国内旅行用バッグの選び方

国内旅行と一口に言っても、いろいろなタイプがあります。行き先や目的に応じて、必要なバッグを選びましょう。

スポンサーリンク

楽し旅行を、もっと快適に!バッグの選び方

シーン別の選び方

選び方のポイントは、どんな所に、だれと行くかという点です。たとえばビーチに出かける場合なら、防水加工が施されている丈夫なバッグが良いでしょう。防水加工が施されているなら、海水に濡れても安心です。砂が入らないように、ファスナーがついているタイプが向いています。ビーチは防犯対策が万全でないこともあるため、鍵がついているバッグが理想的です。

子供を連れての国内旅行の場合はどうでしょうか。荷物がたっぷり入る大容量のバッグが必要です。万が一子供が寝ても、抱っこできるように両手が自由に使えるものが良いでしょう。ショルダータイプやリュックタイプなら、両手を自由に使うことができます。

ハイキングやトレッキングなどの戸外活動をする予定があるなら、当然リュックタイプが向いています。ホテルに余分な荷物を置いて活動するはずですが、それでも軽量なバッグを選ぶなら疲れません。山の天候は変わりやすいため、突然の雨でも対応できるような、防水加工のものだと安心です。荷物が濡れることもありません。

国内旅行であっても、かなりの距離を歩きます。選び方によって旅行が楽にもなれば、疲労が増すこともあります。どんなシーンであっても、軽量で持ちやすいものを選びましょう。

当然ながら、予算にあったものを選ぶ必要もありますから、使う頻度と予算を考慮に入れます。さらに国内旅行だけでなく、普段でも使えそうなものを選ぶなら、合理的です。

デザインだけで選ばないようにも、注意しましょう。

バッグの種類

国内旅行向けのバッグは、意外なほど種類が豊富です。昔からあるボストン型やリュック、ショルダー型はおなじみです。それ以外にもキャリータイプや箱型もあります。交通手段によっても、選び方は違ってきます。たとえば歩く距離が多いと、キャリータイプの方が楽です。

航空会社によっては、機内持ち込みの荷物の大きさに厳しい制限があります。預ける場合、余分の料金が発生すれば、安い航空券を買ったのに結局が高くつくことも避けられません。大きさが規定内かどうかよく確認しましょう。

旅行での楽しみの一つは、買い物です。買い物したお土産も、十分に入る容量のバッグを選ぶことは大切です。荷物は二つ以上になると、忘れやすくなります。できるだけ一つにまとめられるようにしましょう。万が一お土産が入らないときのために、折りたたみバッグを持っておくと重宝します。

荷物はまとめると、意外にたくさんあることに驚くかもしれません。荷物は少ない方が楽なので、最小限にした方が、疲れません。重いバッグを抱えながらの旅行は、大変であり疲労は倍増することもあります。

手入れのしやすさも選び方のポイントです。

旅行から帰ってくると、かなり汚れています。汚れていないように見えても、手入れしないでそのままにしておくと、シミになることもあります。帰ってきたらすぐに掃除をしましょう。水洗いできれば、徹底的にきれいになります。丸洗いできない場合は、濡れたタオルでよく拭きましょう。

水分が残っていると、金具部分が錆びつくことがあります。仕上げに乾燥したタオルで水分を徹底的に除くことが大切です。

まとめ

どんなバッグで旅行するかは、旅の満足度さえも左右します。持ちにくくて、重いバッグを引きずりながらの旅行は、疲れるに違いありません。反対に軽量で持ちやすいなら、快適に旅行が楽しめます。どのくらいの大きさのバッグを選べばよいか、わからないことがあるかもしれません。まず、着替えなどの荷物を全て揃えましょう。それらを手持ちの袋に入れます。大体の量がわかるでしょう。

体重計ではかるなら、重さもわかります。国内旅行の荷物は少ない方が良いため、必要最低限のものだけをパッキングしましょう。

たとえばタオルや歯ブラシは、ホテルに備え付けられています。数日なら、普段のものでなくても問題ありません。心配しすぎると、荷物はどんどん増えてしまいます。万が一必要が生じたなら現地で購入すれば、解決します。

反対に荷物を少量にしようと極端に走ると、不便も生じます。たとえば替え用の靴下や下着などは、ある程度必要です。洗濯しても乾かないこともあり、疲れて洗濯できないこともあり得ます。荷物を減らそうと、少ししか持っていかないと着替えがなくて、困ることにもなりかねません。

どんなバッグを選ぶかは、旅行の日程、行き先と関係しています。自分の体力も、欠かせない要素です。当然ながら機能性だけでなく、デザインも重視したいに違いありません。

素敵なデザインやカラーは一層楽しくなります。価格の安さだけでも決めないようにしましょう。値段が高ければ良いわけではありませんが、安すぎると品質が心配です。

バッグも、持ち主と一緒に旅行するわけですから、丈夫な品質のものを選びましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-,

関連記事

ペルー旅行のおすすめ観光スポット

海外旅行に行ったら、日常では感じることができない多くの感動を体験することができます。 ペルーには、数々の世界遺産や他では見られないものを見ることができる魅力的な場所です。 そんなペルーには、魅力あふれ …

サンタフェ(アメリカ・ニューメキシコ州)のおすすめ観光スポット

サンタフェは、アメリカ合衆国のニューメキシコ州北部に位置し、1607年に創設された古く長い歴史を誇る都市です。

アメリカ・ユタ州のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国西部にあるユタ州は、とても自然が豊かな場所です。そのため、昨今、日本人の観光客が急増している場所でもあります。

岩手県のおすすめ温泉地3選

東北らしさを満喫できる岩手県は、北海道に次ぐ国内2番目の広さを誇っています。 旅行では、雄大な自然や岩手県ならではのグルメ、心を揺さぶられるような景勝地があり、思い出に残るような体験ができる観光地や、 …

夏休みに家族で旅行したい鹿児島県のおすすめスポット3選

九州最南端に位置する鹿児島県は気候が温暖で、自然が豊かな場所です。 キャンプ場や温泉などが楽しめるスポットや、活火山である桜島を間近で見ることができる公園もあります。 夏休みに家族旅行を計画されている …

楽天モーションウィジェット