薬の仕組みや歴史を学べる!くすりミュージアムの見学


頭が痛くなったときは頭痛薬を飲み、お腹がゆるくなったときは下痢止めを服用し、風を引いたときには風邪薬を飲む、この日常生活にすっかりとけこんだ医薬品に関心を持ったことがありませんか?

なぜ医薬品が体に効果があるのか、なぜ病気や症状を和らげるのかなどなど、当たり前のように使い、服用すれば効果があるとわかっているのに薬のことはよく知らない、そんな方におすすめなのがくすりミュージアムです。

スポンサーリンク

くすりミュージアムで学ぼう、体と薬のしくみ

くすりミュージアムは、製薬メーカーの第一三共製薬本社にある企業博物館で、薬のことについて知ることができる施設です。

病気になったときに必ず利用する薬について、親子連れで学ぶのにうってつけでしょう。

多くの人が訪れる人気の施設で、近隣の方が訪れるだけでなく、旅行者や社会見学の学生の姿も見かけます。

充実した薬と身体の情報、メダルを使った体験型アトラクションが高い評価を集めており、個人旅行や社会見学でも利用されているのです。

施設内ではICチップ内臓のメダルを貸与されるので、このメダルを使ってミュージアムを移動していきます。

最初にすることはメダルの登録です。
1階の入館受付が終わったら、2階の受付けへ移動します。
そこで一人ずつメダルを受け取ったあと、薬のカプセル形をした機器でメダルを登録し、各コーナーを巡っていきます。

各コーナーにはLEDライトで光っているコントローラーがありますので、その上にメダルを置いてください。
メダルに反応すると、動画や解説が始まるという仕組みになっています。
また、動画や解説の途中には選択肢が表示されますので、メダルの縁にあるくぼみに指を乗せて左右に回し、中央の「薬」と書いてある部分を押して決定しましょう。

動画や解説が終わったら、メダルを持って次のコーナーへ移動します。
これを繰り返すことで、薬や身体について学べます。

コーナーごとにわかりやすく学べる

くすりミュージアム内には、コーナーごとに1~22までの番号が振られており、この順番に見学することで効率よく薬と体について学ぶことができます。

最初に見学してほしいのが、1階出入り口付近にあるライブラリです。
薬がどのように誕生するのか、各コーナーの情報や用語集などがデジタルデータで利用できるので、気になる情報があればここでチェックしましょう。

からだとくすりのコーナーでは、ミクロの体内世界へと出発して体の仕組みを学び、薬のターゲットでは薬の目的地をわかりやすく解説してくれます。
身体の模型を通して、薬の動きを視覚的に理解できます。

薬の吸収や分布、排泄や代謝などに加えて、薬の種類クイズ、対戦ゲームを通した薬の作用する仕組みを学べるため、小さなお子さんに嬉しいゲーム感覚といえます。

自然界に存在する薬の種について、様々な化学合成物から薬の種を見つけ出すスクリーニングシミュレーション体験、コンピューターを使ってヒット化合物を組みたてるドラッグデザインなどの最先端まで、幅広く体感できます。

薬は作っただけでは終わりません。
たった一粒のタブレットやカプセルに施された工夫や医薬品開発に必要不可欠な臨床試験、薬の製造工程をみるバーチャル製薬工場体験、より安全な薬を目指すための取り組み、紀元前から現在まで続く薬の開発や発見の歴史、薬や人体や製造など、様々な視点から学べる総合博物館です。

くすりミュージアムをじっくり見学すると90分ほどかかりますが、充実した内容に満足できます。

くすりミュージアムへのアクセスや開館日について

くすりミュージアムは東京都中央区日本橋本町にあり、入館料は無料です。

開館日時は火曜~日曜日と祝日・振替休日、午前10時~午後6時です。

休館日は月曜日と年末年始です。

近隣には駐車場が少ないため、公共交通機関を使って移動しましょう。

具体的には、地下鉄銀座線・半蔵門前「三越前駅」A10出口の階段の先にある室町三丁目南交差点を東へ移動し約230m先にあります。

またJR総武線快速「新日本橋駅」出入り口5から徒歩1分です。

最後に

くすりミュージアムは第一三共本社ビルの1階と2階を使用して、薬の歴史や体に及ぼす効果の仕組みなどを体験型アトラクションを通じて触れられる社会見学や旅行に向いた施設です。

医薬品の歴史をテーマにしているため、位置企業の枠を超えた普遍的な内容になっており、親子連れで社会見学してはどうでしょうか。

薬や身体にまつわる「なぜ」を説明してくれるこれ以上ない施設と言えるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

知識が広がる!家具の博物館の魅力とは?

家具は工芸品です。製作した人の工夫や思いが詰まった芸術品でありながら、生活の中で日々使用する実用品でもあります。 そんな家具をまとめてじっくり見ることのできる博物館が東京都の昭島市にあります。

花見をするならここがオススメ!「千鳥ヶ淵緑道」のみどころ

花見で有名な千鳥ヶ淵緑道のみどころでは、江戸城の遺構となる濠の景色も重要な存在です。

一泊二日の国内旅行で持っていくべき持ち物リスト

一泊の旅行だとそれほど荷物は多くなりませんが、忘れてはならないアイテムがあります。

トルコ旅行のおすすめ観光スポット

海外旅行で楽しめる国は世界中にたくさんあります。 そしてその中には、あまり日本人にとっては馴染みのない国も多く、穴場スポットと言っても良い国も多くあります。 トルコは、そんな穴場と言って良いおすすめの …

福島県のおすすめ旅行スポット

福島県は、東北地方の南部にあり、都内からの新幹線で90分と、週末にも行きやすい距離にあります。 そんな福島県のおすすめスポットを、いくつかご紹介いたします。

楽天モーションウィジェット