手先が器用じゃなくても大丈夫!レザークラフトを趣味として始めるには

レザークラフト
革工芸は皮革を素材にして、手芸のように小物やバッグなどの革製品を作ることです。

レザークラフトの教室なども開催されるほど、個人で楽しめる趣味として認知度が上がってきています。

スポンサーリンク

レザークラフトとはどういうものか

歴史はとても古いもので、熟練の職人によってさまざまな作品が作られてきました。

高級素材の皮革を使用していますし、特殊な道具を使用したり、工法等の技術が難しそうであるなど、敷居が高いイメージがあります。

しかし最近では、比較的手ごろな値段で材料や専用の道具を揃えることが可能になってきています。

裁縫用具や布等を取り扱っている店舗で購入することができたり、通信販売でも入手することが可能になってきています。

教室などに通えば、お勧めの道具を教えてもらうこともできますし、初心者向けのレザークラフトキットなどを購入すれば、作製したい小物など皮革から型紙、物によっては道具がセットで入っていることもあります。

教室に通うほどではなかったり、レザークラフトはやってみたいけど、じっくり時間を掛けることができないなど、色々な人がいるでしょう。

そんな人はキットを購入して、自分のペースで自宅で楽しむこともできます。
少しでも興味があるようならば、気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まずは小物などから作り始めると、革工芸のコツのようなものが分かって、楽しさも感じられるのではないでしょうか。

レザークラフトで必要な革と道具

レザークラフトで作ることができるものは沢山あります。
それらのものを作るための材料や道具を知ると、失敗がなく良いのではないでしょうか。

・皮革について

使用する革は動物の皮ですが、そのまま使用することができないので、防腐処理(なめし)をします。
この防腐処理が完了した素材が革になります。

なめし方によって特性が異なるため、作りたい作品に向いているなめし方はどのような特性が適しているのかがわかれば、失敗も少なくなるでしょう。

そして、革の部位にも注意する事も大切です。
動物の革は繊維の方向が部位ごとに異なるため、伸びやすい方向と伸びにくい方向があります。
どのようになってほしいのかを考えてから、材料として革を購入するといいでしょう。

購入する際には、革の厚みも確認すると間違いないでしょう。
触った感じやしならせた感じが、作りたいものに合うどうかをイメージするといいでしょう。

・道具について

本格的なものでなくても、近所のホームセンターなどでも手に入れることができるものばかりなので、気負う必要はありません。

レザークラフトといっても特別な作業は無いです。

布で小物やバッグなどを作るのと同じように、カットするもの、線を引くもの、縫い付けたり張り付けたりするものがあれば、作品は作れてしまいます。

布と同じ道具を使用すると、ハサミなどが壊れてしまうので、革専用のものを使いましょう。

カットは「カッター」、線引きは「丸きり」、縫い付けや貼り付けは「針と糸、ボンド」などがあれば十分対応できるでしょう。

まずは小物から作ってみよう

レザークラフトに使用する材料や道具がわかったら、実際に作ってみましょう。

最初から大がかりな作品を作ろうとチャレンジするよりも、レザークラフトの楽しさを知るための第一歩として、小物制作をするほうが楽しさが分かりやすいかもしれません。

レザークラフトのキットが売っていれば、それを購入して作ってみてもいいですね。

でも、せっかく作るなら、オリジナルの何かを作りたいという人は、革製品を扱っている店舗などで、どんな商品があるのかを見て回ると良いでしょう。

イメージだけでは、細部がどのようになっていて、どんな風に作られているのかが分かりづらいですが、実際の製品を手に取って見てみると、仕組みが分かることもあるでしょう。

これはキットで作る時も同じと言えるでしょう。
イメージで思い描くよりも、実物に触れるのが一番の成功の近道となるでしょう。

そして、実際に作品を作ってみて、自分がどう感じたかを良く考えるといいでしょう。

自分が好きな作業かどうか、また作ってみたいと思ったか、苦労した点はどこかなど、自分の趣味として取り入れることができるかどうかを知っておくことも大切です。

うまくいかなくてストレスだけど、良い道具を揃えたから、やり続けるしかないかなどのマイナスの感情ではなく、レザークラフトは楽しいし、またぜひ次の作品作りにチャレンジしたいと感じられれば、長くレザークラフトと付き合っていくことができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

自分磨きにもスキルアップにも!「カラーコーディネーター」を学ぶメリット

「カラーコーディネーター」とは色のスペシャリストです。 カラーコーディネーターを学ぶことで配色の技術が身につきます。色は人間の心理に大きく影響を与えるものです。色に関して勉強することで、色を使った心理 …

老化防止にもなるクリエイティブな趣味:刺繍

糸と針、そして布さえあればいつでもできる刺繍は、おばあちゃんの趣味として認知されていることが多いかもしれません。 しかし、色とりどりの糸の配色を考え、デザインから針の刺し方、配置や構成を考えるのはとっ …

あまり知られてない世界の趣味:ドイツ製ボードゲーム

今若者層を中心に盛り上がりを見せているのがボードゲームです。 スマートフォンの普及などで人間関係がデジタル化する中、人と人とのふれあいを楽しもうという気運が盛り上がりを見せています。 東京などの都会を …

モテたい人におすすめの趣味:パラグライダー

あなたは空を優雅に飛ぶパラグライダーを見て、「かっこいいな~」と思ったことはありませんか? そんなかっこいいパラグライダーを趣味にするとモテるのではないか。 そう思った人は決して少なくはないんじゃない …

手先が器用じゃなくても大丈夫!クレイアートを趣味として始めるには

近年、大人のための粘土細工として、クレイアートに注目が集まっています。 子供の頃に学校などで油粘土を使って物づくりをした経験のある方も多いでしょうが、今はもっと扱いやすく、手も汚れない様々な素材を使っ …

楽天モーションウィジェット