好きを仕事に!グラフィックデザインを学んでできること


グラフィックデザインを学んでできること…といわれても、なかなかピンときませんよね。

グラフィックデザインとは何か、ということに対しても、漠然としている方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

グラフィックデザインって?意外と広い可能性

そもそもグラフィックデザインとは、とある問題を解決するために思考や概念の組み立てを行い、それを印刷によって大量に複製される情報伝達手段、と言われています。

具体的なもので表すと、代表的なものでいえば広告やポスター、雑誌などがあげられるほか、カタログ、CDジャケット、商品パッケージ、フライヤー、POP、企業ロゴ、WEBサイト、アパレルプリントなど、2D媒体のほぼすべてがそれにあてはまるといえるでしょう。

普段は意識していませんが、私たちを取り囲む多くのものがそれに当てはまるのです。

これらを制作する仕事に「グラフィックデザイナー」があげられますが、この仕事を志望する多くの方の動機は「モノ作りが好き」「絵を描くことが好き」というものです。

趣味の絵を描くことから、デザインの仕事に興味をもった、という方も少なくありません。

これはきっかけにすぎず、実際にモノを作るスキルがあれば、仕事としてやっていくことも可能です。

先述の通り、デザインで作れるものの可能性はたくさんあります。

つまり、趣味からの始まりでも、グラフィックデザインに関するスキルがあれば仕事として十分にやっていくことが可能なのです。

では一体、そのためにはどういったことをする必要があるのでしょうか。

グラフィックデザインに必要なスキルとは?

デザインをするのだから、絵が上手じゃないといけない…と思っていませんか?

もちろん、制作途中で相手にラフを見せたり、図で説明したり、上手に越したことはないかもしれません。

ですが、言わずもがな、昨今のデザインはすべて“Illustrator”など専門のソフトを使用して制作していくので、直接的な絵を使用することはあまりありません。

この時、自分で描いたアナログの絵を、ペンタブなどを用いてIllustratorに取り込むことも可能なので、描くことが得意な方はもちろん仕事に活かしていくのがよいでしょう。

ですがそれよりも、制作できる作品の幅を広げることが重要です。

グラフィックデザインはあらゆるものを作るお仕事になるので、自分の得意なものだけでなく、それ以外のものも作れるようにしておけることが得策です。

例えばフライヤーを作ることが得意でも、ロゴを作ることが苦手となると、そういったお仕事の話があがったときに機会を逃す、つまり収入のチャンスが減ることになります。

また、デザインをビジネスで活かすとなると、自分のセンスに合わせて相手の要望を取り入れて表すことも必要になってきます。

デザイナーは、そのデザインを通して何を目的にしたいか、問題を解決しながら制作しないといけません。

たとえば、1つのポスターをユーザーに見てもらう時に、商品の購入を目的にしたいのか?それとも単なる認知を目的としたいのか?というようなことです。

デザインのお仕事はクライアントからいただくことがほとんどですから、自分がかっこいいと思うセンスに合わせて、相手にとってメリットのあるゴールを導きながら制作していく、ということが大切になってきます。

いざ仕事へ…学んだスキルの活かし方

では、そのようにして得たグラフィックデザインのスキル、ビジネスにはどうやってつながっていくのでしょうか。

一般的にグラフィックデザイナーは、デザイン関係のプロダクションや下請けの制作会社に所属し、クライアントから案件をもらって仕事をしていくことがほとんどです。

仕事にしたければ、こういった事業や事務所を狙って求職活動をしていくのが王道です。

また、広告代理店や各メーカーなどでは、部署単位で企業デザイナーがいることもしばしばですから、外部企業からの転職はもちろん、社内での別部署からのキャリアチェンジという方法もありでしょう。

また、広報や商品企画関連の仕事に携わっている方の場合は、このスキルがあることによって外部に依頼せず自己制作を進められるため、仕事の幅が広がるといえます。

一般的にグラフィックデザインの仕事は専門職になり、得意と好きを活かした仕事の代表例と言えそうです。

また、そうして経験を積んだのち、これまでの人脈を活かしてフリーランスとして独立する人が多いのもこの分野の特長です。

最近では副業や在宅ワークなどでこうした活動をすることも見られ、出産や育児などの合間にデザイン活動をしている女性や、転職活動の実績作りのために本業の傍ら制作に励んでいる方も多くいらっしゃいます。

WEB上のクラウドサービスなどで自分の作品を企業に見てもらえる機会も増えたため、趣味であっても1つのビジネスにつながるチャンスが増えるでしょう。

グラフィックデザインは今後ますます可能性が広がっていく専門分野だといえます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-学習・勉強, 趣味
-,

関連記事

婚活中におすすめ!ゲームが趣味だと出会いが広がる

婚期を逃す事は、女性にとって恐怖です。 女性の価値は年齢だけで決まる、そんな事実は一切ありません。 30代でも40代、50代でも恋愛を楽しみ、婚活を行い、そして幸運な結婚というゴールを迎えている女性は …

何かを作ろう!クリエイティブな趣味:WEB制作

ホームページ制作って難しそうと思っていませんか? 簡単にできるツールから本格的な作り方まで紹介します。

フリマアプリ「チケット流通センター」の特徴や使い方

スマートフォンなどで利用できるフリマアプリのひとつに、チケット流通センターがあります。 様々な商品を幅広く取り扱っているのではなく、ライブやイベントなどのチケットのみを、個人間売買できるようになってい …

家にいるのが楽しくなるインドア派の趣味:一人酒

外に出かけるのが好きな人もいれば、家にいるのが好きなインドア派の人もいます。 みんなとわいわいするのが楽しいと思う人だけではなく、一人で自分の時間をマイペースに過ごすほうが楽しいと思う人もたくさんいる …

男性に人気の趣味:ゴルフで味わう男のロマン

日本人の中でも最も人気の高い趣味の一つがゴルフです。 体を使う、ストレス解消になる、戦略性が問われる、頭を使ってスコアを縮める、仲間とワイワイ盛り上がれるなど、その魅力を上げ出すとキリがないほどです。 …

楽天モーションウィジェット