料理の腕が上がる!あると便利なキッチン家電 : ホットプレート

ホットプレートは、どこの家庭にもあるキッチン家電です。オーソドックスな使い方は、焼肉やお好み焼きなどです。他にも、焼きそばやたくさんの餃子を焼くときなども重宝します。大人数が集まった時は、一度にたっぷり調理ができてとても便利です。

スポンサーリンク

ホットプレートで無限に広がるレパートリー

一方でホットプレートは、特別な時しか使わないというイメージもあります。大きくて場所も占めるため、気軽に出し入れすることが面倒だと感じる人も少なくありません。確かに、大きな鉄板部分を洗うのは大変です。せっかく高性能なホットプレートを買ったものの、年に数回しか使わないのは、もったいないことではないでしょうか。

実はホットプレートを活用すれば、驚くほど料理のレパートリーが広がります。それだけでなく、利用できる面が大きいため、短い時間で調理できます。意外なことですが、ホットプレートでは焼く、炒める以外にも蒸したり茹でたりすることが可能です。

最大限に活用するためには、使いやすい所に置いておくことです。毎回箱に収納してしまうと、出し入れが大変です。スペースがあるなら、出しっぱなしにした方がいつでも気軽に使えます。

たとえば、朝食の準備にも大活躍します。ホットプレート一つで、パンをトーストすることも目玉焼きを作ることもできます。身支度をしている間に朝食が完成します。素材にもよりますが、マグカップなどを乗せて温めることもできます。大抵自動温度調整があるため、温度が上がりすぎることもありません。

ホットプレート料理をマスターするなら、料理の幅が広がるだけでなく、スピーディーに作ることができます。

ホットプレートを使ってできること

ホットプレートで得意なことの一つは、炒めることです。様々な具材をフライパンで炒めると、飛びちってしまいます。よほど大きな中華鍋でない限り、具材や油が周辺へと散らかるので、炒め物はしたくないという人も少なくありません。

多くの家庭で、テフロン加工のフライパンが用いられていますが、テフロンは炒め物にあまり適していません。高温調理には向かないためです。箸やヘラで炒めることでも、無数の傷がつきます。炒め物は、高温ですることで素材の美味しさを最大限に引き出します。

ホットプレートなら、高温で飛びちりを心配することなく、炒め物を作ることができます。ホットプレートを使うと、大抵のオーブン料理が可能です。たとえばピザやパンを焼くこともできます。ピザは生地の上に具材を乗せて、低温で加熱するだけです。上に焦げ目はつきませんが、ちゃんとチーズも溶けるのでオーブンとは違った美味しさです。

パン生地を平たく成形し、同じように低温で焼きます。どちらも低温で調理することがポイントです。オーブンだと水分が逃げにくいですが、ホットプレートだと蒸発するため、パリッとした食感を味わえます。石窯オーブンで作ったパンに似ています。

蒸し料理も簡単にできます。カットした野菜を、満遍なく並べて水も加えます。野菜の半分くらいが目安です。途中で様子を見て足りないようなら水を足します。簡単に温野菜サラダが作れます。茹でるよりも野菜の味がしっかり残ります。

同じ要領で、肉まんやサツマイモをふかすこともできます。浅いプレートだと水の蒸発が早いため、こまめに確認しましょう。

テーブルグリルピュアで見た目にもこだわる

ホットプレートを大活躍させるには、調理しやすい所に出しておくことがポイントです。そのためには、デザインにもこだわりたいに違いありません。スタイリッシュなデザインなら、出しっぱなしでも抵抗がありません。テーブルグリルピュアは、白いプレートが特徴で、一見するとホットプレートには見えません。おしゃれなパーティ用の大皿のようです。これなら出しっぱなしでも、絵になります。

テーブルグリルピュアの土台部分は、木目調になっているのでナチュラル感にあふれています。ひと昔のホットプレートといえば、黒い鉄板部分と赤い土台部分が主流でした。テーブルグリルピュアのようなおしゃれなキッチン家電があると、料理のテンションが上がるに違いありません。

キッチン家電を選ぶ時は使い勝手だけでなく、掃除のしやすさやデザインにも注目する必要があります。キッチン家電は、使った後の手入れで寿命が違ってきます。汚れていないように見えても、時間が経つとシミになっています。使用後は必ず洗うか、拭くなどしてきれいにしましょう。

ホコリも大敵なので、カバーなどで保護するならホコリ対策になります。ホットプレートのようなキッチン家電は、料理の時短が可能です。大抵の家庭にはガス口が二つ、多くても三つです。それに加えてホットプレートを活用するなら、忙しい時でもたくさんの品数を作ることができます。

ポイントは素材を小さく、薄く切ることです。小さく切ることで、プレートが浅くても火が通ります。余熱も十分に活用します。

調理が終わったら、熱いうちにスポンジなどで汚れを落としましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

【DIY】穴を開けたくないならディアウォールde大容量本棚

アパートあるいはマンションといった賃貸物件に住んでいると、備え付けの収納だけでは物足りなく感じることもあるでしょう。 そんな時は、DIYで棚を作ってしまうと使い勝手が広がります。 ここで問題になるのが …

繊維の種類と特徴を把握する:ウール

衣類に使われる繊維として、綿やシルク、ポリエステルなどが存在しますが、これらの繊維だと、身体を温める機能に関しては、やや心許ない部分があります。 薄い生地を作り出すのは得意としても、厚みがあり、ふんわ …

生活をよりスマートに|注目の最新家電「LED電球:フィリップス ライティング ジャパン」

近年、テレビやインターネットサイトの記事で「スマート家電」という言葉を耳にすることがあります。 スマート家電とは、スマートフォンやタブレット端末、パソコンなどインターネットに接続された端末から、LAN …

初めての一人暮らし:初期費用はいくら?

社会人になったり、大学生になったり、あるいはそのほかの事情で一人暮らしを始めることになる人が多い時期になってきました。 お部屋なんて、不動産屋さんに行けば借りられるや、って思っている人、多くありません …

絶対欲しい調理家電!シャープの電気無水鍋(ヘルシオホットクック)

近年、今までには無い調理家電が色々なメーカーから発売されるようになりました。 特にシャープから発売された「ヘルシオホットクック」は、注目を集める調理家電の1つです。ヘルシオホットクックの特徴や魅力を、 …

楽天モーションウィジェット