地球環境を守る資格:検査分析士

検査分析士は分析機器を活用して、様々な物の成分を分析する技術を有する方が持つことのできる資格です。

人々の生活においては食品、製品、健康、環境など分析する必要性の高い要素がたくさんあります。

安全な生活を守るためにも社会に欠かせない資格の1つです。

スポンサーリンク

検査分析士とは

食品の安全を守る役割

分析士が主に分析する対象としては食品、製品、健康状態、高機能製品、地球環境などがあります。

食品はその総量から非常に分析される機会が多いです。

昨今では成分表示表をチェックして購入する方も増えています。

そこで検査分析士は適切な表示がなされているかを調べる役割があります。

それ以外にも食品添加物を分析して人体への影響などを調べます。

家庭で使われている電化製品などに含まれる有害含有物質の種類や濃度を調べるのも重要な役割です。

製品は口へと入れるわけではないので有害含有物質を使用できないわけではありませんが、気化などによって人体に入ってしまう恐れがあります。

そのため、実際の影響がどの程度あるのか調べます。

また、故障してしまった場合にはメーカーが想定していない影響が発生する可能性もあります。

それらの様々な可能性を考慮して人々の安全を守るのも検査分析士の仕事の1つです。

分析の結果、人々の生活を害してしまう恐れのある製品に関しては明確なデータを示した上で然るべき機関に情報を提供することもあります。

地球環境を正確に分析

人々の健康状態を分析することも検査分析士の重要な仕事です。

特に血液や尿には健康に関する重大な情報が含まれています。

昨今では技術の向上により血液から一部のガンを検査することも可能となってきました。

尿や血液を取ることはそれほど手間がかからないため、多くの方が検査を受けやすくなっており、今後ますます重要視される分野です。

地球上の環境を分析することも検査分析士の役割です。

空気中や水中には目に見えないほどの有害物質が含まれていることもあります。

昨今では大気汚染や水質汚染などに注目が集まっています。

日頃はあまり気にしていなくても一度汚染が発覚すると多くの方を悩ませることになります。

分析士は単に汚染を発見するだけでなく、汚染されているところとそうでないところを明確にすることで、人々に安心を提供することにも繋がります。

特に災害時には水質汚染や大気汚染が原因で感染症などが流行することも考えられます。

激動する地球環境の中で二次災害などを出来る限り発生させないためにも分析士の迅速かつ的確な分析が求められています。

未来に繋がる重要な分析

検査分析士は現在の事象だけを分析しているわけでありません。

科学の進歩はまさに日進月歩であり、今も日夜研究が進められ、未知の物質が発見されたり、開発されたりしています。

未知の物質は有効に活用することで人々の生活をより良く出来る可能性があります。

一方で未知の物質が人々の生活を脅かす可能性も持っています。そのため、検査分析士が正確に成分を分析することが重要です。

正確な分析がなされることで積極的な研究が行いやすくなります。

歴史的な事実を検証する上でも検査分析士の役割が重要となっています。

例えば遺跡が発見された際にはその材質などを分析することで時代や環境を調べることができます。

また、複数の遺跡が発見された場合にはそこで使われている物質の成分が近しければ、同時期に作られた可能性があります。

特に文字が使われていなかった時代の情報は書物などで確認することが難しく、分析や検証が重要となります。

検査分析の技術は年々向上しており、今まではわからなかったことが明らかになり、さらなる発見に繋がる可能性もあります。

検査分析士の資格としての特徴

分析士の資格はその知識や技術のレベルに合わせて初級、上級、特級の3段階に分かれています。

検査分析士は与えられた分析の手順の活用や操作、新たな分析手順の構築の双方が重要となっています。

このうち、与えられた分析の手順を行えるのが初級までの技術です。

上級になるには新しい分析手順を構築出来る能力が必要となります。

特級はそれらの技術や知識を非常に高いレベルで持ち合わせていることが求められます。

まずは初級を取得して段階的にランクアップしていくのが一般的です。

初級では4択の問題が50問出題されます。

いずれも一般的な分析に関する知識を問う内容となっており、しっかりと勉強すれば誰もが合格できる可能性があります。

ただし、独学で勉強するならばそれなりの労力が必要となるので、講習会などに参加して効率的に勉強することをお勧めします。

上級や特級とは試験の内容が大幅に異なっています。

しかし、上級以上の試験では初級の知識を有していることが前提となっているので初級の勉強の重要性は極めて高くなっています。

最後に

検査分析は高い需要を持つ分野として知られています。
加えて食の安全や災害時の衛生、新しい物質の研究など、一国のみならず地球全体にメリットをもたらす仕事を行うことができる資格なので、そのやりがいも非常に大きいといえます。

特定非営利活動法人 分析産業人ネット

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

銀行事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

銀行事務には、いわゆる窓口での事務、裏方としての事務など、同じ事務では全く意味合いの異なるものが存在します。 銀行事務は、銀行事務でもどの役職、役割を担うかによって、おすすめの資格というのが大きく変化 …

就活で持っていたい資格「簿記」のアピールできるポイント

簿記の資格を持っていると、就活を行うときのアピールポイントになります。 ただし一口に簿記といっても複数の種類があり、担当領域や計算方法などが異なります。それぞれの特徴を踏まえて、自分の志望先に合ったも …

仕事に役立つ英語の資格:実用英語技能検定(英検)

英検という言葉は一度はどこかで目にしたり、耳にしたりしたことのある言葉ではないでしょうか。 学校で進められて受験をした経験がある人も多いのではないでしょうか。 英検はそれだけ規模の大きい検定試験と言え …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「色彩技能パーソナルカラー検定」

カラフルな色を見ていると、本当に気持ちが和んで落ち着いたりすることも感じることが多いと思います。 疲れている時にはこんな色を見るとよいとか、調子の悪い時にはあの色を見るとよいとか、それぞれ色を見ること …

女性に役立つ資格:日商簿記検定

現代は女性の社会進出は当たり前となっていますが、やはり結婚後の再就職などには何かと不利なことが多いもの。 再就職の際には履歴書に書ける資格はいくつかあるのが理想と言われていますが、その書くべき資格がな …

楽天モーションウィジェット