最高の一本と評判の映画「レオン」の魅力

魅力のある映画はたくさんありますが、レオンはストーリー、迫力ともに抜群の映画の一つです。

大切な人を守りたいという気持ちがみちあふれていて、登場人物の気持ちが痛いほどに、見ている者の胸に突き刺さってきます。

スポンサーリンク

レオンの孤独感とプロ根性

レオンの魅力の一つとしてあげられるのが、やはり主人公レオンの孤独に満ち溢れた姿と、そしてプロ根性です。

プロの殺し屋の仕事をしているだけに、日々の暮らしもかなりストイック。毎日のルーティンワークを繰り返しながら、生活をしています。

同じものを繰り返しながら、日々をたんたんと過ごす様子が描かれることで、誰にも本心を見せない男の孤独が、浮き彫りにされます。

また、プロだけに、日々の体を鍛えるためのトレーニングもしっかりと行っています。

毎日毎日の積み重ねだけが、自分のことを守ってくれると言わんばかりに、繰り返されるトレーニングが、強靭な強さとストイックさを、より高めてくれているのかもしれません。

とはいえ、ほぼ毎日変わらないような、単調な日々。普通の人なら、根を上げてしまうのではないでしょうか。

朝起きて、牛乳を飲み、観葉植物の世話をしてトレーニング。 この繰り返しをただただ行っていく、一人の男にまとわりつく孤独が、際立って見えます。

そういった孤独感を身に着けた男だからこそ、プロの殺し屋という仕事ができるのかもしれません。

垣間見える優しさが魅力

プロの殺し屋とはいっても、ロボットのような機械的な全く感情のない男とは、レオンは少し違います。

毎日のルーティンに含まれている、観葉植物の世話に、彼の優しさを見ることが出来ます。

そして、自分と同じように根を張っていない存在として、大切に世話をしています。まるで自分自身を、観葉植物に投影するかのように。

日当たりのいいところに移動させたり、丁寧に世話をする様子からは、彼の優しさがあふれています。

観葉植物を最高の友と呼ぶ彼ですが、もしかすると、誰かと語り合ったりする時間が、本当は欲しいのではないかと感じさせられます。

いつでも孤独を背負うというのは、とても厳しくつらいものです。

殺し屋のレオンでさえ、友と呼べる何かを手に入れて、大切にしているという事からも、人というのは、誰かとともに生きていくことを、やはり心の奥底では望んでいるのだと気づかされます。

精神的な強さがある人や、孤独の中にいる人であっても、愛する人や信頼できる人を求める気持ちは、失われないということが、レオンという映画を見ていて、強く感じられます。

存在感ある悪役が最高

映画の中に出てくる登場人物の中で、欠かせないのが悪役です。 映画レオンでは、悪役の麻薬捜査官として、ゲイリーオールドマンが出演しています。

またこれが、非常にあくの強い人物を、非常にうまく演じており、存在感が圧倒的です。

登場の仕方から、話すリズム、凶暴な悪の臭いをぷんぷんさせているような感じが、最高ではないでしょうか。

そして、ゲイリーオールドマンがまたかっこいいのが、この映画をさらに完璧なものにしてくれている理由の一つと考えられます。

麻薬取締官にもかかわらず、自分自身がジャンキーという役柄なので、かなり強烈なキャラクターなのですが、かっこいいという一言に尽きます。

映画を見ていると、圧倒的な存在感の為か、頻繁に登場しているというイメージがありますが、実際はそれほど画面には登場していないことに驚かされます。

短い時間に、すっと出てきてものすごい強烈な恐怖感を醸し出すというのは、本当にすごい役者さんです。

探したり、探されたりというようなシーンでの登場が多いので、そのシーンの緊迫感は迫力満点です。

大迫力の戦闘シーンが圧巻

映画の最後のほうでは、銃撃シーンがあります。

このシーンの魅力は、アクションの激しさと、限られた時間で大切な人へ言葉を伝えようとする、悲しさと愛おしいという感情が織り交ざった部分ではないでしょうか。

レオンは、一人で大量の武器を持って、次々と攻撃をしてくる相手と戦う事となりますが、守るべきものをとにかく守り通そうとする、一人の男としての気持ちが伝わってきます。

そして、自分は助からないだろうと思いながらも、必死で待ち合わせをしようと伝えるシーンでは、思わず眼がしらにじわっと来てしまいます。

孤独で、誰とも心を通わせなかった殺し屋の男が、最後の最後まで守り通そうとしている人ができたという事は、つらいラストシーンが待っていたとしても、ある意味で、映画を見ているものにとっては、救われたと言ってもいいのではないでしょうか。

孤独と、強さ、そして心の奥にひめた優しさがある殺し屋のかっこよさ、そして最後まで手に汗握るような展開は、この映画の最大の魅力です。

ワンシーンごとの映像一つ一つが、記憶に残るに違いありません。

最後に

レオンはかなり昔に上映されましたが、いまだに根強い人気を誇っています。

強さや孤独、優しさを秘めた一人の男が、この映画の中で見せてくれた魅力。

その魅力に誰もが魅かれ、何度も見返したくなる作品となっているのではないでしょうか。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, 映画
-,

関連記事

いま読みたい!連載中の感動できる少年マンガ

私がお勧めする少年マンガは尾田栄一郎作の「ワンピース」です。 現在83巻まで出ており、日本だけでなく海外にも人気のマンガです。

レゲエにハマるきっかけとなったアーティスト

15歳ころの時にレゲエが好きな知人がいて、最初は興味もなく何となく聞いていました。 日常的に聞いているとふと、一つの曲に興味を持ち始めました。 そのアーティストは湘南乃風です。

これだけは読んでおくべき!SF小説5選

数ある小説のジャンルの中でも特にマニアックな人気を誇るのがSFをテーマとした作品です。 ハリウッドで映画化された作品も多く、一度は目にした人も多いでしょう。 とはいえ、SF作品と言うと小難しくて読むの …

今も読みたい!1980年代の代表的な少年漫画9選

人気作品はいつ読んでも面白いですよね。 今回は1980年代を代表する少年漫画を紹介します。

電子書籍ストア「電子書店パピレス」の特徴とおすすめポイント

電子書店パピレスは電子書籍ストアの1つですが、今よりももっと読書ライフを充実させたいという人に役立つサイトです。 幅広い作品を取り扱っているのが特徴であり、おすすめポイントです。 商品選びもしやすく便 …

楽天モーションウィジェット