ネット銀行活用術 : 楽天銀行の特徴

楽天銀行は、有人店舗やATMを持たない新たな形態の銀行として、2001年7月にイーバンク銀行として開業した、日本で二番目に古いインターネット銀行(ネットバンク)です。

スポンサーリンク

楽天銀行の紹介と基本的な利用方法

初期の頃から、同行間の振込手数料無料サービスや、携帯電話でも利用できるモバイルバンキングサービスを実施していました。後に外貨預金や投資信託の販売、VISAやJCBのデビットカードサービスを開始しました。

現在は、デビットカードやクレジットカード一体型のキャッシュカード、個人向けの国際送金サービス、宝くじの販売、個人向けのカードローンなど、多くの便利なサービスが利用できます。

楽天銀行の利用方法ですが、口座を開設すると口座番号とネットバンクのログインアカウントが発行されます。希望しなければキャッシュカードが発行されず、預金通帳もありません。キャッシュカードを発行しない場合は、振込やペイジーなどで入出金を行います。

モバイル端末を利用する際は、専用のアプリ(アンドロイドとiOSの両方に対応)をインストールすると、便利です。他行からの振込や給与の受取以外にも、手数料無料でゆうちょ銀行の普通預金口座から入金することができます。キャッシュカードで入金する際は、提携ATMが利用できます。入金額が3万円以上であれば手数料無料です。

提携ATMから出金の際は、利用残高や銀行サービスの取引回数に応じて、毎月最大7回まで手数料が無料になります。楽天銀行でも他の銀行と同じように、定期預金や外貨預金などが利用できます。手続き方法は、自分のアカウントにログインして、定期預金をクリックします。

金額を入力して、預金の種類や期間、満期時の取扱方法を選択すれば、簡単に定期預金に預金することができます。自宅や外出先でも簡単に取引が可能です。

楽天銀行口座を利用するメリットとは

楽天銀行の最大のメリットは、ネット銀行として簡単にオンライン取引ができることです。自宅に居ながら、他行口座への振込手続ができるほか、ペイジーに対応するクレジットカードやネットショッピング代金の支払い、証券口座への入出金ができます。ATMで現金を引き出さなくても、手軽にお金を移動させることが可能です。

銀行振込やATMで現金を引き出す際は、手数料がかかりますが、「ハッピープログラム」に申込手続きをして、一定の条件を満たせば、毎月数回分の手数料が無料になります。

手数料が無料になる条件の例ですが、10万円以上の預金残高があれば振込、ATMそれぞれ月に1回まで無料になります。トータルで300万円以上の預金があれば、最大回数(振込5回・ATM7回/月)まで無料になります。楽天銀行は、インターネットを利用した送金や支払い以外にも、便利に利用することができます。

希望すればVISA、またはJCBの国際ブランドのデビットカード一体型キャッシュカードを、発行してもらえます。デビットカードを利用すれば、国内外でショッピングをする際や、海外旅行の時に現地通貨で預金を引き出すことができます。

デビットカードは、普通預金の範囲内でしか利用できないので、使い過ぎの心配がありません。クレジットカードのように審査を必要としないので、16歳以上であれば誰でも利用ができます。デビットカードは未成年者や、クレジットカードの審査に通過できない方でも、カード決済が利用できます。

インターネット銀行は通帳が発行されず、有人店舗や専用ATMがないので不便に思えるかもしれませんが、お金を移動させる場合には、従来の銀行を利用するよりも遥かに便利です。印鑑や通帳が存在しないので、パスワードとセキュリティーカード(乱数表)をきちんと管理していれば、盗難被害に遭う恐れが低くて安全です。

楽天市場とリンクさせて楽天ポイントを有効に活用する方法

楽天銀行のメリットは、インターネット銀行として便利に送金や支払いができるだけではありません。楽天市場の会員になれば、銀行口座を利用して楽天ポイントを貯めたり利用することができます。楽天銀行で振込をする際に、無料回数を超えた分は、手数料がかかります。ところが、楽天市場やポイントサービスで貯めた楽天ポイントで手数料を支払うことができます。

楽天市場で商品を購入する他にも、楽天リサーチのアンケートに回答したり、毎日楽天市場にログインしてゲームに参加したり、広告をクリックすることでも楽天ポイントが貯まります。銀行のサービスを利用することでも、楽天ポイントを貯めることができます。給料やポイントサイトの換金などで銀行口座に振込があれば、楽天ポイントが付与されます。

ペイジーを利用して、手数料無料で支払い手続きをしても楽天ポイントが付与されます。一部のクレジットカードは、引き落とし日よりも前にペイジーで代金を支払うことができるので、カード会社のポイントに加えて、楽天ポイントも貰えます。

楽天銀行口座と、楽天ポイントクラブを利用した裏技があります。一部のネット証券会社は、楽天銀行口座オンライン入金(ペイジー)に対応していて、別の銀行口座に手数料無料で出金することも可能です。これを利用して、楽天銀行からペイジーで証券口座に入金して、証券口座から自分名義の他行口座に手数料無料で出金をすれば、手数料無料で自分名義の口座間で送金ができます。

手数料無料で他行口座への振込ができる上に、ペイジーの利用で楽天ポイントがもらえます。楽天ポイントは楽天市場や銀行手数料、旅行代金やオークションの支払い以外にも、一部のコンビニ店やドラッグストアなどで商品を購入する際にも利用できます。

楽天銀行と楽天市場をセットで利用すれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

引っ越しに最適な時期はいつ?

新社会人となる人、進学する人などは、それを機に一人暮らしを始めて引っ越しを行うという人も多くいるはずです。 そのため、春先に引っ越しが集中し、費用がかなりかかることになります。 とはいえ、特に遠方から …

こどもの教育費もう一度考え直してみませんか?

親であれば、こどもが将来生活に困らないように十分な教育を受けさせて、希望の職種についてもらいたいと思うことでしょう。 そのためには、学校の教育だけではなく、塾や習い事などに通わせて力をつけさせてあげな …

メガバンク「三井住友銀行」のコンビニATM手数料も無料になる!?

普段お金が足りなくなると、コンビニのATMでお金を引き落とすことが当たり前のようになっていますが、その時に手数料を気にしたことはあるでしょうか?

いま住んでいる部屋はペット可物件ですか?

ペットを飼いたいと家族みんなで盛り上がり、知識を得たり、餌や道具の準備を整えて、さあいざペットを迎え入れようとしたところで、実は住んでいる物件が「ペット禁止」だったという方もいらっしゃるかもしれません …

@モバイルくん。の格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

ガラケーからスマートフォンに買い替えたい人は、大手キャリアよりも@モバイルくん。がおすすめです。 ここは、格安スマホと格安SIMを販売する業者で、大手よりも非常に安い値段でスマートフォンを利用できます …

楽天モーションウィジェット