「ロハスフェスタ」で見つけるハンドメイドの魅力

ロハスの語源は、「健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル」という、英語の単語の頭文字を採用して誕生した言葉で、ロハスフェスタではそういった取り組みに貢献する商品が並ぶ点が魅力です。

既成製品と違いハンドメイドを主体とし、地球環境に配慮しながら、ゴミ削減に貢献するホビーイベントになり、拘りの商品が多いのが特徴的となります。

スポンサーリンク

ロハスフェスタが開催される場所とは

ロハスフェスタが開催される場所は、大阪の万博記念公園・東京の光が丘公園・広島の旧広島市民球場跡地の三つの場所となります。

2017年度は、大阪の万博記念公園での開催は5月に終了し、広島も5月に終了しており、現在のところ東京は9月の秋口に開催される予定です。

ただ、ハンドメイド作品の販売などは、ホビーイベントに出店したお店が、オンライン上で販売などもしているケースもみられるため、そういったハンドメイド作品は随時、出店したお店のサイトでアクセスすることで購入可能です。

つまり、ロハスフェスタのホビーイベントに参加したお店の情報も掲載されるため、来場型のフェスタに参加したことがきっかけとなって、ハンドメイド作品のことを知ることも多くあります。

なお、ロハスフェスタに参加する上での会費は350円と、三つの会場で一律となっています。小学生以下は無料で参加することもできるため、家族連れで賑わうイベントです。

また、万博記念公園の場合は、その会費の他に公園に入園するための費用もかかりますので、注意が必要となります。

ロハスフェスタの詳細な取り組みとは

ロハスの意味が「健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル」ということで、人々の健康に貢献することと、社会環境にも負担にならず優しい取り組みがあることがポイントです。

具体的な取り組みの根本には、4つの精神で貫かれています。

リデュース・リユース・リサイクル・リスペクトの4つで、これもその頭文字のRから4Rとも呼ばれており、その4R運動を推進することにあります。

特にハンドメイドの作品は、その4Rに適合している魅力があるため、推奨される取り組みです。

リデュースは、今ある物を有効に活用して、ゴミを出さないことで、リユースは物を再使用していくこととなります。

そして、リサイクルは今ではおなじみになっていますが、まだ利用できる物は極力、欲しい方などに譲って利用していくことです。

最後のリスペクトは、大切にしようという心を支える根本となり、勿体ないので違った分野での有効活用を検討するといった意味合いが存在します。

ロハスフェスタでは、ハンドメイド作品が豊富に販売されていますが、実際に会場に訪れた方も、そのゴミを削減する取り組みを体感できるホビーイベントともなっています。

ロハスフェスタの魅力は子供も楽しめること

ロハスフェスタの魅力は、子供が会費無料で参加できることで、子供に対する環境教育を行える点があります。

実際に、地球の環境破壊の問題は、子供の将来に起こる可能性もあるため、幼いうちからエコや4R、ゴミの削減などを子供が楽しく学べることは優れています。

こうした、子供に対する環境のことを考えさせる取り組みが実施されれば、将来の環境破壊の問題などを、解決できる可能性もあります。

より良い工夫が生まれる社会にも繋がることも多く、エコ社会の実現のため、有意義な人材が生まれることは重要です。

なお、ハンドメイド作品には、実際に手にとってみると温もりを持った商品も多く、それに触れることで情緒教育にも貢献していきます。

さらに、健康的な自然を活用した素材での食品もあるため、そういった物を食べることで、アレルギーや風邪などに負けない強い体を育むことができます。

なお、子供の興味を示す取り組みが行われ、ゴミ回収・牛乳パック回収・ダウン回収・使用済み天ぷら油回収などを、実体験や意識できる取り組みも盛んです。

家族で遊びながら、楽しく体験できることで、まずはホビーイベントに参加することから、始めてみる価値があります。

お金には替えられない価値を産み出すロハスフェスタ

ロハスフェスタの開催は、ブース方式で出店された多くの店舗が建ち並びます。会場には大勢のロハスに興味や関心を持っている参加者が集い賑わいをみせています。

扱う商品のほとんどが、ハンドメイドされた作品となり、手作り雑貨・家具を始め、フードやスイーツなどの食品も並びます。

特に、健康的な天然の素材を活用して作られたフードやスイーツは人気があり、大人の場合であれば子供の頃に食べた味を、懐かしく思い出させます。子供は、食べたことがないスイーツなどを見ると驚くことも多いです。

販売や展示されている作品類は、手間暇をかけて作られた作品類が多く、4Rを視点に作られた商品です。

また手作りのため、ここだけしか存在しないユニークな商品も多く見られるため、既成製品よりもお金に替えられない価値を生み出しています。

なお、来場される方も年々増加し続け、開催期間中には約10万人に近い方がロハスフェスタに訪れるため、地球環境意識の高まりと共に、今後も増加する可能性が高いです。

現在は大阪・東京・広島と開催されていますが、今後は地域的な取り組みとして、他の地域での開催が期待されます。

最後に

ロハスフェスタに参加することは、地球環境のエコと、人々の健康への貢献の視点もあるため、エコ社会の良さを知るためにも参加が望まれます。

ロハスフェスタでハンドメイド作品に触れることで、より良い社会生活を送ることにも繋がり、魅力ある取り組みと言えます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-, ,

関連記事

ダンスで楽しむ世界!「サルサ」を通して学べる文化と歴史

日本には、クラシックバレエからコンテンポラリーダンスまで、世界中から様々なダンスが入ってきています。 その中でも最近、とても人気があるダンスのひとつが、サルサです。

女子の間で大流行の人気アプリ「Pic Collage」の魅力

Pic Collageは、最大50枚もの写真をコラージュすることができるアプリとして女子の間で大流行しています。 編集なども行いやすく、切り取りやフレームなどの機能もたくさんあり、写真を多く撮影する機 …

婚活中におすすめ!お笑いが趣味だと出会いが広がる

ある程度の年齢に差し掛かると、結婚をできるだけ早くしたいという強い気持ちを持って、婚活に精を出す人が多くなります。 そういった人たちの中には、自由に使える時間の大部分を婚活か、それに直接的に役立つこと …

フリマアプリ「ゴルフポット」の特徴や使い方

ゴルフポットは、スマートフォンを使って簡単に、ゴルフ用品を売買することができる、フリマアプリです。 クラブやウェア、パーツなどのさまざまなアイテムがたくさん、商品として出品されていて、気軽に購入するこ …

お金がかからないコスパ良しの趣味:フリーマーケット

趣味をこれから作りたいのであれば、お金のかからない趣味を見つけるようにしなくてはなりません。 お金がいくらあっても足りないような趣味の場合、給料のほとんどをつぎ込んでしまうことになりますので、出来るだ …

楽天モーションウィジェット