賛否両論の声が多い海外ドラマ、LOSTの面白さや魅力


海外ドラマの中でも大成功を収めた作品と言えばLOSTが代表的です。
2004年から2010年まで放送され、シーズン6まで続きました。

海外ドラマは評価を得られないと打ち切りになってしまうケースも珍しくなく、いつの間にか終わっていたということがよくあります。

そんな中、LOSTは無事に最終回を迎えることができ、見た人の多くの心を捉えた大ヒット海外ドラマと言えるでしょう。

スポンサーリンク

LOSTの魅力を紹介

LOSTのあらすじ

どのようなあらすじなのかと言いますと、登場人物が乗っていたオーシャニック815便が墜落するところから始まります。

機体がバラバラになり激しく損傷している様子から事故の大きさを窺い知ることができますが、しかしながら主役のジャックをはじめ、奇跡的に助かった乗客たちもおり、その数は48人です。

すぐに救助が来ると思っていたジャックたちですが、実は墜落した場所というのは無人島であり、しかもジャングルにはホッキョクグマがいたり、不可解な怪奇現象が起こるなどでジャックたちには恐怖心が広がっていたのです。

そんな中でも助かることができると信じながらストーリーが進められていきますが、生存者の中には殺人犯や詐欺師などもいることが分かり、人間同士の中にも恐怖が持たれるようになります。

ある時に、助かる術を模索しつつジャングルを探索している時に不思議なハッチを見つけます。

さらには墜落した小型飛行機や謎のフランス人女性との出会い、加えてその女性が告げる「他の者たち」などの存在によって様々な謎が動き出すのです。

謎が複雑に絡み合う展開ながらも、次第に真実が明らかになっていく様子に引き込まれていくことでしょう。

LOSTの魅力とは一体なんなのか?

様々な魅力を持つLOSTですが、まず登場人物に個性が豊かという点が挙げられます。
それぞれに個性がありますので人間模様を楽しむことができますし、また特徴がしっかりとしていますので感情移入もしやすいはずです。
ですから見ていく内に好きなキャラクターも持てて成り行きを見守りたい心境にもなるのです。

登場人物の背景が丁寧に描かれているのも特徴です。
それぞれが何かしらの悩みや問題を抱えており、少しずつ明らかになっていく様子にドキドキさせられます。

同時に驚かされるのが、知らないところでキャラクター同士の接点が明らかになることです。
登場人物の多くは他人同士なものの、しかし実は過去には繋がりがあったりもするのです。
伏線に驚かされるのも外せない魅力でしょう。

謎が多いのも面白みのひとつですが、いろいろな謎があって考えさせられるところもあります。
しかしながらその謎が意外なところで明らかになったり、以前のことが驚きの伏線になっていたりと複雑なシナリオに仕上がっています。
しかも毎回何かしらの驚きを感じさせてくれますから、飽きることなく楽しむことができ、次を早く観たいという欲求に駆られることでしょう。

非日常をリアルに描いているのもLOSTの上手いところです。
よくフラッシュバックが入りますが、そこではそれぞれの普段の生活があり、リアルな日常を過ごしています。
ところがそれとの対比で墜落事故後の生活のリアルさも引き立ち、登場人物の恐怖心や不安などを共感することができます。

軸がしっかりしている作品でもありますので、ラストまでブレずに楽しめるはずです。

賛否両論の評価を得ているのはなぜ?

非常に素晴らしい作品でファンも多いLOSTですが、気になるのは、やはりラストがどんな終わり方をするのか?というところではないでしょうか。

大人気ドラマですから、ファンならずともどのような最後を飾るのかは気になるものですし、ラストだけは一応見たという人もいるかもしれません。

ただ最後の終わり方については賛否両論です。
詳しくは作品を見た方が良いと思われますからネタバレをすることはしませんが、しかしながら「そんな終わり方?」と感じてしまった人も少なくありません。

シーズン6まで続いた作品にも関わらず、一言で説明ができてしまいそうに感じさせる終わり方でもありましたので、当初から見てきたファンでもびっくりするところがあったことでしょう。

ラストを知れば賛否両論になるのも無理はないかもしれません。
それまで細かく丁寧にストーリー展開がされてきた中で、ある意味それを一刀両断するかのようなラストでもあったため、釈然としない気持にもなってしまうものです。

しかしながら、ラストの展開があったからこそのLOSTとも言えるのではないでしょうか。
非日常のリアルをスリリングに描くためには必要だった最後のようにも感じられるものですし、それゆえに納得の終わり方だったという声も多いのです。
決して批判的な感想ばかりではなく、むしろスッキリ落ち着くことができたという人もいるはずです。

ただ、賛否両論になってしまうのには他にも理由があり、それは宗教観も絡んでいたことです。
これも実際に見た方が楽しめますが、最後を見ると宗教的なものを感じられるはずです。

日本とは違う思想も感じられますから、それも賛否両論の理由となっています。
しかしながらこれだけの人気があるのは事実ですので、一見の価値はあると言えるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, テレビ・動画
-

関連記事

怪人がメインの特撮作品の見どころ!

日本で昔から非常に数多く制作されてきている特撮作品の中では、ヒーローがメインだったり、怪獣がメインだったりするものは多いのですが、怪人をメインとしたものの割合はそれほど多くはありません。 しかし数は多 …

ダンス初心者必見!クラブでのれる曲まとめ

クラブ・ミュージックの目的は、踊れる、盛り上がれる、発散できる、言ってしまえばそれだけです。 クラブで「のれる」曲は、深い歌詞も、絶句するほど美しいメロディも必要としません。必要なのは、良いリズムです …

パンクロックにハマるきっかけとなったアーティスト

甲本ヒロトと真島昌利といえば、日本のパンクロックを代表するアーティストです。 他の様々な日本人アーティストに影響を与えたと言われ、私がパンクロックという音楽を聴くきっかけとなったアーティストもこの二人 …

初めてのミュージカル観劇は「劇団四季」がおすすめ!

最近ミュージカル映画が流行していますが、1度は生でミュージカルを観たいと思う人も多いです。 ただ、敷居が高い、チケットがなかなか取れないと思っている人も多いですが、意外と簡単に観に行くことができるので …

ストレス発散にはアイドルのライブ参戦がおすすめ!

特に社会人になると仕事で様々な重圧がのしかかり、ストレスがとても溜まります。 そんなストレスはこまめに発散しないと精神的に、そして肉体的にもおおきな悪影響を与えます。 現在アイドルが一大ムーブメントと …

楽天モーションウィジェット