King of swimmer レジェンドを打ち立てた選手 : カレン・ジョーンズ

水泳界には、多くの偉業を達成した選手がいます。

1大会で7個の金メダルを獲得したマークスピッツ選手、2000年代に世界記録を次々と塗り替えたイアンソープ選手、そして歴代最多の金メダルを獲得したマイケルフェルプス選手などは知名度も高いでしょう。

これから略歴を説明する選手は、これらの選手に比べたら地味な存在かもしれません。しかし、彼は水泳の歴史を変えたといっても過言ではない選手です。その選手の名は、カレン・ジョーンズ選手です。

スポンサーリンク

水泳界のタイガーウッズ、カレン・ジョーンズ選手の略歴

カレン・ジョーンズ選手は、1984年にアメリカ・ニューヨークで生まれました。身長は196㎝、体重は90キロ超と大柄な選手であり、大きなストロークを利用して、自由形やリレーを競技としています。

初のオリンピック参加となったのは、2008年の北京オリンピックで400メートルフリーリレーで金メダルを獲得しました。4年後のリオデジャネイロオリンピックでは、400メートルメドレーリレーで金メダル、400メートルフリーメドレーでは銀メダル、個人競技の50メートル自由形では銀メダルを獲得します。

こうして実績を並べてみると、カレン・ジョーンズ選手は、世界の一流選手であることには疑いがありません。しかし、一人で多くのタイトルを獲得したスピッツ選手やソープ選手、フェルプス選手などと並べると格が落ちます。

それなのになぜ「King of swimmer」と呼ばれているのか、これはカレン・ジョーンズ選手の人種に関係しています。

カレン・ジョーンズ選手は、アフリカ系アメリカ人です。水泳界では長らく、黒人選手が活躍することはありませんでした。その理由とは、何でしょうか。

水泳というスポーツの負の歴史とは

カレン・ジョーンズ選手の偉業を理解するためには、彼の略歴を知るだけでは不十分で、水泳というスポーツにおける、アフリカ系(黒人)選手の立ち位置と歴史を知っておく必要があります。

スポーツというと、陸上競技やバスケットボールなどの競技では一流の選手はアフリカ系が多いです。サッカーやアメリカンフットボールでも、黒人選手は増えてきました。

しかし、水泳やテニスなど一部のスポーツでは、黒人選手が極端に少なくなります。これは、水泳という競技の特徴や性質が関係していると言われてきました。

プール設備が必要な水泳は、アフリカなどの貧しい地域では、なかなか整備されません。また、黒人選手の体の構造が、水泳に不向きであるといった意見もあります。

これは怪しい説であり、本当のところは黒人選手への差別が原因だとされます。黒人差別がひどかった時代のアメリカは、黒人と白人が同じプールに入るのを嫌って、プールから締め出していたといいます。

また、水泳はプールの使用料などお金がかかるスポーツで、貧困者が多い黒人には手の届かないスポーツでもありました。また、当時の水泳界はプロ化が進んでおらず、スポーツでお金を稼ぎたい黒人選手にとって、魅力的には映っていなかったということも関係しています。

そうした歴史から、黒人は水泳をそもそも始められない状況になっていました。これでは、黒人選手が少ないのは当然だと言えます。

カレン・ジョーンズ選手は、こうしたハンディキャップを持ちながら、黒人選手として偉業の金メダルを獲得します。だからこそ、多くの選手から讃えられているのです。

アンソニー・アービンから受け継いだバトン

カレン・ジョーンズ選手の、先駆者と言える水泳選手がいます。それがアメリカの競泳で、初の黒人系選手としてオリンピックに参加し、金メダルを獲得したアンソニー・アービン選手です。

アンソニー・アービン選手は、2000年のシドニーオリンピックに出場し、50メートルの自由形で金メダルを獲得しました。その後は、表舞台での大きな活躍はありませんでしたが、2016年のリオデジャネイロオリンピックに出場します。

50メートル自由形と400メートルフリーリレーに出場し、35歳という高齢でありながら、再度金メダルを獲得しました。35歳での金メダル獲得は、史上最年長記録で、彼もまたアメリカの水泳界を代表するレジェンド選手です。

ただ、アンソニー・アービン選手は黒人系選手ではありますが、見た目は白人に近い印象を受けます。実際、日本の報道では、彼のルーツがアフリカにあり、アメリカ初の黒人系選手であることはあまり話題となりませんでした。

下品な言い方になってしまいますが、肌の黒い選手が金メダルを獲得したのは、カレン・ジョーンズ選手が初めてだといっていいと思います。

カレン・ジョーンズ選手は「水泳界のタイガーウッズのような存在になりたい」と言います。タイガーウッズ選手もまた、白人が支配的だったゴルフという競技で、アフリカ系でありながら世界ナンバーワンになった選手です。

タイガーウッズ選手の姿をみて、多くの人が勇気付けられ、ゴルフを始める人も増えました。

黒人選手も増えてきています。カレン・ジョーンズ選手の活躍によって、これから水泳競技でも多くの人種が活躍できるようになると喜ばしいです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

関連記事

登山の食事の計画の立て方

登山での食材選びとして、初心者の方は何を持っていけば良いのかわからないという方もいますが、原則としては、軽いもの、日持ちするものとなります。 荷物が重いと疲れやすく、何泊かするという方は、食材の軽量化 …

どこがいい?ボルダリングジムの選び方

ボルダリングがテレビや雑誌に特集されるようになったり、有名芸能人が体験したことをブログなどで紹介してからは一気に人気に火がつき、知名度が上がりました。 そもそも、クライミングはよく知られている通り、ロ …

フィギュアスケート採点の流れ:技術点の採点

フィギュアスケートは、国民的な関心が強く、TVなどで様々な大会が放映されています。 それでも、採点方法については難しくて分からない人が殆どで、技術点と芸術点が存在する程度の知識にとどまっています。

始めるなら早い方が良い?子供が乗馬を習うメリット

子どもの教育に力を入れている家庭は、どんなことを学ばせているのでしょうか。 英語やスポーツなどいろいろな習い事がありますので、その中から子供に合うものを選んで習わせるようにしなくてはなりません。 習っ …

今のJリーグはココがおもしろい!

Jリーグは1993年に10クラブで始まり、現在は53クラブにまで増えて今に至ります。 J1・J2・J3まで拡大し、他の欧米諸国同様、今後はJ4・J5までの拡大も期待されています。 また、J3に参加する …

楽天モーションウィジェット