トレーディングカードゲーム「マジック:ザ・ギャザリング」の魅力とは?

アメリカ発のトレーディングカードゲーム、マジック:ザ・ギャザリング

元々日本のトレーディングカードゲームをしているととっつきにくさを感じるかもしれませんが、マジック:ザ・ギャザリングは世界初とも言える面白いルールもあり、一度ハマると抜け出すことができなくなるといわれています。

そんな世界初も含めルールやマジック:ザ・ギャザリングの世界観の一部を説明していきます。

スポンサーリンク

そもそもマジック:ザ・ギャザリングとは?

マジック:ザ・ギャザリングはトレーディングカードゲームの一つです。

日本から世界に広まったトレーディングカードも沢山ありますが、マジック:ザ・ギャザリングは1993年にアメリカで世界初のトレーディングカードとして発売されたカードゲームです。

世界で一番遊ばれているカードゲームとしてもギネス記録に登録されています。

マジック:ザ・ギャザリングの略称は公式ではマジックと略されている様ですが、日本ではマジギャザやギャザ、頭文字をとってMTG等と様々な愛称で親しまれています。

遊び方のコンセプトとしては、自身が魔術師となり、次元と呼ばれるそれぞれのカードテーマのファンタジー世界の中で戦うというものです。

その為に攻撃をする為には“マナ”と呼ばれる土地カードを置かなければならないのですが、これも魔法を発動する為のエネルギーを貯めているという意味があります。

そして、そのマナにも5種類の種類があるというのも実にファンタジーぽい設定だといえます。

もちろんファンタジー要素はそれだけではなく、ターンの終了時にはマナを横向きに寝かせ、ターン開始時にはカードを立たせる“スタック”という行為が必要で、これも魔法使いの儀式の様で気分が盛り上がります。

5種類のマナの特徴を知ろう

マジック:ザ・ギャザリングの中でもやはり特徴的なのは、5種類のマナでしょう。

カードの裏面を見るととてもわかりやすいのですが、5色のオーブが描かれた仕様になっています。

ウルトラプロ マジック:ザ・ギャザリング 縦型デッキプロテクター ハードスリーブ カード裏面デザイン 80枚入り AW2347

その5色は白、青、黒、赤、緑です。

他のカードゲームと変わらず、それぞれただの属性と思うかもしれませんが、そう思って適当にデッキを組むと痛い目をみるというのもマジック:ザ・ギャザリングの特徴です。

というのも、このゲームは攻撃できるカードを出す為にマナを貯めていかなければいけませんが、それぞれの色のカードに合わせたマナを貯めなければ攻撃カードを出すこともできないのです。

それでは5色のマナにはそれぞれこのような特徴を簡単に説明していきます。

白:正義・法・秩序・共同を特徴とし、シンボルは太陽。

青:は思考・狡猾・知識・文明を特徴とし、シンボルは水滴。

黒:死・恐怖・堕落・邪悪を特徴とし、シンボルは髑髏。

赤:混沌・無秩序・衝動・憤怒が特徴とし、シンボルは炎。

緑:生命・自然・共同・大地が特徴とし、シンボルは木。

このゲームはストーリー性が強いことも特徴の一つの為、5色それぞれに個性を持った種族がおり、相性の良い種族と悪い種族などもあります。

デッキ構築するときにはそういった点にも注意しつつ、それぞれの関係性を楽しむことができます。

デッキ構築とストーリー

マジック:ザ・ギャザリングの世界初とも言えるようなルールの一つで、デッキの最低枚数は60枚です。

ですが、それぞれの大会などのルールでは一デッキ1000枚でもOKというような驚くべき枚数のデッキを組むことも可能です。

しかしながら、一つのカードテーマを次元としているという説明を冒頭でしましたが、この次元というのは簡単にいってしまえば一冊の本です。

その違う色々な本を広げ、次元を超えて戦うにはそれなりのルールがあり、デッキ構築はシビアでもありますが、それを考えるのもこのゲームの醍醐味の一つです。

マジック:ザ・ギャザリングはストーリー性が強いと何度も言ってますが、その象徴とも言えるのがゲーム中のデッキの呼び方にあります。

基本的に山札と呼ばれる場に置いておくカード束のことを、このゲームでは“ライブラリー”と呼びます。

まさしく、マジック:ザ・ギャザリングのデッキは様々なストーリーが詰め込まれた図書館といえるのです。

ですから、単純に強さを求めて戦うトレーディングカードゲームではなく、マジック:ザ・ギャザリングはストーリーも楽しんでいきたいと思わされるカードゲームでしょう。

忘れてはいけないもう一つの魅力

ストーリーも楽しむことができるマジック:ザ・ギャザリングですが、このカードにはもう一つ大きな魅力が存在します。

その魅力とはイラストです。

日本のトレーディングカードの多くは可愛らしい女の子やカッコいいモンスターが描かれているものが多いですが、マジック:ザ・ギャザリングの絵柄は賛否は分かれますが、一枚一枚が絵画の様に美しいです。

特にマナに使用されている風景のイラストは、コレクターは少しのイラストに違いに数万円の価値をかける程美しいデザインとなっています。

その為、マジック:ザ・ギャザリングには画集も存在し、デッキに含めずともコレクションとしてカードを集めている人もいる程です。

ルールがわからない初めのうちは、絵柄を楽しむというのもマジック:ザ・ギャザリングの楽しみ方かもしれません。

最後に

マジック:ザ・ギャザリングはとても奥が深いゲームなので、さわり程しか説明することができませんでしたが、世界一プレイヤー人数の多いゲームですから、絵柄を楽しむことやストーリーを楽しむところから入ってみるというのも一つの楽しみ方です。
興味がわいたら、まず自分の気になるマナ色のスターターパックを買って、気軽にマジック:ザ・ギャザリングの世界を楽しんで下さい。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

大人がはまる!ドールハウスの魅力

ドールハウスは老若男女に人気があり、世界中に愛好家が存在します。 日本ではシルバニアファミリーが馴染み深いですね。 特に大人がはまることが多いドールハウスの魅力を紹介します。 スポンサーリンク ドール …

ゲームの代表「PZL」の意味と特徴について

ゲームジャンルのひとつ、パズルゲームについて紹介します。

デジタルTCG「カードディフェンダー」の魅力とは?

カードディフェンダーはカードゲームとソーシャルゲームの要素を融合した画期的なトレーディングカードゲームです。 カードゲームではあるものの、スマホのアプリなのでお金を使わなくても気軽に楽しむことができま …

カードゲーム「フラックス」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク フラックスはどんなゲーム? フラックスは状況の変化に振り回されることを楽しむカードゲームです。 ルールは簡単ですが、ゲーム進行とともにそのルールが変わっていき、勝利するための条件もコ …

天賞堂の鉄道模型の魅力と特色

日本が誇るホビーメーカーとなった「天賞堂」は、銀座に本店を構え、貴金属や宝飾や時計などを扱っている会社でもあります。 明治12年に創業された歴史のある会社ですが、中でも有名なのは「鉄道模型」です。

楽天モーションウィジェット