一泊二日の国内旅行で持っていくべき持ち物リスト

一泊の旅行だとそれほど荷物は多くなりませんが、忘れてはならないアイテムがあります。

スポンサーリンク

泊まりの国内旅行では必要なアイテム

充電器

まず必要なものは携帯電話の充電器です。

旅行先で1日中撮影をしたり、SNSに旅行の模様をアップロードしたりすれば、当然ながら電池の残量は減っていきます。

そのため、宿泊先で充電できるようにしておくことが大切です。

100円ショップなどで簡易的なものは売られているため、そういうものを用意しておくというのも1つのやり方としてあります。

コンタクトレンズ用品

コンタクトレンズをしている人は保存液や洗浄液、次の日に使うコンタクトレンズを持参する必要があります。

1日ぐらい同じものを使っていればいいやと思っていても、相当汚れておりかなり不衛生であることは明らかです。

できれば予備として2~3日分を用意しておけば確実であると言えます。

生理用品

女性であれば生理用品なども欠かすことはできません。

まだ周期的に必要ないと思っていても、周囲でそうなってしまった人が出る可能性や旅行先の環境の違いで早めに訪れることも考えられます。

いずれにしても用意しておいて損はないアイテムです。

下着

下着なども欠かせないアイテムとなります。

1日歩いていると汗などで下着は汚れがちです。

それを翌日もつけるのは衛生上も良くなく、気分的にもいいものではありません。

特に温泉などに入る場合は身も心もリフレッシュさせるという意味で必要です。

保険証

最後に保険証、そのコピーです。

旅行先で体調を崩す可能性というのは十分にあり、国内とはいえ、近くに薬局がなかったり、営業が終わっていたりして体調が悪い中、ひたすら耐えることも考えられます。

常備薬を持っていくことも必要ですが、念のため保険証などを持っていき、医師に診てもらうというのが無難です。

案外忘れてしまう持ち物

シャンプーやリンス

意外と盲点になりやすいのがシャンプーやリンスなどです。

国内旅行をする際、たいていの場合は旅行先に置いてありますが、普段使っているものとは違うもの、安いものが置いてあることがよくあります。

すると、普段はちゃんとした高いシャンプーやリンスを使っているという場合には髪の毛に若干の影響、違和感を感じることになるため、事前に用意しておくとそうしたことを感じずに旅行を楽しむことができるため、持ち物として忘れないようにしておきたいアイテムです。

ポケットティッシュやウエットティッシュ

次にポケットティッシュやウエットティッシュです。

口を拭く、手を拭くなどの時に使うだけでなく、トイレに立ち寄った際、紙がなかったという場合にも対応することができ、アルコールを含んだものであれば便座を拭くことで衛生面の対応をすることが可能です。

これらも案外忘れてしまったり、出先で購入すればいいやと思ったりしてしまうため、事前に用意しておくことが大切であり、購入することができないこともあるため、忘れないうちに購入することをおすすめします。

ETCカードやマイレージカード

そして、車移動や飛行機移動を伴う場合にはETCカードやマイレージカードが必要ですが、これを忘れてしまう人が結構います。

そのため、せっかくマイルが貯まったのにそれをみすみす逃すケースやETCカードがないばっかりに交通費が多少かかる形になったりすることもあります。

持ち物としては地味ですが、お財布に直結する重要な持ち物であることに変わりはなく、ぜひとも用意しておきたいアイテムです。

これらのものをばっちりと用意しておけば旅先で困ることもなくなります。

持っていたらより楽しめる持ち物

カメラ

最近ではスマートフォンでも撮影ができますが、それとは別にカメラを持参することをおすすめします。

これなら、電池切れで撮影できない、撮影したものを確認したいのにできないなどのこともなく、スマートフォンの電池を必要以上に使わず、それでいてクリアな写真を撮影することが可能です。

最近では国内旅行の風景をSNSに上げる人が増えており、今回の旅を紹介しながら、それを見た人と交流を深めていくということもできるため、カメラを持ち物として持参することをおすすめします。

観光用バッグ

次に、観光用のバッグです。

すべての荷物を入れるバッグとは別に、観光地などを巡る際に用いるバッグを持っておくと、わざわざ重たいバッグを持ちながら観光地を巡る必要もなくなるため、便利です。

また、貴重品を持ち歩くという時にもこうしたバッグは大変重宝します。

最近では肩から掛けるショルダーバッグのようなものが人気を集めており、大きな荷物はロッカーに預けたり、先にホテルに持っていったりし、出かけるときには小さなバッグを抱えて出かければ、荷物になりません。

地図やガイドブック

意外と便利なのが地図やガイドブックです。

スマートフォンでチェックすることもできますが、いきなり現在地を示されてもどこに何があるのかわからず、結局近くの人に聞くことになってしまいます。

地図やガイドブックがあれば、大体の位置や目印がわかるため、それを見るだけで移動することができるだけでなく、名物や名産品が売っているお店の場所なども細かく乗っているため、とても便利です。

特定の観光地に行く場合には観光ガイドなどを用意して旅行に出かけるのがおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-

関連記事

トルコ旅行のおすすめ観光スポット

海外旅行で楽しめる国は世界中にたくさんあります。 そしてその中には、あまり日本人にとっては馴染みのない国も多く、穴場スポットと言っても良い国も多くあります。 トルコは、そんな穴場と言って良いおすすめの …

夏の風物詩「道新納涼花火大会」を楽しむポイント

道新納涼花火大会というのは、札幌に本社を置く北海道新聞(道新)が主催する花火大会の事です。

初詣にもおすすめな「浅草寺」の歴史

浅草寺は、台東区浅草にある東京都内最古といわれるお寺です。 観音菩薩を本尊とすることから、浅草の菩薩さまとして多くの方から親しまれているようです。また江戸三十三箇所観音霊場では、一番目の礼所でもあるそ …

知識が広がる!国立近現代建築資料館の魅力とは?

都内の知識が広がる観光スポットで今、注目を集める国立近現代建築資料館は、主に日本の近現代建築に関する資料の劣化や海外流出を防ぐことを目的にして設立されました。

石川県のおすすめ旅行スポット

石川県は、北陸地方にある都道府県の一つで、日本海に面しています。 そんな石川県のおすすめスポットを、いくつかご紹介いたします。 スポンサーリンク 石川へ行くなら、ここがおススメ! 多彩な魅力あるスポッ …

楽天モーションウィジェット