行事別!おしゃれママのファッション辞典【入園式】

入園式は、わが子にとって一生に一度の大イベントのひとつです。

はじめての社会生活とあって、これまで過ごしてきた家庭から一歩踏み出した、新たなスタートの日でもあります。

園生活に送り出す親御さんとしては、不安と期待が入り混じった複雑な心境であったり、新生活にむけた準備で大忙しの期間を過ごすこともあるでしょう。

スポンサーリンク

入園式におすすめのファッションとは

入園式は、それぞれの園によってスタイルは異なります。園児の制服が用意されている場合は、新たに式用の子供服を購入する必要がありませんが、私服登園の場合は、式に相応しいお洋服を準備する場合がほとんどでしょう。

忘れてはいけないのは、入園式に着るママのお洋服です。

一般的にはスーツやワンピース、アンサンブルなどフォーマルなお洋服を身に着けることが多いようですが、中には行事らしく和装で参加される方も、ちらほら見受けられます。

一般的なスーツなどは、さまざまなブランドなどから販売されています。とくに新生活を迎えるシーズンには、店頭でもわかりやすくディスプレイされていることがほとんどです。

選ぶポイントとしては、春らしい色味と清潔感のあるデザインであることです。

淡いピンクやベージュなどが人気のようですが、柔らかな色味は女性らしく、清潔感も兼ね揃えているのでおすすめです。

膝丈のスカートが望ましく、足元も同系色のパンプスと、肌色のストッキングを身に着けるのが、常識的な装いです。

デザインにはそれほど流行はありませんが、兄弟など今後も式典など、行事のご予定がある場合は、ベーシックなデザインを選ぶと一度ではなく、数回使えるので便利です。

大切な行事だからこそ身に着けたい和装

日本の民族衣装でありながら、なかなか身に着ける機会に巡り合わないのが着物です。着物を持っていないという女性も多く、これまで身に着けた回数を、すぐに思い出せるという人も、少なくないのではないでしょうか。

着物は、体型や年齢を問わず身に着けることができるので、思ったよりも便利に使える正式な衣装です。一枚持っていて便利なのは、正絹の訪問着です。

入園式や入学式などの式典のほかに、観劇や格の高いレストランなどで食事をする際などにも最適です。着付けをすることができないという女性がほとんどですが、美容室や出張サービスなどで、案外安価に着付けをしてもらえることから、式典や行事などの度に新しいスーツやドレスを購入するよりも、安上がりだとおっしゃる方もいるようです。

訪問着は落ち着いた色味のものを選べば、年齢を重ねても、臆することなく身に着けることができるのではないでしょうか。

例えば、華やかなピンク色などは、若い人のイメージがあるので、30代や40代になると身に着けることに抵抗を感じてしまい、着る機会がなくなってしまうこともあります。

そんなとき、落ち着いたピンク色や、淡いグリーンなどであれば、気兼ねせずに身に着けることができるでしょう。

着物は、帯の色によって雰囲気を変えることもできます。洋服のように、コーディネートを楽しむこともできるのが、着物の意外な魅力ではないでしょうか。

身に着けると自然と背筋が伸びて、女性らしい所作が生まれる着物の不思議な効果は、入園式などの正式な行事にもぴったりの衣装ですから、ママの上品さも演出できます。

忘れてはいけない!主役は子ども

わが子の晴れの日には、ついつい力がはいってしまうという親御さんは少なくないでしょう。

記念日や特別な日は、それぞれ一生に一度しかありません。この唯一の日を盛り上げようとすることは、とても素晴らしい親心だといえます。

お子さんにとって、自慢してもらえるようなキレイなママでいることを心がけていたり、日頃から努力されているお母様もいらっしゃいます。

もちろん、子ども本人としても、一緒にいて嬉しくなるようなキレイなママは、鼻が高い気持ちになることでしょう。しかし、忘れてはならないことは、この日の主役はお子さん本人であるということです。

入園式は、一生に一度きりの大切な日です。 記念撮影もたくさんすることでしょう。お洋服や小物のコーディネートはもちろん、ヘアメイクにも時間やお金をかける場合もあります。

あまりにも力を入れすぎてしまうと、上品さを失ってしまったり、必要以上に周囲から注目されてしまうこともあるということを、念頭においておきたいものです。

ヘアメイクは華やかすぎても、シーンにそぐわない仕上がりになってしまうこともあります。

女性として、華やかに仕上がるヘアメイクやお洋服のコーディネートはもちろん、プラスのイメージではありますが、度を過ぎると下品で私生活の不健康さを感じるような印象を人に与えてしまうこともあります。

目立ちすぎるということは、保護者の中では悪い印象を持ってあなたを見るような人もいるかもしれないということを、知っておきましょう。

大切なのは、子どもが主役であることです。

日頃から目立つおしゃれママは、少し控えめを心がけて身支度をした方が、良いケースもあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-,

関連記事

流行の花柄ボトムス、おすすめコーディネート

花柄のボトムスは、派手になりそうで敬遠している方も多いかもしれませんが、合わせ方次第では、簡単におしゃれになれる万能アイテムです。 今季の流行でもありますので、持っていない方は、ぜひこの機会にチャレン …

オシャレは足元から!秋冬におすすめの靴

秋冬は、温かくふんわりしたファッションが、モテアイテムとしても必需品です。 ファーをまとったワンピースや靴、アクセサリーなど、豊富なラインナップで、ファッション業界を賑わせます。 そして、世代を問わな …

2017年トレンドになりそうなバッグは?『バケツバッグ』

毎シーズン、そのシーズンらしいトレンドのバッグが販売されますが、今年は断然バケツバッグがおすすめです。 その名の通りバケツ型のバッグで、コロンとしたフォルムと、レザーの高級感がギャップがあってとても可 …

肌寒い日に持ち歩きたい羽織もの「薄手のコート」

季節の変わり目や、日中と朝晩の気温差など、温度調節に便利なアイテムが羽織ものです。 薄手のコートなら、少し寒ければサッと羽織ることができ、手軽で快適な上にかさ張ることもないので、おしゃれの邪魔もせず取 …

万能アイテム!ボーダーカットソーの選び方:ピッチの太さ

人気の定番アイテム・ボーダーカットソーは、着回しが効く分、気づいたらいつも、同じようなコーデになっていたりなんて事ありませんか。 ひとくちにボーダーと言っても、ピッチ(線の太さ・幅)によって、ぜんぜん …

楽天モーションウィジェット