男性に人気の趣味:バイクで味わう男のロマン

バイクは発明されてから現代に至るまで、多くの男性の冒険心をかきたてるロマンに溢れる存在であり続けています。

男性から人気の高い趣味として根強い支持を受けており、映像作品の題材としても目立っている物です。

スポンサーリンク

再流行を見せるカフェレーサーの文化

バイク文化には様々なものがありますが、その特徴は車体の仕様や形状で明確にあらわれています。

例えば、カフェレーサーはイギリスのバイク文化を象徴する物の一つです。

カフェレーサー文化において、車体は当時のレーシングバイクに刺激された流線形の美しい形状を持っています。

また、スピードや旋回性を重視したスポーツ仕様です。

車体の美しさと性能とを競う、そしてそのルーツがレースにあるという文化は、男性のロマンを刺激してやまないものです。

しかし、カフェレーサー独特の車体は現代でも老若男女を問わず好評であり、外観と性能とを兼ね備えている事からスポーツライディングを楽しむ方にも人気があります。

国内外のメーカー各社も、カフェレーサーの人気を意識したクラシックな外観のモデルを販売しています。

かつて世界を席巻したレース仕様の雰囲気はそのままに、現代の技術で高性能な車体に仕上げてある物です。

カフェレーサーの求める所を上手く実現したモデルであり、いずれのメーカーでも人気の高い車種になっています。

スポーツ仕様という事で乗り心地が悪いのではと思われるかもしれませんが、見た目が崩れないように乗り心地の良い仕様になっているモデルも多くあります。

取り回しが良く乗りやすいモデルもあり、趣味として楽しんで乗るにも適しているでしょう。

バイクの代名詞でもあるハーレーの文化

バイクメーカーは世界中に多くありますが、その中でも世界的な知名度を誇るアメリカのメーカーにハーレー・ダビッドソンがあります。

数々の映画やドラマに登場し、バイクを愛好する男性から憧れの1つとなっているメーカーです。

映画やドラマのハーレーは登場人物の個性の1つになるように改造されていますが、現実世界のハーレーもオーナーそれぞれが独自の改造を施しています。

それが世界的なハーレー文化を生み出しているものです。

ハーレー文化は、カスタムバイクという形に象徴される個性に特徴があります。

ハーレーオーナー達が愛車の外観や音を印象的な物にしたり、性能を向上させたりと様々な形で自分なりの個性を生み出しているものです。

このハーレー文化の中で、重要な役割を果たしているのがカスタムビルダーになります。

カスタムの高い技術や優れたセンスを持っているビルダー達であり、今では日本のカスタムビルダー達は本家のアメリカでも高評価される存在へと成長しています。

カスタムのデザインをするだけでなくエンジニアとして機械の構造を深く理解している為、カスタムからメンテナンスまで幅広く対応しているのが特徴です。

ハーレー文化は世界に広がっていますが、日本においても独自の進化を遂げて本国で認められるまでのレベルに達しています。

日本のメーカーが世界を席巻するレーシングバイク文化

一般にレーシングカーの世界で最高峰と言えばF1ですが、バイクにも最高峰のレースの舞台があります。

そして、レースで最高峰の舞台で勝ち続けているのは、日本のメーカーです。

今や、レーシング文化は日本のメーカーが主導していると言っても過言ではありません。

その歴史は意外に古く、1961年にマン島TTレースで日本メーカーが優勝した事がきっかけです。

以後、日本メーカーの有名レースへの出場が盛んになっていき、レースで鍛えられて技術が磨かれていく事になりました。

常に欧米メーカーより下と見られていた日本メーカーが、1つのレースをきっかけに躍進を遂げた事は、男性のロマンを刺激してやまない事です。

今や日本のレーシングバイクは、欧米の有名なメーカーと並んでバイクオーナーの憧れの1つとなっています。

日本のレーシングバイクを改造して自分だけのレーシング仕様に仕上げる、より高性能にする等の改造も行われており、独特のコミュニティと文化が醸成されているものです。

有名なレーサーにも日本メーカーの愛用者は少なからずいるように、その人気と文化の広がりは大きな物となっています。

古き良きクラシックバイクの文化

バイクは発明から150年以上の歴史があり、現在に至るまで様々な名車が誕生してきました。

今では稼働する数の少ない往年の名車を愛好する文化が存在し、クラシックバイクの文化として成長しています。

例えば、かつて高性能な車体を作りだす事で有名であった、今は無きメーカーのモデルを所有して大事に乗っているオーナーもいます。

既にメーカーが存在しない以上、部品は自分で作るかビルダーに頼るしかありません。

それでも、現在のモデルにはない外観や機構が生み出す独特の雰囲気と操縦感覚は、男性のロマンを刺激してやまないものです。

クラシックバイクは外観が美しい事もあって、走行会が開かれるほど人気がある存在でもあります。

世界各国の名車や希少車が一堂に会し、その外観を楽しんだり、独特の音を聞いたりできます。

現代の最新鋭のモデルを中心とした文化とはまた少し異なる、独特のコミュニティーを築いている文化です。

バイクをよく知らないという方でも参加しやすく楽しみやすい文化であり、単純に見た目が好きという方から、古い時代の車体に興味があるという方まで、受け皿は大きいものがあります。

最後に

趣味として人気があるだけでなく、1つの大きな文化となっているバイクの世界は、ただ乗るだけでなく見る事でも楽しむ事ができます。
これから乗ってみたいとい考えている方も、乗れないけれど見るのが好きと思っている方も、多くの方が楽しむ事ができる包容力のあるのがバイク文化の特徴です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

男性に人気の趣味:船舶模型で味わう男のロマン

人気を持つ男性の趣味の一つに船舶模型があります。 ウィスキーの空き瓶の中に部品を一つずつ入れて組み上げる模型、樹脂部品を組み合わせて作る模型など、船舶模型には作る楽しみ、完成した後に眺める楽しみがあり …

婚活中におすすめ!ねこカフェが趣味だと出会いが広がる

ねこ好きな人は「ねこ好きには悪い人はいない」と考えている人も少なくありません。 ねこ=平和というイメージがあるので、飼い主もそうだろうということです。 実際、ねこカフェ巡りが趣味の人は出会いが広がる可 …

ダンスで楽しむ世界!「タンゴ」を通して学べる文化と歴史

タンゴは、アルゼンチンが有名です。 長い歴史があるアルゼンチンタンゴは、ダンスの形態のひとつで、ハバネラやカンドンベ、ミロンガなど、様々な音楽が混合して生まれたものです。 ハバネラは、リズムが特徴的な …

自分磨きにもスキルアップにも!「ネイル」の技術を学ぶメリット

一昔前までは、ネイルサロンは施術費用が高く、敷居が高いイメージを持っていた人が多かったのですが、今はどのサロンも比較的安価で施術ができるようになってきました。 またインターネットショッピングなどが盛ん …

結構変わってるマニアックな趣味:掃除マニア

趣味は何ですか?と聞かれると出てくる答えで多いのが、読書、音楽鑑賞、スポーツなどが一般的なものといえます。 趣味は自分が好きなことでいいですので、無理に人に合わせる必要はありません。 人に合わせていれ …

楽天モーションウィジェット