雇用形態いろいろ。契約社員として働くメリット・デメリット

雇用形態には、いろいろなものがあります。ここでは、契約社員として働くメリットとデメリットについて、解説していきます。

一般的には、契約社員の方が正社員のような雇用形態と比較すると、良くないイメージもありますが、決して良くないことばかりではありません。

スポンサーリンク

メリットその一、仕事がはっきりとしている

契約社員の場合は、仕事内容がはっきりとしている場合が多いので、自分のやりたい仕事が出来るというメリットがあります。そのため、技術や知識の習得や経験を得るという意味でも、大きなメリットということになるでしょう。

成果主義の時代では、技術や知識は最も大きな意味を持つことになりますから、自ら契約社員として働くことを選ぶ人も多くいます。

自分のやりたいことが出来るという意味でも、メリットということになるでしょう。仕事内容が明確ですから、自分の技術獲得という意味での、安心もあります。

成果主義の時代では、自分の技術がないことが最も不安なことです。技術があれば、当然成果を出しやすくなりますから、安心して働くことが出来るということにもなります。

そのため、ある程度以上の成果を出せる人にとっては、この契約社員の方が安心して働くことが出来るということもいえるでしょう。

実力がある人であれば、この雇用形態の方が、何かといいということがいえます。契約内容によって、仕事がかなり制約されるので、契約以外の仕事を押し付けられることがないということも、メリットです。

メリットその二、成果が出せば高い報酬も期待できる

成果を出せば、高い報酬も期待できるというのもメリットです。もちろん契約の内容にもよりますが、自分の高い成果を根拠として、高待遇を期待することも出来ます。

成果主義の時代ですから、成果が出せる人が、最も高い報酬を得るということになります。一見当たり前のことですが、これが正社員のような雇用形態だと、なかなかこうはいきません。

正社員は、評価を上司がするので、高い成果を出しても全く評価してもらえないこともあります。勤務態度が良くないなどに理由をつけられて、成果を低く評価されるようなこともよくあります。

ですが、契約社員の場合は、仕事の成果に対して、相応の報酬を得られる可能性が高いということになるでしょう。

ただし、契約の内容にもよりますが、高い技術を持っていて、高い成果を出せる人は、契約の段階で高い報酬が貰える契約になっているはずですから、これも当然のことということにはなるでしょう。

そして、次の契約は、さらに高い報酬や好待遇を期待することも、出来るようになります。

契約は、個々の社員に個別に行われているので、個々の待遇を変えても、全体に影響を及ぼすことがないので、高い報酬を得やすいのです。

デメリットその一、契約が切れで解雇される

契約社員として働いていると、契約が切れると解雇されます。解雇というよりは、契約切れということの方が正しいかもしれませんが、契約期間以降の収入が無くなる可能性があるということが短所です。

継続して、契約してもらえるかどうかは分かりませんから、雇用形態として不安定な形態ということになるでしょう。そのため、安心して働くことが出来にくいということにはなります。

ただ、どこにいっても働けるような、高い技術がある人にとっては、別に一つのところで契約が切れたからといって、別のところで働けると考えていますから、特に不安になる必要はないと考えてもいます。

不安であるからこそ、技術力の習得には前向きになって、技術を習得するということにもなりますから、この短所によって全てが否定されるというわけではありません。

もともと、日本には終身雇用という、今では考えられないような、安心して働くことが出来るかのようなシステムがあったので、こうしたものと比較すると、不安になるということになるのでしょう。

報酬が低いなどの待遇が良くないことが多い

契約社員として働くと、一般的に正社員と比較して、報酬が低いなどの待遇が良くないということがあります。ただ、一概に待遇が良くないと決めつける必要はありません。

むしろ、技術の習得期間に、習得したい技術の仕事に専念できるなどの、メリットがあるともいえます。一概に、報酬が低いことが短所ということは、言えないということです。

成果主義の現代では、成果を出せば高い報酬を得ることが出来ます。契約で、低い報酬の契約しか出来ていないということは、それだけの成果しか出していないことの証明でもあります。

成果が低ければ、当然報酬が低いのは当たり前のことで、これが短所となるのかというと、難しいところでしょう。

正社員と比較して、一般的に報酬が低いということで、短所のごとく考えられがちですが、正社員は単に作業だけをしているわけではなく、その作業の結果に対する責任などもあります。

契約社員の場合は、契約期間が過ぎれば、その会社にはいなくなるわけですから、作業の結果に対する責任なども負うことがありません。

そのため、同じ作業でも責任の感じ方から違うことになるので、報酬も低くなるわけです。

最後に

契約社員として働くことには、メリットもデメリットもあります。

ただ、契約の内容を個々にすることが出来るので、自分の報酬を自分で決めることが出来るシステムともいえますから、自分次第で契約内容をいろいろと変えられるシステムでもあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, , ,

関連記事

パラリーガルはどんな仕事?未経験でも働ける?

パラリーガルの仕事は、主に法律事務所などで弁護士の指示に従い、法律業務を行い、弁護士をサポートする職業です。 法律事務は、人気の高い職業ですが専門性も高く、さまざまなスキルや柔軟な対応が求められること …

女性に役立つ資格:マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

資格を持っているということが就職を有利にするということが少なからずあります。 このような効果を期待することができるケースとしては、持っている資格がこれからしようとしている仕事で必要とされているスキルで …

おもてなしの心が身につく!ホテル・ブライダルの資格「レストランサービス技能士」

「レストランサービス技能士」は、「(社)日本ホテル・レストランサービス技能協会」が実施する試験で、おもてなしの心が身に付く、厚生労働省が認定する国家資格になります。 ホテルのフード&ビバレッジといわれ …

外国語を学ぶ資格:TOEIC

海外で働くために必要な語学の資格といえばTOEICと誰もが口を揃えて言うほど、とても有名な資格です。

がっかり?役に立たない資格

何かを行う際に専門的な知識あるいは能力が必要となる場合、それを取り扱う事の出来る人間を有資格者と言います。 資格には様々な分類がありますが、最も分かりやすい分類として2つあります。 1つは、国家資格で …

楽天モーションウィジェット