センスを活かそう!生活に関する資格「ライフスタイルプランナー」

輸入住宅の増加に伴い、知られるようになってきたのがライフスタイルプランナーの資格です。この資格を取得すれば、インテリアやガーデニングに関する知識を幅広く身につけることができますし、それを活かして仕事をすることもできます。

ライフスタイルプランナーは、経済産業省が発足させた一般社団法人の輸入住宅産業協会が認定する民間資格です。輸入住宅の普及と振興を通じて、欧米のライフスタイルを提案して、日本の住文化を向上させるために誕生しました。

スポンサーリンク

輸入住宅とライフスタイルプランナー

海外のデザインを取り入れた輸入住宅や、住宅の一部に海外のデザインを取り入れた住宅の人気が高まっているため、ライフスタイルプランナーの需要は増加しています。

輸入住宅に関する知識を活かし、居住者のニーズに応じた暮らしの提案をするのが仕事です。快適な暮らしのサポート役として、働くことができます。資格取得のためには、インテリアやエクステリアに関する知識、輸入住宅の知識、住宅販売の法規制などが必要です。

さらにライフスタイルについての知識や、コンサルティングやプランニングのスキルも求められます。活躍が期待できる職場には、輸入住宅メーカーをはじめとして、設計事務所や建設会社、不動産会社、デザイン会社やインテリアショップがあります。

輸入住宅メーカーでは、社員にライフスタイルプランナーの資格取得を勧めていることもあるので、メーカー就職や転職を希望しているのであれば、資格を取っておくと有利でしょう。

就職してから資格取得を目指してもいいですが、余裕があるならば事前にとっておくとアピールポイントにできます。

ライフスタイルプランナーの資格試験

ライフスタイルプランナーになるための基礎試験を受けるには、18歳以上であることが必要です。上級試験を受けるには、基礎試験に合格して、登録を済ませてから実務経験を2年以上積む必要があります。

高校卒業から、直接ライフスタイルプランナーの基礎試験を受けることもできますが、知識を習得するためには大学や短大、専門学校などでセンスや知識を身につけておいたほうがいいでしょう。

インテリアデザイン科や建築インテリアデザイン科など、建築士やデザイナーが通う学校でライフスタイルプランナーを目指すことが可能です。試験は筆記のみの基礎試験と、住宅販売に伴う法規制、税金、クレーム処理などに加えて、住宅空間の構成や作図の実技を行う上級試験の2段階に分けられます。

合格率は基礎は70%、上級は30%と、上級レベルはかなり合格率が低めなので、しっかりと対策しておく必要があります。上級試験は実際に働きながら学ぶ必要があるので、普段から試験を意識して仕事をしておくことが大切です。

ライフスタイルプランナーというと、インテリアやエクステリアのデザインだけが求められそうですが、それに加えて人が住む居住環境のサポートをすることが求められるので、コミュニケーション学や心理学、意匠、工芸学、住居学、などを学んでおくと役立ちます。

インテリアやガーデニングの技術など、住まいに関する知識を幅広く身につけて、住んでいる人のニーズを満たせる能力が求められます。どうしたらもっと快適に暮らせるのかという発想力や好奇心も、この仕事では大切なポイントです。

日本の住文化の向上に貢献できる仕事

ライフスタイルプランナーは、住宅の知識とセンスを活かして、日本の住文化の向上を助けていくことができます。日本は諸外国に比べて、衣食住のうち住の発展が遅れていると言われています。

海外では、家は何十年も何百年も住み続けるものという考えて建てられていますが、日本では家は使い捨てのような感じです。日本の住宅は耐震性、耐熱性、機密性などの性能面はしっかりしてきていますが、その面だけが強化されて生活者の視点から見た家づくりができていませんでした。

それを外国の住文化のスタイルを取り入れて、ライフスタイルに則した住まいづくりをサポートしていくのが、ライフスタイルプランナーです。

性能、設計、デザインの良さを活かしたライフスタイルを提案するためには、住宅の基礎知識に加えて、インテリア、エクステリア、ガーデニングなどの幅広い知識が必要です。

センスだけで食べていける仕事ではないので、資格取得に向けて勉強しながら、知識を身につけていく必要があります。

ライフスタイルプランナーは、輸入住宅の購入アドバイスなどだけではなく、輸入住宅のようなデザインを自宅に取り入れたいというリフォームに携わる仕事もあります。

心理面に配慮したカラーコーディネートを考えたり、自然素材を取り入れたり、リフォームを希望するお客様の要望を聞いて最適なコーディネートの提案などを仕事にすることも可能です。

住んでいる人の心や体のことを考えながら、より良いライフスタイルを提案できるように、住環境の面から接することができるのがライフスタイルプランナーです。

人を住環境の面から、喜ばしたい人に向いています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

会社にとって欠かせない存在!経理の資格「法人税法能力検定」

法人税法能力検定とは、昭和43年9月29日に第1回能力検定試験が実施されていた税務会計能力検定から、平成24年に「所得税法能力検定試験」「法人税法能力検定試験」「消費税法検定試験」と区分された資格の一 …

調剤薬局事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

調剤薬局事務として働くために、必ず資格が必要かといえばそうではありません。 しかし、調剤薬局事務は人気のある職種の1つでもあるため、資格を持っていることで、有利になる可能性があります。 そこで、おすす …

地球環境を守る資格:検査分析士

検査分析士は分析機器を活用して、様々な物の成分を分析する技術を有する方が持つことのできる資格です。 人々の生活においては食品、製品、健康、環境など分析する必要性の高い要素がたくさんあります。 安全な生 …

一般事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

一般事務は、事務の中でもかなり初歩のお仕事とされています。 では、一般事務とは具体的にどういうもので、一般事務で働くためにはどうしたらいいのでしょうか? また、未経験者でも働けるものなのでしょうか?そ …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「現代用語能力検定」

現代用語能力検定とは、1995年にスタートした比較的新しい資格のひとつで、時事力と現代社会の知識を総合的に判断して、どの程度のレベルなのか検定する事ができるようになっています。

楽天モーションウィジェット