二泊三日の国内旅行で持っていくべき持ち物リスト


国内旅行をするにあたり、これだけは忘れたら話にならないという持ち物がいくつかあります。

スポンサーリンク

国内旅行で絶対に欠かせない持ち物

免許証

まずは免許証です。

免許証がない人は身分証明書が必要になります。

レンタカーを借りる場合など免許証がないだけで借りることができず、旅行の計画が台無しになることが度々あり、注意が必要です。

レンタカーを借りる予定がある人は必ず免許証が財布などに入っているかどうかを確認することが求められ、絶対に忘れないようにしなければなりません。

現金とクレジットカード

次に現金あるいはクレジットカードです。

そんなもんを忘れるわけがないという人もいますが、最近では電子マネーに頼り切りで、現金を持たないという人が結構いるため、旅行先で電子マネーが使えなかった、クレジットカードが使えなかったということは意外とあります。

そうなってからでは遅いため、ある程度の現金を用意すること、そして、クレジットカードも大手のところのものを用意し、ちゃんと使えるかを確認することが大切です。

着替え

また、二泊三日の国内旅行ということもあり、着替えなども当然必要です。

圧縮袋などで圧縮できる着替えを圧縮しておけば、そこまでの幅を取らずに用意を済ませることが可能です。

そして、下着やパジャマを用意すれば少なくとも旅行先で困ることにはなりません。

歯ブラシや髭剃り

身支度をするものとして、歯ブラシや髭剃りなども必要です。

特に髭剃りは旅行先だと刃の枚数が少なく、下手をすれば肌を切ってしまう恐れがあります。

そうなるのを防ぐために、普段使っている髭剃りを持参し、髭剃り用のクリームを用意しておくことで身だしなみもしっかりと整えることができます。

ついつい忘れてしまう持ち物

常備薬

二泊三日の旅行で忘れがちなのは薬の類です。

何かあったら現地で買えばいいやと思ってあえて用意しない人や、ついつい忘れてしまう人など様々ですが、旅行する場所によっては薬局がなく、遠くまで行かなきゃ置いていないようなケース、わざわざホテルにお願いして用意してもらうケースなどが考えられ、迷惑をかけることになります。

また普段飲んでいる薬などを忘れれば取り返しのつかないことにもなってしまうため、最低限の常備薬などを用意することが必要です。

保険証

次に健康保険証です。

現地で体調が悪くなることは決して珍しいことではありません。

すると、保険がきかない状態で受診し、10割負担という形になり、せっかくお土産代などに使うはずだったお金を医療費に使ってしまうということが起きてしまいます。

そのあとの返還の作業なども面倒となるため、少なくとも健康保険証のコピーなどを用意しておくことが必要です。

それだけで本来の負担割合で受診できるため、念のために用意しておくことが求められます。

充電ケーブル

忘れて後悔しがちなのは携帯電話の充電ケーブルです。

充電ケーブルはコンビニなどでも売っていますが、それだけで1000円以上をし、余計な出費になります。

最近では100円ショップでも販売されていますが、旅行先で100円ショップがあればいいものの、温泉街などではまずそうしたお店はありません。

とはいえ、今ある充電だけで粘るというのは不可能に近く、まして二泊三日ではきついです。

充電ケーブルをホテル側が用意しているケースも場合によってはありますが、基本的には用意していないというのを想定し、荷物として用意することが求められます。

持ってたら何かと便利な持ち物

携帯ゲーム機

あると便利な持ち物として、携帯ゲーム機があります。

旅行先の風景に飽きるということはないものの、さすがに二泊三日となると、ホテルからの景色に飽きてしまう、料理が出るまでの時間が多少長いということが出てくるため、そうした隙間の時間を埋めるために携帯ゲーム機を用意しておけば、暇つぶしにもなり、家族で出かける場合には子供を集中させることも可能です。

自撮り棒

次に自撮り棒です。

最近多くの人が持っていますが、手を伸ばして自分で自分を撮影する、もしくは数人で撮影するのは意外と難しいものです。

これがあれば画面を見ながら撮影でき、手元のリモコンでシャッターを押せば簡単に撮影ができます。

絶景が広がる観光地でも素晴らしいアングルの写真が撮れるようになるため、おすすめです。

日焼け防止グッズや虫よけスプレー

夏などはサングラスや虫よけスプレーなどが便利です。

サングラスは直射日光から守ることができるだけでなく、雰囲気を高めることができます。

虫よけスプレーは外に出かける場合や山の近くのホテルに宿泊する際に効果的です。

ほかにも帽子や日焼け止めなど、あまり日焼けをしたくない、紫外線の影響を受けたくないという場合にはそれぞれ用意することになります。

筆記用具

最後に筆記用具です。

メモ帳などを用意したり、色鉛筆やペンなどを持参し、目の前の風景を模写する、もしくは記録として書き留める時に使うことができます。

携帯電話のメモ機能だけでは意外と忘れてしまうものであり、実際に書くことで忘れにくくなり、旅の記憶を長く留めておくことができるため、おすすめです。

家族連れの場合は絵日記のような感覚でやってみるというのも1つの手です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-

関連記事

大山まきばみるくの里で人気の体験とは?

大山まきばみるくの里は、鳥取県西部の西伯郡に位置しています。 牧場の裏には、「伯耆富士」の名前で親しまれる中国地方最高峰標高1,729mを擁する大山が聳え立ちます。

心穏やかに。神社仏閣巡りのすすめ

休日に神社や寺院を訪れるのも楽しいものです。 心の平穏や安息を得ることも出来ますね。 最近では神社仏閣を巡るツアーが開催されることもあり、密かなブームとなってます。 仏像を愛する人が時々メディアで紹介 …

インド旅行のおすすめ観光スポット

海外旅行に行くと、やはり行きたいのがその国の世界遺産ですが、インドはなんと32もの世界遺産が存在しています。

アナーバー(アメリカ・ミシガン州)のおすすめ観光スポット

ミシガン州アナーバーは、外国からわざわざ観光で訪れるタイプの街ではありませんが、アメリカ人が住んでみたいと憧れるような、小さなオシャレな街です。

手ぶらでOK!九十九里浜シーサイドオートキャンプ場で楽しもう

屋外でするバーベキューは室内で食べるものよりも美味しく感じられるものですが、問題は機材がないと楽しむことができないということです。 アウトドア好きの人でもなければ、バーベキューセットを持っているという …

楽天モーションウィジェット