女度UP!プロも愛用するメイク道具

メイクブラシ
毎日朝に行うメイクですが、アイブロー、アイシャドウ、ファンデーション、リップなどいろいろなアイテムを使って仕上げます。

メイク道具といっても100円均一からハイブランドショップまでいろいろなところで売られており、品質も価格もピンキリです。

しかし、高ければ品質は良いのですが、高いものをとりあえず使っておけばいい、という訳ではありません。

スポンサーリンク

プロも愛用するメイク道具でクオリティアップ

仕上げを格上げするプロ愛用のメイク道具が実はたくさんあるのです。

もちろんプロのメイクアップアーティストは手腕があるので、その通りに仕上げるのは難しいですが、プロ仕様にかなり近づけることは可能です。

それほどプロ愛用のメイク道具を使うことは重要で、意外とココを見逃している女性が多いのです。

スポンジパフ

まず、一番始めにメイクを行うベースメイクですが、ファンデーションはとりあえず色が合っているものを塗っておけばいい、という訳ではありません。

ついつい付けすぎてしまっている人が多いですが、大きめのスポンジで一気に顔全体に伸ばすと、厚く付いてしまうことはありません。

塗りにくい小鼻や口角や目の周りなども、スポンジをつまんで塗れば綺麗に塗れます。

何度も同じ部分にファンデーションを重ね塗る、というのはやめておきましょう。

もしシミが隠れないという理由で塗っているのであれば、コンシーラーを使ってみましょう。

また、スポンジは付属のものを使ってもいいですが、ムラになりにくい形のものも販売されています。

例えば、資生堂のスポンジパフ アーティストタッチは実際にプロ愛用品で面取りをする必要がないのでとても便利です。

また、弾力のある素材でできているので肌に優しく、誰でも使いやすいのも特徴です。

四角形のスポンジも面がたくさんあるのでとても使いやすいです。

よーじやのスポンジパフは四角いパフが4つ入っていて500円程度で、ヘアメイクさんが現場でよく使っている商品です。

手にフィットしやすいサイズで、肌すべりもよいことから長年使っている人も多いです。

ファンデーションを使っていて、初めはスポンジが肌に馴染んでいても、後半になってくるとなかなか馴染まない、ということを経験したことがある人も多いでしょう。

これらの商品を使わなくても、100円均一でも四角いパフがたくさん入っているセットも販売しているので、試しにそれを使うのもおすすめです。

肌の質感は、メイクの中でも非常に重要なポイントです。

特にリキッドファンデーション、パウダーファンデーションを愛用している人は厚く付きがちなのでスポンジを工夫してみましょう。

ブラシ

続いて、どのメイクアップにも引っ張りだこなツールが、ブラシです。

脇役と思われがちですが、神技メイクにはとても重要です。

このブラシがメイクの過程で神技をつくるには1番重要といっても過言ではありません。

ブラシはどこで買っても同じと思いがちですが、肌への付き方がかなり違いますので、品質の良いものを使いましょう。

プチプラのブラシは毛質が硬いものが多く、あまり肌に馴染まないです。

良いものを1本だけ購入するのもいいですが、ベストはチーク用、アイメイク用、リップ用などそれぞれ専用のブラシを使うことです。

やはりメイクする範囲も違えば用途も違いますので、セットものよりも1つずつしっくりくるものを選びましょう。

ブラシは品質が良いものだと結構値が張るものですが、プロ愛用品としては白鳳堂と熊野筆が人気があります。

どちらも国産のもので、1万円程度です。

白鳳堂のものは少し珍しいフォルムで、尖った形をしています。

ハイライトが思いのままに入れられるので、顔の凹凸が簡単に作れます。

ポイントメイクも重要ですが、ハイライトはメイクの中でもとても大切で、これがうまく入っているか入っていないかで顔の立体感が変わってきます。

正面から見た顔はそこまで違わなくても、横顔がかなり変わります。

お化粧する時、自分の正面からの顔しか見ない人が大半ですが、実際は人からは横や斜めから見られていることも多いので、欠点のないメイクになります。

ハイライトに違和感が出ている人もとても多いので、一度試してみましょう。

また、熊野筆はいろいろな種類のブラシがありますが、とにかく毛質が柔らかく、いつまでも触っていたくなるような使い心地です。

チークに使えば柔らかいタッチに出来ますし、ふわっと肌全体を色づけることが出来るので、一度使うと病み付きになってしまいます。

チークの入れ方も難しく、顔全体のバランスを見て入れるのがポイントですが、かたまっていれたり濃くなることが多いです。

いわゆる、おてもやんのようなチークをしている人は街中にも沢山いますね。

テクニックがなくても、このようなプロ愛用のメイク道具を使えば神技メイクが出来ます。

一度メイク道具を揃えれば、ずっと使い続けられますので、思い切って買ってみましょう。
必ず、セルフメイクのクオリティがぐっと上がります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ビューティ
-,

関連記事

ベージュコートの着回し方!チェックスカートで”クラシック”に

近年ファッションの世界においても、ファストファッションなどの台頭で、コートでありながら、一万円をきったりするプチプライスで展開される洋服があります。 ファストファッションだからといって、すぐに傷んでし …

短い爪だから可愛い!おすすめのショートネイルデザイン

最近は短い爪にほどこすネイル、いわゆるショートネイルが人気を上げています。 仕事の関係で爪を伸ばせない人や、小さい子供を持つ母親など、長く爪を伸ばすことができない人も大勢います。 爪を伸ばせないからネ …

美人度がUPするアイテムの使い方!~バッグ~

美人度がアップするファッションテクニックは色々ありますが、バッグもまた上品で重要なアイテムです。 バッグはかなり色々な意味合いを持っていますし、コーディネートをより上品にしたり、逆にカジュアルに見せた …

健康的にダイエットする食事方法とポイント

ダイエットのための方法は様々ですが、いずれにしても食事方法については成否における重要なポイントとなります。 ただ体重を落とすことだけを考えるのではなく、正しい方法と知識を身に付けることで、健康的にダイ …

忙しい朝のお助けワザ!時短・簡単ヘアアレンジ

会社や学校に行く前に、優雅に準備が出来るという人は少ないと思います。 いろいろと準備をしないといけないですし、毎日ヘアメイクはするものの、あまり時間をかけれないこともあるでしょう。 もしくは、全く時間 …

楽天モーションウィジェット