料理の腕が上がる!あると便利なキッチン家電 : フライヤー

天ぷらやフライ料理などは、自宅で作ることが可能です。鍋やフライパンなどに油を入れ、加熱して衣をつけた食材を投入して揚げますが、自宅で作ると揚げたてを食べられるのが魅力的です。

香ばしく、ジューシーな味を楽しめる揚げ物ではあるものの、自宅で作るのは割と手間がかかるのが厄介でしょう。

スポンサーリンク

火を使わずに揚げ物が作れる便利なキッチン家電

そんな厄介な問題を解決してくれる、便利なキッチン家電があります。フライヤーと呼ばれるキッチン家電で、揚げ物専用の機器として使いますが、フライヤー優れた点は火をおこさずに済むことです。

ガスコンロや電気コンロを利用する必要がありません。専用の機器に油や衣をつけた食材を投入するだけで、簡単に調理できるのがメリットです。火を使わないことから、料理が苦手な人でも安全に調理できるように工夫されています。

ガスコンロや電気コンロの周囲を汚すことがなくなり、お手入れが楽なのも魅力だといえるでしょう。

揚げ物を調理する時に難しいのが、温度管理です。180度などの温度を、素人が目で見て正確に設定することは難しいため、上手く食材に火が通らなかったり、焦がしてしまうなどの失敗の原因として知られています。フライヤーは、キッチン家電の特長を活かす形で、自動的に適温に設定してくれる優れた機能を持ちます。

ダイヤルや液晶画面などで、設定温度を目で見て確認しやすいため、温度設定に失敗することがまず無くなるでしょう。調理時間を設定できるタイプのものであれば、より正確に揚げ物を調理できる可能性を高められます。

調整の幅が広い機種を選ぶことで、様々な種類の揚げ物に対応できるでしょう。

目的に合わせて機種を選ぶことができる

キッチン家電として発売中のフライヤーには、大きく分けて2種類が存在します。

油を投入して使う機種が、一般的なフライヤーとして流通している状態です。容器の中に油を入れ、温度設定をして衣をつけた食材を調理します。ガスコンロや電気コンロで揚げ物を調理する方法と基本的には同じです。あらゆる種類の揚げ物に対応できるため、使いみちの幅が広いこと、油の持つ旨味を楽しめるといったメリットを持ちます。

もう一つの種類が、ノンフライヤーと呼ばれる機種です。言葉のとおり、ノンフライヤーでは油を使いません。油を使わずに、揚げ物を作ることなどできるのか不思議に感じられるところですが、とても温度の高い風を食材の周囲に循環させて、加熱調理するのが特徴です。

熱風によって食材の水分が蒸発し、食材の内部に含まれる油分で揚げ物を作る仕組みです。油を使いませんので、低カロリーな揚げ物を調理できるのがメリットでしょう。摂取カロリー制限をしている食事療法中の人や、ダイエットに取り組んでいる人などにとっては重宝する機種です。

大きく分けるとこの2種類ですが、もう一つ、複合機タイプという機種も存在します。揚げ物を作るだけでなく、別の料理も作れるという、多機能な機種であるのが特徴です。容器の部分を取り替えることで、グリル風に調理したり、鉄板で焼き物が作れたりします。

揚げ物を頻繁に作る家庭でなければ、複合機タイプだとキッチン家電を上手に使いこなせて、無駄にすることが無くなるでしょう。食生活に合わせる形で、最適な機種を選ぶようにするのがコツです。

魅力的な機能を持つおすすめのフライヤー

フライヤーはコンパクトな機種だと、電気代を節約しながら調理できておすすめです。よほどの拘りがあったり、家族が多いわけでも無い限りは、コンパクトなフライヤーを選ぶのが良いでしょう。コンパクトタイプの人気機種として、TWINBIRDのコンパクトフライヤーがあります。

ポット型の小さな機器で、テーブルの上に置いて調理しても邪魔になりません。1人暮らしや揚げ物をたくさん食べることが少ない人にとっては重宝するでしょう。お弁当のおかず作りにも活躍してくれます。調理の際に使う油の量は,
たったの0.5リットルです。大量に油を使う必要がなく経済的で、捨てる際にも手間がかかりません。

細かな温度調整ができるタイプではありませんが、調理したいジャンルに合わせて、3段階の温度調整が可能です。価格もお手頃で、5000円前後で購入できることから入門用としてもおすすめでしょう。

ノンフライヤータイプの機種を選びたいなら、フィリップスのノンフライヤープラスが選択肢に入ってきます。2万5000円前後するため、フライヤーの中でも高価格帯の機種になりますが、価格が高いだけに高機能です。油を使わずに調理ができ、クッキングネットをセットして揚げることにより、食材に含まれる脂肪分を最大80%もカットできる点が優れています。

熱と空気を内部で上手く対流させますので、むらなく加熱調理することが可能です。旨味を閉じ込めながら、サクサクとした食感を楽しめる揚げ物を作れるように工夫されています。

60~200度まで5度刻みで細かな温度設定ができ、時間も1分刻みで60分まで設定できるのが特徴です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

賃貸と持ち家どちらがいい?それぞれのメリット・デメリット

住まいについて考えた時、賃貸か持ち家かで迷ってしまう人は多いはずです。 いずれにも良し悪しがありますので、どちらが優れているということはありません。 しかしながら少しでも希望にそう方を選んだ方が満足度 …

初心者におすすめのペット:オカメインコ

インコを初めて飼ってみたいという初心者の方におすすめなペットが、オカメインコです。

クレジットカード「楽天カード」の特徴やおすすめポイント

私達の生活に、無くてはならない金融サービスとして、多くの人が利用しているのがクレジットカードです。 世の中には、様々なカードがありますが、その中でも特にお得度の高いカードとして、多くの人におすすめなの …

洗い方をマスターする:こたつ掛け

こたつには、こたつ掛け布団とセットで使用することになりますが、こたつ掛け布団は、ドライクリーニングであることが大半です。 冬になると、こたつでは毎日家族が語らう場にもなり、飲食をすることもあるので、布 …

生活をよりスマートに|注目の最新家電「低濃度オゾン発生器:日立マクセル」

春先から夏にかけて気温が上がり、梅雨の時期は雨が降る日が多くなります。最近の住居は気密性が高くて換気が悪いので、高温多湿になると部屋のニオイが気になるという方も多いのではないでしょうか。 特にマンショ …

楽天モーションウィジェット