雇用形態いろいろ。正社員として働くメリット・デメリット

様々な雇用形態がありますが、その中でも最も良しとされているのは、正社員です。

なぜそのように思われているのか、それはただの世間体だけではなく、待遇面においても様々なメリットがあるからです。

長期的に働くことを考えれば、そのメリットというのは、必要不可欠なものです。

スポンサーリンク

正社員と他の雇用形態の認識の違い

どのような雇用形態であったとしても、所属している会社の一員として、業務にあたるという点では同じです。ただ、違いとして言うならば、責任の重さでしょう。

アルバイトやパート、派遣社員は時給制なので、基本的にはどれだけの時間を働いたのかということが、重要になります。

社員たちではまかないきれない業務を、時間が許す限りサポートするという立場になるため、業務内容としても、さほど責任の重さを感じるようなものではありません。

それに対し、正社員は会社を運営している、管理側のもとで働いているという認識があるため、会社の発展や利益のために、業務にあたることを求められます。

ただ与えられた業務をこなすというだけではなく、どうすれば、より多くの利益を出すことができるのかということを意識しながら、働くことによって、努力が認められて昇給やボーナスなどにつながったりします。

どのような意識で仕事に取り組むのか、何を重視するのかということが、他の雇用形態とは大きく違うポイントとなります。

そのため、仕事のスキルだけではなく、人間力も育むことができます。

正社員と他の雇用形態の待遇の違い

アルバイトやパート、派遣社員は時給制での勤務が基本です。そのためシフトを組み、自分が都合がいい時間に働くことができます。しっかり働けば、正社員並みに稼ぐことが可能ですし、あまり働かなければ当然稼ぎも少なくなります。

こういった、自由度の高さが魅力的なのですが、注目すべきは福利厚生の待遇面です。働く上では、給料だけではなく交通費が出るのか、また家族手当などの様々な手当が、プラスされるのかというのはとても重要なポイントです。

しかし、こういった待遇面は、会社に属している社員に与えられるものであり、それ以外の雇用形態の人には、反映されないのが一般的です。

つまり、どんなに頑張って働いたとしてもボーナスは出ませんし、昇給したとしても、時給が50円や100円程度上がるくらいで、会社からの恩恵をあまり受けられません。

その点、正社員は努力次第で、どんどん昇給や昇格が可能ですし、会社が利益をあげれば、ボーナスをもらうことも期待できます。

雇用形態が違うというだけで、これだけの差が生まれるのは、やはり日頃の業務に、どれだけ責任があるかということでしょう。

安定を求めるならば正社員

一人暮らしなら、それほど安定を求める必要もなく、月々生活していけるだけの稼ぎがあれば、十分だと考える人も多いでしょう。しかし家庭を持つ人であれば、話は別です。

家族を養っていかなければなりませんし、将来のことを考えて、貯金も行わなければなりません。これらのことを考えると、月々安定した収入というのは必要不可欠となってくるのです。

正社員は月給制なので、万が一体調不良で休んでしまったとしても、給料が減額されるというようなことはありません。また、有給休暇を利用して、給料が発生しながらも休むことができるというメリットがあります。

それに対し、時給制の雇用形態で働いてしまうと、体調不良で休むことで、月の収入が変動し、予定よりも稼ぐことができなかったと、泣きを見る場合もあります。

人間なので、いつ何時何が起こるかは分かりません。自分だけではなく、家族の身に何か起こることも考えられます。

そういったことを考えると、やはり安定感というのはとても大切です。月々のお金を心配したくない、安定させたいと思うのであれば、時給制は選ぶべきではありません。

決して良いことばかりではない

正社員として働くことが、良い事尽くしなように思えますが、決してそうではありません。メリットがあるということは、その反面デメリットもあります。

まず、一番大きなデメリットというのは、仕事中心の生活になってしまうということでしょう。

結果を出すためにどうすればいいのかを、勤務時間外でも考えたり勉強をしたりすることが大切になってきますし、拘束時間が長くて、プライベートに時間をさくことがなかなかできないという人もいるでしょう。

つまり、仕事とプライベートとの時間の両立が、とても難しいのです。

頑張った分だけ、収入を得ることができる可能性があるというのは魅力的ですが、それとは引き換えに、時間を仕事に捧げなければなりません。

こういった理由から、なかなか恋人ができない、趣味に時間をさくことができないなどの、悩みを持つ人も多く、つい仕事を優先してしまって、いつまでも結婚ができないという人も多いのです。

何かを得るということは、何かを犠牲にしなくてはなりません。それを考えると、決して良いことばかりではないということが理解できます。

最後に

昔は、正社員で働くことだけをすすめる時代でしたが、今は少し違い、自分のライフスタイルに合わせて、雇用形態を選ぶということが大切です。

しかしそれは、今現在だけではなく、将来のことも考えた上で選ばなければならないということを、忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, , ,

関連記事

韓国語を通して学ぶ文化と歴史

私は韓国には仕事やプライベートで20回以上訪れているのですが、最初に韓国に興味を抱いたのは、ドラマからでした。 私はキムヒョンジュンが大好きで、「花より団子」「いたずらなkiss」などを何回も飽きずに …

パラリーガルの仕事に就きたい人におすすめの資格

パラリーガルの仕事では、法律関係の業務をアシストすることが、役目となってきますので、それらについての知識は、持っておいたほうが良いでしょう。 また、パラリーガルとしての能力自体を問う試験もあり、そちら …

持っておいて損はなし!IT系のおすすめ資格5選

IT系の資格というと難しいように感じるかもしれませんが、そんなことはありません。 きっちり勉強すれば、とても奥が深く楽しいものになります。 特に就職・転職を考える人の場合、IT系の資格があるとパソコン …

女性に役立つ資格:リテールマーケティング(販売士)検定

現在の流通業界を取り巻く環境は、少子高齢化やライフスタイルの変化をはじめ、情報技術の急速な進展、流通外貨の相次ぐ参入などで、急激かつ大きく変化しています。 このような状況のもとで必要とされているのが” …

心理カウンセラーになるには?

心理カウンセラーと呼ばれる仕事は、これまでは特別な資格を持たなければできないと言うものではありませんでした。 法的に国家資格が存在している分野ではなかったため、民間の資格を持っていることが心理カウンセ …

楽天モーションウィジェット