初心者におすすめ!取り入れやすいレイヤードスタイルとは?

ファッション雑誌でよく見かける「レイヤードスタイル」。

手持ちのアイテムを組み合わせて、コーディネートするレイヤードスタイルは、なんとなくお洒落上級者のイメージがありませんか?

チャレンジしてみたくても「着膨れしそう」「バランスが悪く見えそう」など、不安を持つ方も多いかと思います。

そこで、初心者でも真似できるレイヤードスタイルをまとめてみました。

スポンサーリンク

レイヤードスタイルとは

そもそも、レイヤードスタイルとはどのようなものなのでしょうか。レイヤードとは「積み重ねる」の意味で、いわゆる重ね着のことです。

ニットによるプルオーバーと、カーディガンの組み合わせから始まったと言われており、60年代後半あたりから流行し、今もなお流行が継続されています。

一般的には、長袖のTシャツの上に半袖のTシャツを着たり、透け感のあるアイテムを2枚重ねて透ける効果を狙ったり、色のグラデーションを楽しんだりと、同じアイテムを複数重ねて着るスタイルをレイヤードスタイルといいます。

また、ただ単に重ね着するのではなく、下に着ているアイテムが一部見える状態になって「層」になっていることが特徴です。防寒のためにインナーを中に着こむことではなく、アイテムの色合いやデザインのバランスを楽しみます。

色や柄、素材など、一見バラバラでも、組み合わせ方次第では妙にしっくり見えたりするものです。

組み合わせ次第では、個性的なコーディネートにもなり、オリジナルのファッションを楽しむことができます。

レイヤードといえば、上半身のコーディネートを思い浮かべる方が、ほとんどかと思いますが、最近はハーフパンツの下にレギンスを組み合わせるなど、ボトムスのお洒落に取り入れられることもあり、その組み合わせは流行と同時に広がり続けています。

1枚でさらっと着ても素敵だけれど、重ね着するだけで、無限の組み合わせの可能性を秘めているのが、レイヤードスタイルなのです。

春夏におすすめ!ビスチェを使ったコーディネート

暖かくなるとともに、重ね着する服の枚数が減ってくる春夏。そんな季節に初心者さんがレイヤードに挑戦するなら、ビスチェがおすすめです。

1枚だけでは、露出度が高くてなかなか着ることができないビスチェこそ、下に着るアイテムによって大きく印象を変えられるので、レイヤードスタイルを作るのに大活躍します。

コツはたった一つ、ビスチェのデザインと喧嘩しないインナーを選ぶことです。例えば、シンプルな無地のTシャツの上に、柄物のビスチェを着るだけで、トレンドのこなれ感あるレイヤードコーデを作ることができます。

可愛い印象に仕上げたいなら花柄、モードな印象ならレース柄、大人っぽく仕上げたい時はエスニック柄など、下に着るものをシンプルにすれば、簡単に柄で遊ぶことができます。

ビスチェが透け感のないしっかりとした素材のものなら、インナーは肌が少し見えるような、涼しげなアイテムを着るとよいでしょう。

また、上級テクニックとしては、ワンピースの上にさらっと着るのもおすすめです。1枚では、コーデ全体のバランスを取るのが難しい長めの丈のワンピースも、ビスチェを重ねることで目線を上に持っていくことができ、スタイル良く見せることができます。

もちろん、服の上に重ねて着るだけでなく、ビスチェ自体をインナーとして着て、アウターで調節するコーデも可愛いですね。

肌見せと、トレンド感を両方演出できて一石二鳥なビスチェ。あなたも是非、取り入れてみませんか?

秋冬におすすめ!タートルネックを使ったコーディネート

ヘルシーに肌見せする季節である春夏と打って変わり、秋冬は「首つまり」トップスが流行します。

そんな肌寒くなってくる季節に、タートルネックのレイヤードコーデはいかがでしょうか?組み合わせとしては、断然ニットがおすすめです。

秋冬コーデには欠かせないニットは、1枚で着るのはもちろん、シャツを中に着たりと着回しもしやすいですよね。インナーを変更するだけで、着回しのバリエーションをさらに増やすことができます。

基本的には、無地のアイテムが多いため、ロゴ入りや柄物と組み合わせることで、カジュアルに着こなすことが可能です。

また、首元で程よく顔をのぞかせることで、縦長感を生むため、今流行りの「縦のレイヤード」を簡単に実現することができますよ。

しかし、首詰まりアイテムには「太って見えそう」「上手く着こなせない」などと、ネガティブな印象を持つ方も多いのではないでしょうか。増してや重ね着なんて…と思う方も、いらっしゃるでしょう。

そこで、おすすめしたいのが「付け襟」です。今や、ニットやカーディガンの付属品として販売されていることも多く、実際に重ね着をせずともレイヤードスタイルが楽しめるアイテムとして、定着化されている付け襟ですが、なんとその進化版として「付けタートル」が注目されているのです。

ラインを崩さず、綺麗に着こなすことができる便利なアイテムなので、重ね着のモコモコ感が苦手な方は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

最後に

今やレイヤードスタイルは、自分自身の個性を発揮するための、コーディネートの一部として定着されつつあります。

若者たちのカジュアルスタイルは、ほとんどがレイヤードスタイルといっても、過言ではありません。

皆さんも枠にとらわれない、自由な組み合わせでおしゃれを楽しんでみませんか?

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , , , ,

関連記事

春のアウターはトレンチコート!飽きない着回し術「ワイドパンツと合わせる」

トレンドが続いているワイドパンツですが、スキニーパンツなどの細身のボトムスとは違って、全身のバランスを取るのが難しく。アウターに悩むところです。 しかし実は、ワイドパンツはポイントをおさえると、どんな …

トレンドカラー!レッドの小物を使ったコーディネート

トレンドカラーとして、人気急上昇中のレッド。 洋服にレッドを取り入れてみようかなとも思うけれど、「やっぱり洋服だとレッドの面積が大きすぎてちょっと・・・」という方が多いのも、事実です。 それなら、流行 …

万能アイテム!ボーダーカットソーの選び方:首元のパイピング

ボーダーカットソーには、さまざまなデザインがあり、ボーダーの幅や色の組み合わせ、生地の厚みなどの素材面の違いであったり、長袖や半袖などの袖の長さ、丸首やボートネックなどの襟ぐりの形などもあります。 襟 …

飽きないコートの着回し術:ノーカラートレンチでスッキリまとめる

数あるアウターの中でも、季節の変わり目に大活躍するのが、トレンチコートです。 オフィスシーンにもカジュアルシーン、デートコーデにも使える優れもののトレンチコートですが、近年の流行は、襟のないノーカラー …

飽きないコートの着回し術:セパレートタイプは服に合わせてノースリーブに

コートを使った着回し術として、2wayで着こなせるデザインのものを選ぶという方法があります。 1枚で着るとコート、ジャケット部分を取り外すと、ノースリーブのロングジレとして着こなせるセパレートタイプな …

楽天モーションウィジェット