銀行と同等のサービスが利用可能で、普通預金や定期預金の金利が高めに設定されているので、メインバンクとしても利用できます。

イオンでお買い物をする人にお得なポイントクラブとは

イオン銀行の最大のメリットは、日用品や食料品などの生活必需品をイオンで購入する人にとって、お得な特典制度が充実していることです。特典制度は、4月~9月、10月~翌3月にかけての、利用金額やサービスの利用に応じてステージ(ステージ0~ステージ3の4段階)が決まります。

そして、ステージごとに特典が受けられます。 各ステージの判定方法ですが、期間中にクレジットカードやデビットカード、WAONカードの利用残高によって決定します。利用残高ですが、ステージ1(10万円)、ステージ2(30万円)、ステージ3(50万円)です。

クレジットカードまたはJCBデビット決済を利用して、公共料金や他のお店で支払いをした分も、カウントされます。普段の生活でカードを利用すれば、簡単にステージ3の条件もクリアできます。ステージごとに、3つの特典が受けられます。

特典1:5の付く日に、WAONのオートチャージを利用するとWAONポイントが付与されます。
特典内容は、ステージ0(10ポイント)、ステージ1(15ポイント)、ステージ2(20ポイント)、ステージ3(30ポイント)です。ここに本文を記述
特典2:振込や他行ATM手数料で引かれた分が、WAONポイントで還元されます。
さらに、5万円以上の振込を受けると、50WAONポイントが付与されます。ステージが上がると、ポイント付与回数の上限が増えます。上限回数は、ステージ1で1回/月、ステージ2は3回/月、ステージ3は5回/月です。
特典3:銀行商品・サービス(100万円以上の定期預金・投資信託、住宅ローン、無担保ローン、公的年金の受取)を利用するとWAONポイントがもらえます。
受け取れるポイント数は、ステージ1(25ポイント)、ステージ2(50ポイント)、ステージ3(100ポイント)です。公共料金の口座振替は、1件あたり5ポイント(ステージ1~3)です

インターネット銀行としても便利なイオン銀行のサービス

イオン銀行は、手数料無料で利用ができるATMの数が多いというメリットがありますが、インターネット銀行としても、便利な機能が充実しています。イオン銀行では、通帳が発行されませんが、パソコンやスマートフォンで残高照会や各種の手続きが可能です。

イオン銀行には、インターネット銀行として多くのメリットがあります。イオン銀行のサービスですが、高金利の普通預金が利用できます。クレジット機能付きまたはデビット機能付きカードを選択すると、2017年4月現在で普通預金の金利が年利0.12%が適用されます。

ちなみに日本最大のメガバンクである三菱東京UFJ銀行では、普通預金の金利が0.001%、定期預金の金利は0.01%なので、イオン銀行の普通預金はメガバンクの120倍の金利が適用されます。これは、他のインターネット銀行の定期預金と水準の利率です。

イオン銀行は、カードローンサービスが充実しています。住宅ローンの他に使い道が自由のカードローンや、フリーローン(おまとめローンとしても利用可能)が利用できます。カードローン・フリーローンの金利は、最高でも年利13.8%と信用金庫並みの低金利で、消費者金融(年利18%~20%)やメガバンク・地方銀行(年利14%台)よりも低めに設定されています。

総量規制範囲外なので、専業主婦の人や年収が少ない人でも申し込みができます。カードローンやフリーローンはWeb申込が可能で、窓口で手続きをする必要がありません。イオン銀行の窓口やATMは日本全国にあり、ショッピングセンターやコンビニなどの、身近な生活圏に手数料無料のATMが多数設置されています。

さらに、ネットバンキング機能も充実しています。イオン銀行は、都市銀行と地方銀行・信用金庫、インターネット銀行のそれぞれの利点を全て兼ね備えた、新しい形態の銀行です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

結婚指輪と婚約指輪の違い

男性から女性へプロポーズをするときに欠かせないアイテムとして、婚約指輪があります。 映画やドラマなどのシーンで見かけたことがある人もいると思いますが、一粒のダイヤモンドがついた指輪というのが一般的な形 …

格安スマホに乗り換えるメリット・デメリット

近年、格安スマホが流行していますが、大手キャリアのスマートフォンから乗り換えるには、メリットとデメリットがあります。 格安スマホの特徴を良く理解してから使い始めることで、安心して使うことが出来ますし、 …

いつから始める?胎教ってどんなのもの?|キックゲームをする

妊娠中のお母さんと、赤ちゃんが遊びながらできる「キックゲーム」という胎教があります。 妊娠6か月くらいから妊娠後期にかけて、妊娠中のお母さんが、お腹で赤ちゃんが動いていると感じる時期に向いている胎教で …

引っ越し業者の賢い選び方

引越しが決まったら、業者選びをすることが最初の大切な仕事になります。 賢く業者を選ぶ方法にはいくつかのポイントがあります。 スポンサーリンク 引っ越し業者を選ぶポイント 見積もりを依頼する まず、たく …

犬が喜ぶハウスの作り方

近年では多くの人がペットを飼っていますが、その中でも一番の人気を誇っているのが犬や猫でしょう。 責任をもってペットを飼ったからには、しっかりと面倒をみるとともに、愛情を持ち幸せに過ごせるようにしてもら …

楽天モーションウィジェット