成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「公認スポーツ指導者」

公認スポーツ指導者という言葉をご存知ですか。

これは、公認スポーツ指導者制度という制度があるのですが、それに基づいて資格認定された指導者の事を指します。スポーツの「医学そして化学」の知識を生かして指導していきます。

スポンサーリンク

公認スポーツ指導者という資格について

スポーツは安全にそして正しく、楽しくというモットーで、人々にスポーツの本質を伝えていくというのが、この指導者の主な目的ということになります。

スポーツが好きで、教えるのも見るのも好きだという方もいると思いますが、それらの知識や経験を生かして指導にあたるというのは、今後のスポーツ界の発展の意味でも、そしてスポーツの医学や科学を発展することに繋がるというでも、この仕事は重要な役割を持っているのです。

また、資格を取得したからといってそれで終わりではなく、スポーツというのは、日進月歩、常に進化していくものであり、スポーツに関する最新の情報を得なければなりません。そのためには、常に資格取得後も自分でスポーツに関する事項もそうですが、自分の体自身をも鍛錬し、トレーニングを積み重ねていくことが必要になってきます。

研修などが義務付けられてるのも、そのためなのです。スポーツを指導していき、幅広い知識を得ることによって、さらに指導の活動も広がってくるといえます。このようにスポーツ全般に関して知識を持ち、そして自分も常に研鑽していく、それが公認スポーツ指導者ということになります。

スポーツをする事が大好きで、人と接するのが好きな人には、うってつけの仕事だと思います。毎日スポーツの事を考え、体を動かすことが出来るのです。

スポーツの知識以外にもしっかりと身につける

学校などでも、クラブやスポーツを学べるところは沢山ありますが、それだけではなく、社会人になってからでもスポーツグループやサークルなどもありますので、スポーツは年齢問わず、いつの時代でもどこでも行われているのです。

ただ、そこではきちんとしたスポーツの指導に当たっている人、もしくはそれらの知識を持っている人というのは限られてきます。公認スポーツ指導者は、そういう正式に認定されたスポーツを指導する方や、指導者になっている方のための資格なのです。

スポーツといっても、様々です。体育館や公共施設の中で行うものや、グラウンドを使って行うものなどもありますし、またそれだけではありません。健康や体力作りなどに実技指導したり、スポーツプログラムを提供することによって、指導していくといった具合に、スポーツ以外にも様々な健康関連の運動と、関わってくるものも、この公認スポーツ指導者の役割でもあります。

また子供たちがスポーツを通じて、心身ともに成長していくための大きなかけ橋なるためにも、この公認スポーツ指導者の持つ役割で、それはとても大きいものだといえるでしょう。

またスポーツの医学や科学の知識を持つということから、メンタル面やスポーツをしていくにあたり、栄養や食事に関する専門的な知識などもつけていかなければなりません。また、こうした知識をこれからスポーツする人たちにきちんと指導していかなければならないのも、このスポーツ指導者の仕事でもあります。

特に子供たちの場合は、体を鍛えるだけでなく、精神面も鍛えていかなければなりませんので、スポーツ指導者は体を鍛えるだけでなく、栄養面や精神面などもしっかりとした知識を持っていかなければならないのです。

ますますこれからに注目されていく資格

公認スポーツ指導者の役割は非常に大きく、スポーツリーダーとして指導していくのをはじめとして、地域のスポーツクラブなどの指導員や、または競技レベルに合った指導していく上級指導員、もしくは競技者の育成のために指導していくというコーチなども、この中に含まれてきます。

また大きな目で見ると、学校の体育の先生などもこの中にも入ってきますし、ある程度年齢を重ねた方々に指導していくために、きちんとしたプログラミングを作っていくためのスポーツプログラマーも、この公認スポーツ指導者の中の一つです。

これは単に、スポーツをするというだけでなく、その人のニーズやその人のレベルに合わせて、きちんとしたサポートや指導をし、その知識を与えて、成長を見届けていくのもいくこともこの仕事の一つなのです。

日頃から体を鍛え、スポーツに対する知識を身につけながら、なお医学や科学の知識も身につけることにより、それをスポーツと関連づけて適切に指導していくのです。こういったことを一つ一つ確実に行なっていくのも、公認スポーツ指導者の大きな役割といえるのです。

資格を取ればそれで終わりというわけではなく、資格を取ってからがスタートです。一つの競技だけでなく、幅広くスポーツという分野を広げていく意味でも、客観的にスポーツ全般をとらえ、スポーツ界の発展に導いていくための指導が期待されているのです。

これからの公認スポーツ指導者の活動により、指針が鍛えられ、子供たちのさらなる成長を見守ることができるでしょう。

それらの期待を、一身に背負い責務を果たしていくのが、この資格の大きな意味を持つのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 公的資格
-, ,

関連記事

事務職に向いている人、向いていない人の特徴は?

「事務職」というと、女性に人気な職種な印象があります。 ただ、事務職と言っても、誰にだってできる仕事なわけではありません。 どんな人が、事務職に向いている人なのか、逆にどういった人は向いていないのか。 …

心も一緒に育てる!植物に携わる資格「森林インストラクター」

都会の喧騒な世界から離れて、自然の世界に触れる事が出来ると、本当に心も体ものびのびできることは、皆さん感じていますよね。 森林浴とも言われていますように、森林の中で空気を吸うことは、心も体もリフレッシ …

食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「フードアナリスト検定」

飲食業界で働いている人に向いているのが、フードアナリスト検定です。レストランの料理や店舗の雰囲気などを、言葉にして評価分析できる力が身につきます。 初心者レベルの4級からプロレベルの1級の資格まである …

医療系の資格:調剤報酬請求事務専門士

調剤事務の仕事を目指す場合、調剤報酬請求事務専門士を取得していることで、専門知識があることをアピールできます。

将来的に独立ができる国家資格:公認会計士

一時期は就職氷河期と呼ばれるほど公認会計士の就職状況が悪かったのですが、業務の幅の拡大や財務会計など専門知識の重要性などから、現在では人手不足に変わって売り手市場になっています。 そのため、公認会計士 …

楽天モーションウィジェット