臨場感が味わえる!ライブビューイングが人気の理由

ライブに行きたいけれど、会場が遠くて行くことができない、という人におすすめなのがライブビューイング。

映画館などで開催されることが多く、その場所に居なくてもライブを楽しむことができるのが魅力。

取り入れているアーティストが増えています。

スポンサーリンク

そもそもライブビューイングとは?

ライブビューイングというのは、大好きなアーティストのライブチケットが入手困難で泣く泣く諦めていたという人でも、その場にいるような臨場感を味わいながら同じ時間を共有することができるというイベント。

地方に住んでいる人にとっては自分の地域にアーティストがくるかどうかすらもわからないですし、ファイナルともなれば大きな会場となることも多いでしょう。

地方からその場所までの交通費や滞在費を考えると、いくら大好きなアーティストだとしても行ける人ばかりではありません。

そこで、そのようなファンでも楽しめるようにとライブビューイングが開催されるようになったのです。

同じ時間に場所は違えど、大きな画面に大音量でライブを楽しむことができます。
むしろ、ライブに行ったとしても席が微妙な時よりも楽しめるなんて声すらあるようで、大人気になっています。

全てのアーティストが取り入れているものではありませんが、大好きなアーティストのライブチケットを確保できなかった時や地方に住んでいる時などはライブビューイングがおすすめです。

ライブビューイングが人気の理由

ライブのチケットが入手困難となると、まず最初に考えるのがキャンセル待ち。
しかしこれも相当な人が狙っている為、入手するのは困難と言えます。

では、昔からあるようなダフ屋しかアーティストのライブを観る方法がないのでしょうか。

このようにどうしてもそのアーティストのライブを観たいという気持ちを叶えることができるのが、ライブビューイングです。

ライブビューイングは映画館を利用して行われることが多く、実際のライブチケットの金額の3分の1程度で鑑賞することができます。
一番のメリットはこの価格です。

昨今では1万円前後のチケットが当たり前になっており、好きなアーティストとは言え、その金額を毎回払うのは辛いという人も多いようです。
しかし、ライブビューイングは会場と同じ臨場感を味わうことができるのに格安というところが人気の理由のようです。

移動費や滞在費などを考えるとかなりお得に楽しめます。
その余った予算をグッズにあてることができるのも魅力の一つと言えるでしょう。

そして大画面に写るアーティストを見られるのはライブビューイングだけです。

指定席があるので楽に鑑賞できる

ライブビューイングは映画館などを利用して行われるので、全席指定席となっています。
中には立ち見が許される場合もあるようですが、基本的には指定されているようです。

ライブによってはスタンディングのみでしか鑑賞することができない場合もあり、体力に自信がない人や高齢の人は楽しむことができませんでした。
しかし、ライブビューイングであれば席が指定されているので座ることもできます。

ただし、ライブさながらの臨場感がある為、ほとんど立ち見であることは間違いありません。
アーティストや内容によっては座って観ることもあるでしょうが、ほとんどライブ会場と同じと考えておきましょう。

ペンライトなどを持ち込んで通常のライブと同じように黄色い声援が飛び交うアーティストもいるようです。
また、ライブ中継で会場と繋げて声をかけてくれるアーティストもいるようですので、同じ会場にいるような錯覚すらするようです。

人によっては、会場にいなければ楽しめないという考えの場合もありますが、実際に一度経験するとライブビューイングへの見方が変わるかもしれません。

ライブビューイングは地方で大人気

大きなライブ会場はどこも遠いという地方に住んでいる人にとっては、身近な映画館でライブを楽しむことができるとしたらどうでしょう。

今までライブというものに参加したことのないお子さんでも楽しむことができるのがライブビューイングの魅力とも言えます。

臨場感はライブ会場そのものであることから、年齢に入場制限がある場合もあるでしょうが、実際のライブ会場よりは緩めであることも行きやすさと言えるのかもしれません。

大人気のアーティストだとチケットが入手困難で泣く泣く諦めるしかなかった人や、距離的に諦めていた人でも、ライブを楽しむことができるのも魅力です。

年々ライブビューイングを開催するアーティストが増えているところを見ると、ライブに参加できなくて仕方なく行ったというものではなく、それはそれとして楽しめているファンが多いということでしょう。

今後、より幅広い世代に受け入れられるものになることは間違いありません。
ライブチケットが取れなかった時にはこのような方法もあるのだと頭に入れておきましょう。

最後に

ライブビューイングは会場にいるそのままの臨場感をもっと身近に感じることができるイベントです。
これから先もっと進化していくことが期待されています。
チケットが入手できなかった時でもライブを楽しめる方法として知っておきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, 舞台・ライブ
-

関連記事

ヒーローがメインの特撮作品の見どころ!

特撮を駆使することで、現実には存在しないものや、実際には起こり得ない出来事を描いた映画やテレビドラマは人気が高いです。 そういった作品の中には、ヒーローをメインとしたものがたくさんあります。

アニメ好きじゃなくてもハマる!一般ウケするアニメ3選

日本は、有数のアニメ大国と呼ばれています。しかし一般ウケするアニメは、そう多くはありません。 深夜帯アニメは、まだまだオタクのものでしょうか?いや、この3作品は、一般ウケすること絶対です。 今回は、一 …

洋楽にハマるきっかけとなったアーティスト

洋楽にハマるきっかけとなったアーティストは何人かいますが、最初のアーティストは何と小学生時代に出会いました。

実写化が話題になった「進撃の巨人」の評判は?

豪華キャストで実写映画化された「進撃の巨人」は、原作ファンから最低の評判を得てしまいました。原作漫画、アニメは根強い人気があり、ファンからの支持も衰えることはありません。 まだまだ、続きが気になるとこ …

外国人にもオススメの少年漫画

いわゆるアメリカンコミックは悪と正義がハッキリしています。 日本の作品はいわゆるグレーゾーンを扱う作品も多いので、繊細な表現が外国人には分かりにくいことも多いです。 それは翻訳される際のニュアンスの違 …

楽天モーションウィジェット