行事別!おしゃれママのファッション辞典【参観日】

参観日は子供だけでなく、参観するママにとっても緊張する行事です。

学校によっては、参観と他の行事を一緒に行うこともあり、子どもたちの授業を参観した後に、保護者と先生が集まって懇談会が開かれたり、参観後に他のママたちと食事やお茶をしたりすることもあるでしょう。

スポンサーリンク

綺麗めカジュアルに仕上げたいママにおすすめ

たくさんの保護者や先生に見られることを意識すると、恥ずかしいコーディネートは避けたいところですが、フォーマルになりすぎても、浮いて見えてしまわないか心配です。

普段ラフな服装が中心だというママには、綺麗めカジュアルな服装がおすすめです。

例えば、春であればパステルカラーのワンピースに、カーディガンを羽織るなどすれば、参観日という行事らしい、落ち着いた雰囲気も出せますし、女性らしい柔らかさも演出できます。

ワンピースは、羽織るものをジャケットにしたり、カーディガンにしたりと変えることで、コーディネートの印象を変えることができます。

授業の参観中は、よりフォーマルさを出すためにジャケットを羽織り、その後の食事やお茶などは、ラフなカーディガンなどにするなど、使い分けてもいいでしょう。

また、ミモレ丈のスカートはほかのトップスとの相性も良く、かつ上品に見せることもできるので、参観日の服として使いやすいです。

ふわりとした素材やシルエットのものを選ぶと、より優しい雰囲気を演出することができます。

スカートの柄は、無地もよいですが、トップスも無地を合わせてしまうと地味な印象になってしまいがちです。

トップスをシンプルなものにするのならば、スカートには花柄やレースやサテンなど、特徴的な素材を使用したものにすると、華やかさも加えることができます。

さりげないセンスと個性を演出したコーディネート

参観日は学校行事であるため、あまりにラフすぎたり個性的すぎるコーディネートをしてしまうと、保護者の中で浮いてしまうことになりかねません。

ですが、たとえ参観日という学校行事であっても、自分らしいおしゃれをしたいというママはいます。そのような方には、全体的には落ち着いた雰囲気の着こなしをするけれど、アクセサリーや靴、一点だけ個性的な服を使うなどして、さりげなく自分のセンスや個性を取り入れるコーディネートがおすすめです。

例えば、全体の色味をおさえたモノトーンのコーディネートに、一点だけ柄物のスカーフでポイントを加えると、個性的かつおしゃれに見えます。

また、落ち着いた雰囲気のニットワンピースに、ちょっと太めのベルトを付けることで、スタイルアップも期待できますし、ベルトの選択で雰囲気を変えることもできます。

ほかにも、ワンポイントとして使える小物やアクセサリーとしては、バングルや時計、ストールや長めのネックレスなどがあります。

これらをいくつも身に着けてしまうと、カジュアル感が強くなってしまい、参観日の雰囲気に合わなくなってしまいますが、一点だけ取り入れることで、バランスを保つことができます。

さらに、秋・冬といった寒い時期には、コートでセンスや個性を演出することもできます。

例えば、身長が高めで上品に見せたいのであれば、長めのトレンチコートを羽織るとスタイルよく見えますし、おしゃれです。

低身長で、かわいい感じの雰囲気を演出したいならば、ダッフルコートやピーコートを着用するといいでしょう。

下にきているものが同じでも、羽織るコートで印象が随分と変わります。

コーディネートに自信がないならばセットで服を購入する

ファッションにはあまり関心がなく、参観日のコーディネートに自信が持てないという人もいます。このような人には、すでにコーディネートがセットで提案されている服の購入がおすすめです。

ワンピースとジャケットのセット、スカートとニットのセットなど、お店によっていろいろなセットが売られているので、自分の雰囲気に合ったセットを購入するといいでしょう。

セットの良さは、もうすでにコーディネートが決められてるので、参観日当日着ていく服に悩まずに済むことです。

スーツスタイルのセットを購入してしまうのも、参観日以外の機会にも使うことができるのでいいでしょう。セットによっては、リバーシブルになっているタイプにもあり、それであれば、より着こなしのバリエーションも広がります。

セットを購入する際に気を付けておきたいのが、一緒に使う小物です。

服自体はセットになっているので相性がいいはずですが、それに合わせるアクセサリーや靴、バッグといったものとの相性も、考えなければ違和感が出てきてしまいます。

自分が持っているアクセサリーやバッグなどを思い出し、合わせても大丈夫そうなセットを選ぶようにしましょう。

セットの服でおすすめしたいカラーが、ブラックやホワイトとったものです。この二色は、他の色との相性も良く、様々な場面でも使いやすいカラーです。

また、優しい雰囲気を出したいならば、淡いパステルカラーのものもよいでしょう。

あまりに奇抜すぎる柄のものは、個性的ですが使うにはコツがいります。

コーディネートに自信がない人は、無地や落ち着いたカラーのセットを購入すると、失敗しにくくなります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-,

関連記事

「大人の差し色」の取り入れメソッド:パンプスの一部に差し色を

季節関係なく、あわせやすいということでモノトーンのお洋服は人気があります。また、モノトーン以外にも、ネイビー、ベージュ、カーキなどは、どんな色でも合わせやすいのでついつい買ってしまう、という人も多いで …

イエローベレー帽はリップカラーをオレンジにするとナチュラルに♪

流行アイテムはその年やシーズンによって変わるものですが、今トレンドになっているのは、ベレー帽です。 注目されているレトロ感というのを出すには、このアイテムは必須です。 帽子一つで、かなりファッションの …

冬の重ね着コーデ♪デニムジャケット×ニットコート

寒い冬は重ね着でオシャレをするのにピッタリの季節です。 でも重ね着は意外と難しいですよね。 冬場はせっかく重ね着をしても上からコートを着るので、インナーが見えず、いつもマンネリコーディネートになりがち …

洋服選びに迷う事がなくなる基本のアイテム!「ジャケット」

ジャケットは、洋服の中でも活用されるアイテムの一つです。ダウン、ツイード、デニム、レザージャケット等があります。

流行のチェック柄、小物で取り入れよう!

秋冬になると、何故か欲しくなるのが、タータンチェックや千鳥格子のアイテムです。 でもいきなりコートやワンピースを購入するのには、ちょっと勇気が要るという意見も多数見受けられます。 そんな時は、まず気軽 …

楽天モーションウィジェット