健康は食事から!マクロビオティックを始めよう


現在は様々な健康法を実践している人が数多くいますが、健康を保つために、特に重要なのが栄養です。

健康的な食事法として有名な「マクロビオティック」は、健康効果だけでなく美容効果も高いため、女性の実践者が多いです。

スポンサーリンク

マクロビオティックで美容と健康を手に入れよう

マクロビオティックは、元は「正食」と言われていました。

食文化を研究していた桜沢氏が1950年に正食を世界に広めるために、ヨーロッパやアメリカ、インド、アフリカなどに行き、正食を広めたのです。

それが、マクロビオティックなのです。

その後、日本に逆輸入という形で入ってきました。

マクロビオティックの考え方

マクロビオティックは、とてもシンプルな食事法です。

玄米などの穀物を主食にして、旬の野菜料理と味噌汁、漬物というメニューは、昔の日本人にとっては親しみがあるメニューです。

戦後、日本人は肉類や乳製品などの摂取量が増えました。

動物性食品の摂取量が増えたことで、戦前には少なかった病気にかかる患者が増えているのです。

マクロビオティックで大切にされているのが、一物全体です。

一物全体とは、命ある食べ物を、全部食べるという考え方です。

野菜の葉や根、皮は、包丁でむかずに丸ごと食べるのです。

また、ご飯は白米でなく玄米食です。

野菜の葉や根、皮には、栄養素が多いのです。

米も、精製した白米よりも、玄米の方が栄養が豊富です。

丸ごと食べることで、ゴミも減り、環境対策にもなります。

マクロビオティックでは、身土不二と言って、国産の食品、地元の食品を食べることを重要視しています。

住んでいる土地の食物を摂取することで、その土地に合った体を作り、心身を健康に保てるという考え方です。

また、陰と陽のバランスが取れた食事を大切にしています。

陰陽は、東洋独自の考え方です。

心と体の病気は、食べ物が原因だと考えられています。

マクロビオティックの調理方法

マクロビオティックでは、食材の選び方は調理の方法が決められています。

調理法も、陰と陽に分けることができます。

サラダなどの冷たいものは陰性になり、スープやシチューなどの温かいものや煮込み料理は、陽性になります。

マクロビオティックに興味を持った場合、本やインターネット上の情報を利用して、独学で学ぶ人もいます。

一方で、料理講座が各地で開催されているので、料理講座に参加してマクロビオティック料理を学ぶ人もいます。

今は、インターネットの普及により、欲しい情報は自宅に居ながら入手することが可能です。

様々な料理の作り方を教えている動画も数多くあるので、最初は何度も動画を見ながら、マクロビオティック料理の基本を勉強している人もいます。

まずは玄米を取り入れてみよう

最初は、まず白米を玄米にすることから初めて、少しずつ調理法を学び、作ることができるメニューを増やしている人も少なくありません。

主食にできる穀物は、玄米を含む全粒の米、小麦、ソバ、トウモロコシなどですが、最も基本的で重要なのが玄米です。

マクロビオティックと言えば玄米と言えるほど、玄米は大切なのです。

日本人の場合、欧米人と違って白米から玄米に変化するだけなので、無理なく取り入れられる人が多いです。

最初から玄米100%を実践するのは無理だと思う人は、3合のうち1合だけを玄米にするなど工夫をすることで、無理なく続けることができます。

慣れてきたら、玄米の割合を増やしていき、最終的に玄米100%になればいいのです。

玄米は、精白米に比べて、歯や骨を作るのに必要なカルシウムが2倍、マグネシウムは5倍、ビタミンEになると12倍にもなります。

また、食物繊維も豊富なので、腸をきれいに掃除してくれます。

日本人女性は、便秘で悩んでいる人が多いのですが、食事をマクロビオティックに変えてから、便秘が解消されたという人が少なくありません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ビューティ, フード

関連記事

忙しい朝にぴったり!納豆を使った朝ご飯レシピ

朝起きてから、会社、学校に行くまでの時間は思ったより早くすぎます。 そんな忙しい朝でもしっかりと朝ご飯を食べる人にとって、納豆を使った栄養面から考えた簡単レシピを紹介します。

高カカオチョコレートの知られざる効果!【脳の栄養「BDNF」を増やす!】

BDNFとは、Brain-Derived Neurotrophic Factorの略称で、日本語では「脳由来神経栄養因子」という訳語が与えられています。わかりやすくいうと、脳の神経の栄養になるタンパク …

紫外線対策に有効な食品は?

紫外線対策に有効な食品は抗酸化作用が期待できる食品です。 体内から紫外線対策を行うことで、全身の紫外線対策に役立てることができます。 紫外線を浴びることで活性酸素が発生し、様々な悪影響を体に与えます。 …

基本中の基本をおさらい!卵の美味しい茹でかた!水からゆでて7~8分で「半熟卵」

あらゆる料理の具材として存在している茹で卵ですが、茹でる時に塩を入れる方が多くいます。 これには理由があり、卵のタンパク質を凝固させるために加えるのですが、これには科学的なメカニズムが存在しています。

2017年注目のスーパーフード:グリーン系ドリンク

スーパーフードは毎年流行がありますし、2017年は何のスーパーフードが人気を集めるのかも話題です。 その人気を集めるスーパーフードとして、グリーン系ドリンクは外せません。

楽天モーションウィジェット