自分のセンスや感性で!水絵画を習ってみよう


絵は描いてみると個性が出るものです。

思いついたときに道具をさっと出してきて描くことができ、生涯にわたって続けることのできる趣味です。

スポンサーリンク

水絵画を習う魅力

自分は絵が下手だからと思っている人もいるでしょう。

しかし、最近は上手く描くことよりも、自分の主張したいこと、感動の対象が自分なりに表現できていることが評価につながります。

上手く描くことや細かく表現できているなどはそれほど重要視されません。

むしろ、自分の表現したいものを伸びやかにおおらかに描けていること、変に力が入っているようなところのないような絵が素晴らしいとされています。

もちろん、ある程度の基礎基本は大切ですが、それは一通り先生から教われば身につきます。

絵は誰でも自由に描けます。

自分の表現したいことを自由に描きたい方式や道具、材料を用いて思う存分表現すればいいです。

とくに水彩に関しては手っ取り早く始められ、それでありながら、生涯にわたってさまざまな表現にもトライできます。

水絵画は生涯楽しめる

多くの絵画教室や講座などでは方針として、それを楽しく指導してもらえます。

趣味で絵をたしなむ場合には、楽しくやっている絵画教室や講座が多いものです。

生涯にわたって絵を描くことを楽しみに加えるのであれば、なおさら普段から楽しく団らんしながら描ける雰囲気が大切です。

和気あいあいと同じ趣味を持つ仲間と描くときほど幸せを感じることはないでしょう。

何枚も描いているうちに自分なりの表現というものが見つかってくるでしょう。

こうやると自分が描きたいように描けそうだという方法がわかってくるときがあります。

それは、そんなに枚数や日数がかかるものではありません。

数回通ううちに、「あっ、そうか」と思うでしょう。

「こうやればいいのか。」と思える日が必ずのように来るはずです。

うまくいかない時は講師に聞ける

なかなかうまくいかないとか、描いていてちっとも楽しくないということは、当人にとってはそんなに深く追求することでないのは確かです。

それはさっさとやめて、もっと相性のいい物がきっと見つかるでしょう。

奥深い絵画の世界、水彩の味わいの手法を生涯にわたってあれこれと試してみるだけ十分に準備されています。

やりつくしてしまうということはプロでも難しいほど、絵の手法や対象とするものの組み合わせはいろいろです。

そうはいっても、ほぼ必ず、ここは難しいなあと思うことがあります。

そこは習う先生に指導を仰げばよい部分です。

乗り越えるための術をその先生方は心得ています。

そういった個所こそ、お金を払っているわけですから、ちゃっかり教わって、さっさと楽に乗り越えてしまえばいいです。

いつまでも一人で悩む必要は全くありません。

楽しい仲間たちとそうした絵にまつわる苦労話や失敗を披露しあうことも、また、話のタネになります。

絵を趣味にする人ならばだれもがやってしまう失敗や勘違いというものはよくあります。

それらを絵を描きながら手を動かすこともまた、そういう場に集う楽しみでもあります。

趣味の仲間が増える

同じ絵画を趣味を持つ仲間を見つけることは、生涯の中で金にも値する価値のあることです。

同じ趣味を通じて話も弾むでしょう。

お互いを描き合うのもまた面白いものです。

意外と人というのは面と向かって人の表情や姿やかたちをじっとみつめるということはないものです。

恋人同士ということでもなければ、絵の世界だけのことかもしれません。

これは意外と面白い人間観察ができること請け合いです。

また、できた作品を遠慮なく批評し合うこともまた面白いものです。

指導してくださる先生も交えて行うことが多いです。

しかし自由に意見や感想を言えるところがほとんどです。

これもまた分け隔てなく、意見し合える環境というもののすばらしさを味わえます。

自分が見ていなかった自分の絵の良さや観点に他の人が気づいてくれて意見をくれる場合があります。

自分とは違った見方をしてくれることもあるでしょう。

逆さにした方がいい絵になるんじゃないとか辛辣な意見をくれる場合もあるかもしれません。

それもまたご愛敬です。

それぞれの個性がぶつかり合う場ですから議論は尽きないかもしれません。

それこそ時間を忘れて、飲みながら食べながら議論し合うのもいいでしょう。

最後に

絵はそれだけの奥深さをもち、まだまだ人が気づいていない表現の魅力や観点があることは間違いないです。

水彩にしてもそうでしょう。

人が「へえ~、面白い絵だな。」と言ってくれたときほど描いていてうれしいことはないでしょう。

人に何らかの感情のさざ波を与えうる表現が芸術の持ち味です。

絵もまた芸術のひとつですし表現方法のひとつです。

人はその表現手段としての絵を数千年以上続けてきました。

ぜひその連綿と続く歴史の一コマとして多くの方々に数千年後の人々から、「21世紀の人々の絵は素晴らしい。個人のセンスや感性が尊重された時代だったことか。」といってもらえるような表現を残したいものです。

それはさておき、このように絵だけを通じてこれだけさまざまな交流ができるわけですから、絵を描くことを通じて人生を大いに楽しむことができるのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-,

関連記事

婚活中におすすめ!散歩が趣味だと出会いが広がる

散歩というのは、人間の始めの趣味ではないかと思います。 まず道具は必要ありませんし、誰にでも出来る事です。 歩くというのは人間の基本の機能のひとつですが、そこに喜び楽しみを見つけたところにこそ人間の人 …

初心者向けのパソコンの選び方

初心者にとって、パソコンを購入する場合には、知識不足もあって不安も多いと思われます。 まだ、インターネットに接続されていない状況に置かれますから、困ったときにサイトから検索もかけられないので、方法を模 …

老化防止にもなるクリエイティブな趣味【電子工作】

電子工作の魅力の一つが、クリエイティブなモノ作りの醍醐味を味わうことが出来ることにあります。 モノ作りは、誰がしても楽しいものですが、特に電子工作はクリエイティブな要素が多いので、この醍醐味を味わうこ …

何かを作ろう!クリエイティブな趣味:デッサン

デッサンとは何かを分かりやすく言うならば、目に見えている物体を見たまま描くことです。 もう少し詳しく言うならば、視覚で捉えた人や物といった物体を、鉛筆やペン、紙などを用い、平面上に具現化する、といった …

ちょっと変わった大人の趣味、河童探査を始めてみませんか?

つちのこという蛇ともトカゲとも言われる幻の生き物もいますが、それよりはかっぱの方がまだ、探査するには情報や伝承が多い分、趣味としては良いかもしれません。 かっぱの手であるとか全身のミイラも各地で発見さ …

楽天モーションウィジェット