健康意識を伸ばそう!健康に関する資格:健康運動実践指導者

2006年には65歳以上の高齢者が20%を超え、いよいよ高齢化社会に突入しました。

少子高齢化に伴い、今後も高齢者は増える傾向にあり、健康増進のために何かしようという気運が高まっています。

そんな中で活躍しているのが健康運動実践指導者です。

スポンサーリンク

健康づくりのエキスパートになれる

健康運動実践指導者は、健康づくりのための運動の指導を行うキスパートで、地域社会での健康運動指導を行うことができる資格です。

以前までは厚生労働省の認定事業として進められていましたが、現在では健康・体力づくり事業財団が認定する健康運動指導のための資格になっています。

運動生理学や医学的な基礎知識に基づいた、健康指導のための知識と技能を身につけた人だけに資格が与えられます。

健康づくりのために作成されたプログラムに沿って実践指導を行うことが可能です。

特に取り組むことが多いプログラムは、誰もが気軽に取り組むことができるジョギング、ウォーキング、水泳や水中運動、エアロビックダンスなどです。

健康運動実践指導者が誕生した背景には、生活習慣病の増加や高齢化の影響があります。

運動をすることで生活習慣病のリスクを減らし、生涯を通じて国民の健康を維持し向上させることことを目的にしています。

また、高齢者の病気やケガによる寝たきりを防ぐために運動によって身体の機能を高めていくというのも重要な課題です。

認定試験受験のためには受験資格が必要

運動実践指導者の資格を取得するためには、まず認定試験を受験するための受験資格を得る必要があります。

受験資格がないとそもそも認定試験を受けられないので、まずは健康運動実践指導者の養成校(大学・短大・専門学校)の養成講座を修了するか、体育系短期大学か専門学校を卒業して講習会(33単位・9日間)を受講することが必要です。

もしくは、実務経験が3年以上ある人なら体育系短期大学と同じく講習会を受ければ受験資格がもらえます。

認定試験は一次試験が指導実技試験、二次試験が筆記試験です。

一次試験では、4〜5名の被指導者に対して運動指導(陸上運動or水中運動)を行います。
レジスタンストレーニングが2分以内、有酸素運動が3分以内の試験時間になっています。

二次試験は健康運動を実践指導するために必須の、運動生理学や医学の基礎知識が身についているかどうかが問題です。
試験は会場のパソコンで解答することになっていて、5者択一式の形式の出題です。

合格すると台帳登録されますが5年ごとに更新する必要があるので、その時には講習会を受講する必要があります。
登録更新は講習会にて行われます。

試験対策のポイントは

認定試験にパスするためには、実技と筆記の対策が必要です。

ただ、実技に関しては運動が得意、スポーツが好きという人ならばほとんど問題なくパスできます。
緊張せずに普段の練習の成果を発揮できれば、不合格になる確率は低いです。

一方、筆記試験の合格率は年度によって変わりますがだいたい70〜80%になっています。
この確率は、しっかり対策すれば合格できるけれども、サボってばかりいるとマズイというレベルです。

実技試験は、自ら手本を見せる、心拍数の測定方法を説明する、実演する運動の特徴を説明する、ということをわかりやすく指導できれば合格できます。

自分の指導がわかりやすいかは自分では判断できないので、他人に見てもらって確認しておくといいです。

筆記試験は健康運動実践指導者用テキストというのがあるので、これを入手して1冊を何度も繰り返して読んで理解するようにします。

医学の基礎知識や健康運動の指導方法、スポーツ次のケガや病気の処理まで学ぶので、やや難易度が高いですが、もともとスポーツ好きの人であれば興味を持って勉強に取り組むことができます。

スポーツ万能ではなくてもできる

健康運動実践指導者になる人のほとんどはスポーツが得意な人ですが、スポーツ万能ではなくても仕事をすることは可能です。

むしろ、出来ない人の気持ちを理解しながら指導できる立場にいる方が、指導してもらう人からすれば親しみが持ちやすいこともあります。

野球やサッカーなどが出来ない人でも、健康運動実践指導者が指導するのは誰でも取り組むことができるジョギングやウォーキング、水中運動などなので、この中で自分が得意でやってみたいというものがあれば熱意を持って仕事をすることが出来ます。

大切なのは、教えている相手の気持ちを理解しながらわかりやすくスポーツを楽しんでもらうことです。

この資格を取得するには筆記試験があるので知識も必要ですが、明るくて人の気持ちがわかる人、スポーツをみんなに楽しんで健康になって欲しいという思いがある人です。

仕事の対象になるのは高齢者や健康目的で取り組んでいる方々で、中には運動が苦手という人もいます。

そういう人が相手でも楽しんで取り組んでもらえるようなユニークな感性を持つ人が適任です。

最後に

運動実践指導者になるためには、養成学校などで受験資格を得て認定試験に合格する必要があります。
仕事のメインは健康のための運動指導で、スポーツが得意な人や運動を通して人々に健康になって欲しいと考えている人に適した仕事です。

公益財団法人 健康・体力づくり事業財団

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

将来的に独立ができる国家資格:税理士

税理士は景気に影響を受けやすい業界ではありますが、今後、グローバル化の影響で国際会計基準が日本でも大企業や中小企業問わず適用されようとしている流れの中で税理士は必要とされる存在です。 有資格者として企 …

今はなきおもしろ資格、時刻表検定とは?

履歴書に色々な資格を記載してあると、転職などの時に有利になるケースが多いのですが、趣味として取得する人も少なくありません。 資格を持つと言う事は、何らかの能力を持つと言う証でもあり、履歴書に多くの資格 …

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:認定心理カウンセラー1級

ストレス社会とも言われる現在、心の病を抱えている人やその予備軍ともいえる人が増えてきています。 このような心の悩みを改善することが、認定心理カウンセラーの仕事です。 認定心理カウンセラーには、1級と2 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船橋当直3級海技士(機関)

船橋当直3級海技士は船橋のブリッジなどで、安全に航海を行うため当直制度によって監視を行う船員のことです。 船橋当直3級海技士(機関)の役割は、推進機関や操舵装置などが安全に正常に動いているのかに関して …

職業訓練で資格取得やスキルアップをしよう

職業訓練では、手に職をつけたい人などが学び、実際に技能を身につけて、仕事を見つけていくことが可能になります。 職業訓練の対象の中には、資格取得、スキルアップにつながるものが非常に多く、自らの魅力をそれ …

楽天モーションウィジェット