2017年のメイクトレンドは?

メイク

スポンサーリンク

2017年のメイクトレンド

2017年のメイクのトレンドは、2016年から引き続き、基本的にはナチュラルがベースです。

クボメイクなどにもあらわれているように、ナチュラルに見えて、しっかり作っている可愛らしさ、メイクアイテムをきちんと使って、ベースからしっかり作り込むのだけど、そうしているようには見えないように、うぶに見せるようなメイクがトレンドの中心です。

ベースメイク

まず、肌づくりをていねいにやることです。

その際、パウダリーファンデーションよりは、リキッドファンデーションを、できればブラシでしっかり肌に密着させることが欠かせません。

肌がきれいに見えないと、トレンドメイクになかなかなりません。

ですから、下地をけちらず、しっかり時間をかけてまず肌をきれいに見せることからです。

ここ数年来流行ってるのは、やさしそうで、隙のある可愛い女性像の演出です。

肌がニキビなどで荒れたり、もともと自信がない人でも、今はすぐれた化粧品がたくさんありますから、自分の肌をよく見せてくれるものを探せば大丈夫です。

また、きれいに見せようと厚塗りしすぎはNGです。

最終的に仕上げたいのはナチュラルな印象なので、塗ることで隠すことばかりに気を使わず、他に見る人の視線をもっていくことで、肌のアラはだいぶ目立たなくなるものです。

本人が気にしていても、人は他に目だつところがあるとそちらを見て、全部を常に見るということは出来ません。

ですから、きれいな色のアイライナーやマスカラで、目元にインパクトを持たせれば、そちらに視線を持たせることができます。

アイメイク

カラーマスカラやアイライナーもトレンドのひとつです。

ベースはあくまでナチュラルに、ワンポイントだけフレッシュな色を入れるのはこなれ感が出てかわいいです。

昨年は赤系の目元を作るのが流行りましたが、今年はもっと自由に色を楽しんでというのが風潮です。

昨年、赤にトライしたかったけどできなかった人や赤系が苦手な人は、今年は自分の好きなカラーでトライできるともいえます。

ただし、色を入れるのは基本的に一色まででやめておくのが今風です。

何色も使うとやぼったくなりやすく、今年らしくありません。

パッと目を引くキレイカラーのマスカラか、アイライナーを、いさぎよく単色で入れるのが上手いフレッシュカラーの使い方です。

特に目じりにだけカラーアイライナーを足したり、ラメの入ったグリッターなアイライナーを上まぶたにだけしっかりひくのもオシャレです。

その際は、ラインが太くならないように気を付けましょう。

グリッターなアイライナーは、たまに見えてキラキラするのがオシャレなので、太く引いてしまうと見えすぎてしまいます。

なるべくきわにのせるのがトレンドです。

また、アイライナーは、はね上げないならはね上げない、キャットラインとしてはね上げるならいさぎよくはね上げる、という感じ使い分けができたほうが今年らしいです。

2016年はナチュラルに見せるためキャットラインにしないのが流行りましたが、やはり日本人の目は比較的小さいので、キャットラインにすることで大きく見せることができるのはもったいない、かといって中途半端にやるのは時代遅れということで、しっかり引く日と、ナチュラルににしてそこにカラーをのせるか分けるのがオシャレです。

マスカラを黒でしっかりつける日は、アイライナーは引き算する、アイライナーが主張が強い日はマスカラはブラウンのものにするなどという引き算が、やり過ぎていない印象の今どき顔につながります。

チーク

チークは引き続き赤が流行っていますが、去年トライして難しかった人は多く、もっと重ね付けしやすいピンクが主流です。

練りチークでも粉でも良いですが、少量をつけてようすを見て、なるべくつけすぎないようにするのがいいです。

一部の原宿系メイクなどをのぞいて、ほんわり癒し系のほっぺを演出するのがトレンドなので、なるべく少ない量をきちんとぼかすのがポイントです。

付けているのか分かりづらいように、内側から紅潮しているように見せるのが大切です。

アイブロウ

アイブロウは、太め、短めが流行ってきましたが、2017年は、さらにナチュラルにという流れが来ています。

2015年くらいまではしっかり眉がきていましたが、今年は抜け感のあるしっかりしすぎていない眉がよりオシャレです。

これは、しっかり描くより難易度は高いですが、しっかり眉の応用編と考えればやりやすくなります。

アウトラインはきちんととること、ペンシルよりはなるべくパウダーで描くのがおすすめです。

地眉が薄く、アウトラインがとりづらい人は、アウトラインだけペンシルを使うのも手です。

ただし、パウダーで仕上げたら、綿棒などで少しペンシルで描いたところをぼかすのがナチュラルに仕上がるコツです。

リップ

口元は赤でも、より血のような赤が流行ってはいますが、男性受けはいまいちなので、女子会向けです。

リップを赤にしたらアイメイクは引き算して、ベージュにゴールドのラメの入ったアイシャドーを程よくつけてあげると、リップとの馴染みがいいです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ビューティ, ファッション
-, ,

関連記事

シーン別!ショッピングで使える、スニーカーコーデ

たくさん歩くことになるショッピングシーンでは、歩きやすいスニーカーが大活躍します。 おしゃれでありながら、足もとは歩きやすく、両方の希望を叶えてくれるスニーカーを、お出かけシーンに合わせて使いこなしま …

冬の重ね着コーデ♪デニムジャケット×ニットコート

寒い冬は重ね着でオシャレをするのにピッタリの季節です。 でも重ね着は意外と難しいですよね。 冬場はせっかく重ね着をしても上からコートを着るので、インナーが見えず、いつもマンネリコーディネートになりがち …

人気のデニム、今年はスカートもおすすめ!

デニムが好きな人は、世界中にいます。日本でも、デニムファッションは人気が高いです。 今年は、カジュアルなデニムスカートも、ファッションアイテムとして注目を集めており、雑誌やテレビなど様々なメディアで紹 …

「大人の差し色」の取り入れメソッド:ちらりと覗く靴下の色を・・・

性別や年齢に関わらず、お洒落な服やコーディネートに興味を持っている人は多いでしょう。 それぞれの季節に合ったスタイルをきちんとキープしつつ、自分らしいアクセントを付けて一味違った個性をアピールするのも …

行事別!おしゃれママのファッション辞典【親子遠足】

数多くある行事の中でも、子どもが幼稚園に通う間だけ楽しめるのが「親子遠足」です。 子どもが小学校に上がると、親子で一緒に遠足に行く機会はまずありませんので、ママとしては大切にしたい行事と言えます。

楽天モーションウィジェット