雇用形態いろいろ。アルバイト・パートとして働くメリット・デメリット

雇用形態の中でも、求人の数が多いアルバイト・パートは、働いてお金を稼ぐ時に、有効な選択肢となります。

そのメリット・デメリットをよく理解して、自分に最適な雇用形態を選ぶための、参考にしましょう。

多様な雇用形態がある現代社会では、その時に必要な条件を満たした働き方をするのがポイントです。

スポンサーリンク

自分の希望する場所と時間帯で働きやすい

アルバイト・パートの最大のメリットは、自分の希望する場所と時間帯で、働けることです。求人を出しているのは各店舗であり、転勤することなく、採用された職場で継続して勤められます。

正社員の雇用形態では、会社に貢献する人材として雇われるので、急な転勤や部署の異動があっても、原則的にその指示に従うしかありません。

アルバイト・パートは、自分にとって都合が良い条件で働けるから、学業を優先したい学生や、家庭を守っている主婦も多く活躍している雇用形態です。

ただし、人が集まりやすい時期には、すぐに勤務シフトが埋まってしまい、働きたくても働けない場合もあるので、複数の職場を掛け持ちするなどの工夫が求められます。

業種によって、繁忙期が異なるので、求人に応募する前にしっかり調べておき、必要な時に必要な分だけ働ける状態を維持しましょう。

空き時間を、そのままお金に換えられるので、収入アップを目的として、休日にダブルワークをする方もいます。飲食店などの一部の職場では、ランチタイムの数時間だけ働くといった、短時間勤務も可能です。

未経験でも比較的採用されやすい

基本的に、正社員の補助として働くアルバイト・パートは、指示に従って、与えられた作業をこなしていくケースが多いです。

要求される水準が、あまり高くないことから、未経験でも比較的採用されやすい雇用形態となっています。

アルバイト・パート用に、作業マニュアルを準備している店舗もあるので、初めての職場であっても、1週間ぐらいで一通りの仕事を覚えられるのです。

未経験でも、採用される確率が高いことは大きなメリットで、学生の職業体験としての活用や、憧れの業界へ入るための足掛かりにもできます。

アルバイトは、学生向け、パートは主婦などの社会人向けと区別されていますが、実際の仕事では同じ作業を行うのが一般的です。

アルバイト・パートと、セットの求人にするのが普通で、文面で詳しく説明しているから、熟読した上で応募しましょう。

正社員の仕事を見つけるまでの間、生活費を稼ぐ手段にしているケースも珍しくなく、現場では学生から中高年の方まで、幅広い年齢層が働いています。

人事異動や卒業で、人が動きやすい春先に求人が出やすいので、その時期に応募すると、よりスマートに条件が良い職場を探せます。

正社員に比べて雇用条件は見劣りがする

自分が希望した時間帯だけで働けて、働いた時間に応じた給与をもらえるアルバイト・パートですが、原則的に正社員よりも、雇用条件は見劣りがします。

正社員は、会社を長く支えていく人材ゆえ、手厚い福利厚生によって守られる反面、非正規は雇用の調整弁としての待遇です。自分が長く働きたい会社では、正社員になるのが有利だから、それぞれの長所を上手く使い分けましょう。

デメリットを正しく理解すれば、家計を助けるための一時的な共働きや、学生の一人暮らしの補助として役立てられます。

すぐに働けて、働いた分のお金を確実にもらえるから、その時の自分にとって、一番有利な職場に移ることも可能です。勤務時間が予め決まっているので、職場の人間関係について、割り切りやすい面もあります。

本業を別で持って、必要に応じて増減させる副業として扱えば、正社員より雇用条件が悪い点を、カバーできます。

自営業で働いている方が、閑散期に集中的に働く光景もよく見られ、まさに色々な生き方を受け止めてくれる雇用形態です。

非正規としての勤務は、基本的に職歴にはなりませんが、実務経験をアピールすることで高評価を得られます。

長期間働いてもスキルアップや昇給は難しい

会社の中で、アルバイト・パートが重要な仕事を任せられることは少なく、責任が重い部分は必ず正社員が担当しています。

したがって、長期間働いてもスキルアップにつながりにくく、ただ単純作業を繰り返してきただけとなりがちです。昇給としても、年次昇給や昇進で大幅にアップする正社員に比べて、ほぼ固定した時給のままというデメリットがあります。

誰が行っても勤まる作業をやらせているからこそ、未経験でもどんどん採用しているのです。

働きやすい代わりに、どれだけ頑張ろうとも、待遇の改善には結びつきにくいことを理解しておきましょう。

もっとも、役立つ人材として評価されれば、正社員登用によって正社員に昇格するパターンもあるので、それを狙うのも1つの考え方です。

将来どうするのかを常に考えながら、働くのが鉄則で、どこかの会社で安定した収入がある正社員として働くか、自分で事業を行うのが、当面の目標になります。

勤務先に便利に使われるのではなく、自分の人生設計を実現するために、短期的なお金稼ぎとして活用するのが理想です。

最後に

アルバイト・パートの雇用形態は、求人に応募するだけですぐに採用されて、自分の都合で自由に働けます。

しかし、正社員に比べて短期的な雇用としての待遇であるため、自分の夢をかなえるための一時的な働き方にするのが賢明です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, , , ,

  • asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]very couple of internet websites that happen to become comprehensive beneath, from our point of view are undoubtedly well really worth checking out[…]

  • Title

    […]please take a look at the web-sites we stick to, including this one particular, because it represents our picks in the web[…]

  • -->

    関連記事

    公務員になるための試験:刑務官

    刑務官は、刑務所や少年刑務所、拘置所などに収容されている人たちに対して、生活指導や職業訓練を行う仕事です。 施設管理、保安、警備なども行います。

    将来的に独立ができる国家資格「宅地建物取引士」

    宅地建物取引士は、不動産取引業務における専門家であり、不動産業務を行う事業所においては、5人に1人以上の割合で、この資格者を置くことが宅地建物取引業法において義務付けられています。

    外国語を学ぶ資格:中国語検定試験(中検)

    中国語検定試験は、一般財団法人日本中国語検定協会が主催している中国語に関する資格試験のことをいいます。 中国語の語学力を計る民間資格で、主催者である協会は1981年に創設された団体です。

    当たり前をきちんと知る!日本語の資格「実用日本語検定」

    実用日本語検定は、外国人の日本語の能力を客観的にはかるための検定試験です。受験者は、留学生や日本語学校の生徒が大半で、年間約7万人もの人数が受けています。 日本語をマスターするには、語彙、文法、文型、 …

    海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船橋当直3級海技士(航海)

    船橋当直3級海技士(航海)とは船舶のブリッジで運航の安全を確保するための資格です。 船舶の甲板の上にあるブリッジは船橋とも呼ばれます。 この資格の有資格者はブリッジで気象状況や視界、周囲の状況や障害物 …

    楽天モーションウィジェット