経理事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

経理事務の仕事は、お金が関係する重要な仕事であり、間違いはあってはならず、慎重さなどが求められます。

経理事務を目指す場合、どのような資格を取るべきなのか、おすすめは何かなどを知り、仕事を見つけたいところです。

スポンサーリンク

簿記を取ればいい時代は古い

経理事務におすすめの資格として、簿記を推奨する人が少なくありません。しかし、簿記の資格を取得したとしても、実はあまり効果はなく、それが後押しをする可能性も低いのが実情です。

財務諸表などがわかるようになり、経理事務には重宝しそうですが、そもそも経理事務を目指す多くの人が簿記を持っており、これだけでは不十分というのが正確な表現です。

また、簿記の中でも3級では不十分であり、2級を取得して、ようやく武器になるかもしれないといったところであり、2級までであれば、経理を目指す人ならだれもが持っています。

1級は、税理士試験が一部免除になるレベルであるため、ここまであればむしろかなりの武器ですが、少数派です。

簿記をとれば、経理事務ができると思ったら大間違いというのを知らなければなりません。

簿記は、いわば経理に関する基礎知識があるかどうかであり、そこ以外の部分が結構問われることになります。

そのため、簿記プラスアルファで、どのような資格を取得しなければならないのかという感覚の方が正しく、それだけ多くのものが存在します。

注目を集めるFASS検定

経済産業省が力を入れる経理に関する検定に、FASS検定があります。経理事務のスキルアップを狙って創設され、数万人がこの試験を受けており、実務的に高いレベルかどうかを見る指標にもなっています。

多くの大企業の経理担当者に、FASS検定の受検者が多いことも、FASS検定のレベルアップに寄与しており、あまりなじみがないものの、今後簿記のように、FASS検定を取得するのが、当たり前になる時代が来ても決して不思議ではありません。

出題分野は、資産分野、決算分野、税務分野、資金分野に分かれ、また実務を経験しなければわからないであろう問題も出題されるため、実践の場で活かされるであろうスキルを診断することが可能です。

今のレベルを知ることができるため、会社でも経理事務にこれを受けさせ、効果測定をすることができます。

検定料は1万円と高いですが、経済産業省が推進する検定であるため、その価値は非常に高く、もし最高ランクの評価を勝ち取れば、その評価はうなぎ上りということになります。

1万円を出して受ける価値は、十分にあります。

給与計算実務能力検定でレベルを見る

経理事務の大きな比重を占めるのが給与計算ですが、その実務能力を見ることができる検定に、給与計算実務能力検定があります。

この資格を取得しておけば、給与計算に関する実務能力が、ちゃんとあることが証明され、大きな指標となります。

給与計算実務能力検定では、実際に給与計算の問題が出題され、試験中にそれを計算することになるため、限られた時間の中で、正確に計算をすることができるのかという部分が問われることとなります。

2級からあり、2級の合格率はかなり高いため、給与計算の実務能力があるかを確かめるケースや、就職活動のために取得するケースもあるなど、簿記と並んで経理の基礎力を測るものとなっています。

簿記と一緒に取得しているケースもあるため、2つの資格を取得することが、今後のトレンドになる可能性は高く、さらにもう1つのものを得る必要がある時代を迎えそうです。

ただ、受験者はまだ少なく、あまり知られてはいません。

そのため、簿記に給与計算実務能力検定を受けておけば、経理事務の仕事を見つける可能性は、非常に高くなります。

お金の知識をつけるファイナンシャルプランナー

実務に即した資格を取得することはとても大事であり、経理事務で働く以上は、そちらが優先されるべきですが、将来的に独立を考え、お金に関する仕事に携わりたいなど、キャリアアップを考える場合、近道なのがファイナンシャルプランナーです。

経理や財務の指標を知ることができるのはもちろんのこと、税金や投資などお金に関する様々なことに精通し、相続なども出題されるため、色々と役に立つことが多いのも特徴です。

経理事務の仕事に直接影響するとすれば、税金の部分であり、所得税の仕組みなどが問われるため、毎年の税制改正などに興味を持って対応でき、間違いに気づくこともあります。

実務能力の向上にもつながるため、ファイナンシャルプランナーはスキルアップ、キャリアアップの観点からも取得しておきたいところです。

そして、ファイナンシャルプランナーになってからも、世界で通用するCFP資格というのもあり、そこを目指してさらなるキャリアアップを目指すというのもおすすめであり、経理事務を足掛かりとしたステップアップが可能です。

最後に

経理事務は、地味な仕事でありながら、間違いは許されない大事な仕事です。

そして、経理事務をとっかかりにキャリアアップができるなど、可能性が非常に大きく、選択肢も多いのも経理事務の特徴であり、人気を支える部分です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

専門職には欠かせない!技術系の資格「CAD技術者」

昔は、建築関係の設計や機械設計などは、手仕事で行っていたことがありましたが、今ではそのような作業する人はほとんどいません。その代わりにCADを使って、製図・設計・トレースを行う人がほとんどなのです。 …

公務員になるための試験:労働基準監督官

労働基準監督官になるための試験や仕事内容について紹介します。

医療事務検定試験の難易度と合格率は?

スポンサーリンク 医療事務の難易度と合格率 医療事務はそもそも暗記する必要の全くない資格です。 医療行為の内容を点数化してレセプトという表にまとめるというものが試験内容になります。 通信教育などでとる …

イベント好き必見!作品作りの関わる資格「MIDI検定」

電子楽器の演奏データを保存したり、送受信するための世界共通規格として、MIDI(Musical Instrument Digital Interface)が用いられてきました。 MIDI形式のファイル …

介護福祉士になるには?気になる年収は?

現在の日本は世界でも例を見ないほどに急激な高齢化が進み、超高齢化社会として知られています。 しかも核家族化が進んだことで昔のように子どもや孫などと一緒に暮らしている人ばかりではなくなり、一人暮らしの高 …

楽天モーションウィジェット