傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:高齢者施設ミュージックセラピスト

音楽療法は、ストレス解消や集中力アップなどのほかにも認知症の予防など様々な効果をもたらします。

これからの高齢化社会に高齢者施設ミュージックセラピストの存在は、大きな力になることでしょう。

この機会に、資格取得を考えるのもおすすめです。

スポンサーリンク

高齢者施設ミュージックセラピストとは

高齢者施設ミュージックセラピストの仕事は、音楽を通して高齢者施設における人々の心のケアを行い元気づけることです。

音楽には人の心を癒やす効果があります。
その音楽の持つ様々な特徴を活かし、あらゆるスキルを駆使して高齢者施設にいる人たちの精神的な面をサポートする仕事です。

この資格は、音楽に関する豊富なテクニックだけでなく幅広い臨床経験により高齢者の心にアプローチする必要があります。

そのため、歌やトーク、お芝居、ダンス、ミュージカル、コンサートなどあらゆる分野のノウハウを持ち、高い音楽センスとセラピストとしてのスキルを身につけていることが大切です。

高齢者施設ミュージックセラピストの資格は、高齢化が進む現在において今後ますます需要が高まる資格といえます。

介護職に就いている人などは、取得しておくと便利な資格だといえるでしょう。

これから医療関係や介護職への就職を考えている人にとっても、自己アピールに効果があるといえます。

音楽を自在に操る技術が習得でき、人の心を癒やす素晴らしい仕事が高齢者施設ミュージックセラピストなのです。

高齢者施設ミュージックセラピストの資格取得の方法

高齢者施設ミュージックセラピストの受験資格は、銀座音楽エンターテイナー養成スクールの開講している口座を終る要する必要があります。

「アドバイザークラス」、もしくは「プロフェッショナルクラス」の所定カリキュラムを受講し、プログラミングや演出の方法、音楽を取り入れたセラピーの技術を習得します。

その後、修了試験を受験し合格すれば資格取得をすることが可能です。

修了試験は、第1週目の日曜日におこなわれるので仕事をしている人でも安心して受験することができるでしょう。

対象講座の募集時期は、4、7、10、1月と複数回の募集があるので自分の都合に合わせて受講することができます。

この資格は、臨床心理士などのように大学で所定の専門課程を取得することがいらないから、心理学は全く初めてという人でも資格取得できることが便利な点です。

医療機関や介護施設などで高齢者を対象に扱っている施設では、音楽療法を取り入れているところも多くこれから需要が高まる資格だといえます。

素敵な音楽で高齢者の心を癒やす仕事は、やりがいを持って続けられる仕事となるでしょう。

ミュージックセラピーとは

ギリシャの哲学者であるアリストテレスが、「情緒のカタルシスに音楽が有効である」といったように音楽は、人の心を癒やしてくれる効果があります。

ストレス社会といわれる現在においてミュージックセラピーの注目は高まっています。

音楽には、リラックスをもたらすだけでなく免疫力を高めたり認知症を予防する効果も期待されています。

これら幅広い音楽の持つ効能を高齢者施設などでうまく取り入れ、日常の生活をサポートすることが高齢者施設ミュージックセラピストの役割なのです。

医療現場においては、手術などの緊張をほぐす目的や治療の痛みや苦痛を和らげる効果、精神の安定やアルツハイマー病、てんかん、パーキンソン病などにも効果が期待される療法です。

ミュージックセラピーを用いたアルツハイマー病に関する研究報告では、モーツアルトの音楽を聴いたアルツハイマー患者の記憶力テストのスコアが目覚ましく伸びたとされています。

また、音楽を聴くだけでなく踊ったり歌ったりすることで活力が取り戻され、日常生活に活気を生むことができるのです。

日常生活でも使えるミュージックセラピー

医療機関や高齢者施設などで利用されているミュージックセラピーですが、日常生活でも活用することができます。
在宅の高齢者などにも利用することができるので便利です。

ミュージックセラピーでは、音楽を聴くことで脳にエンドルフィンを分泌させることができ痛みなどの緩和をもたらします。
年配の方の背中や腰の痛みの改善に利用することが可能です。

ウォーキングやジョギングなどの際に音楽を聴くことで、精神的な苦痛や疲れを癒やしてくれる効果が期待できます。
穏やかな音楽を聴くことにより、深い睡眠を得ることができ寝不足などの解消につながります。

音楽の種類によっては、副交感神経を高めてくれる音楽がありうつ病などの症状の緩和を行うことが可能です。

また、クラシック音楽などの中には、集中力を高めてくれるものもあります。
モーツアルトの曲には、ダイエット効果も期待できるという報告もあり肥満体質の年配者にとっては利用する価値があるでしょう。

音楽は、様々な局面から人間の健康や精神をサポートしてくれます。
高齢者施設において、このようなサポートをより専門的に支えていくのが高齢者施設ミュージックセラピストだといえます。

最後に

高齢者の増加が増すまず高まっていく現在において、高齢者施設におけるメンタルヘルスケアは大切なポイントです。
ミュージックセラピストとしての専門的な知識を活かし高齢者の生活を支える高齢者施設ミュージックセラピストの資格は、今後ますます注目されるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格

関連記事

医療系の資格:歯科医師になるには

歯科医師とは、虫歯や歯周病などの症状で歯科に訪れた患者さんの治療をおこなう医師のことを言います。 また、歯ならびを整えて歯の矯正を行ったり、歯のクリーニングやホワイトニングをおこなう歯科医師もいます。

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「作文・小論文検定」

日本語は、世界でも有数の難解な言語と言われています。同じ言葉でも、複数の言い回しがあります。 使い方を誤れば、別の意味にもとられかねません。

証券事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

事務の仕事の中でも、特に専門的な事務になると、意外と知名度が低いことが多いでしょう。 その中でも、あまり有名ではないのは証券事務です。事務の1つのジャンルとはいえ、あまり耳慣れない言葉ですよね。 どう …

パラリーガルはどんな仕事?未経験でも働ける?

パラリーガルの仕事は、主に法律事務所などで弁護士の指示に従い、法律業務を行い、弁護士をサポートする職業です。 法律事務は、人気の高い職業ですが専門性も高く、さまざまなスキルや柔軟な対応が求められること …

将来的に独立ができる国家資格「不動産鑑定士」

不動産鑑定士は、不動産を有効に利用するために適正な価値を鑑定し、不動産の価格を導く専門職です。 その業務範囲は広く、個人はもとより企業に対するアドバイスから公的評価まで行います。 さまざまな働き方が選 …

楽天モーションウィジェット