男性に人気の趣味:株で味わう男のロマン

バブル経済が破たんをし、一時は低迷を極めていた日本の株でしたが、近年は安定したところで定着しており、空前の株ブームになっています。

売買で儲けるやり方、株主優待をもらうやり方など様々ありますが、男性に人気なのはやはり大きく儲けるという部分です。

スポンサーリンク

勉強すればするほど勝ちやすい

男性に人気を博する部分として、勉強をすればするほど勝ちやすい、儲けやすいという部分です。

株を趣味とする人の多くはその会社の情報などを勉強します。

内部留保と呼ばれる会社が持っている資金や資産、そして今の株価を照らし合わせて、今がお買い得なのかどうかというのがわかります。

資産や資金があるのに株価が下がるケースはかなり限られており、いずれは上がることが予想され、勉強をすればするほど勝ちやすいというのはそういう要素です。

有名な企業は多くの人にマークされ、なかなかうまみのある株価にはならないですが、上場をしている企業の中には、知名度こそ低いものの経営状態はとても良好というところもあります。

こうしたところは意外と株価が低く、何かしらの事業が話題になった瞬間に一気に上がる可能性を秘めています。

こうしたところをたくさん見つけることができればそれだけ儲けることは可能です。

ギャンブルと違い、チャートなど株に関する知識を身につければある程度の傾向はつかめます。

そうした部分も男性に人気な要素であると言えます。

デイトレードなら一気に金儲けができる

以前、株の取引をする場合には証券会社に赴いたり、電話を掛けたりして売買をするというのが主流でした。

近年はネット証券に口座を作り、簡単に株の取引ができるようになっています。

これならば、仕事中こっそり目を盗んで売買をすることも可能であり、仕事中に急にまずい情報をテレビで見てしまい、売るにも売れずに悔し涙を流すということもなくなります。

こうした便利な環境で一番の恩恵を受けることができるのがデイトレードというやり方です。

ちょっとした値動きで利ザヤを稼ぎ、基本的には短期保有で稼いでいくというのがやり方であり、こうしたやり方をする人をデイトレーダーと言います。

現にデイトレーダーの中には仕事を辞め、本業として行い、数億円以上稼ぐという人もいるなど、まさに男のロマンを感じずにはいられないものです。

デイトレードの考え方は株だけに限らず、為替でも可能ですが、為替は世界情勢に左右されやすい一方、株は勉強しやすく、狙いやすさがあるというのもポイントであり、デイトレードが男性の中では人気です。

自動売買ツールで夢が広がる

一方、デイトレードだとサラリーマンからすればなかなか手が出しにくく、長期保有でしかやれないなど、時間的な制約をかなり受けることになってしまいます。

このため、近年は自動売買ツールを利用し、機械に任せて株の運用をしてもらうということが目立ち始めています。

これを使えば、サラリーマンであったとしても知らぬ間に稼ぐことができ、家に買ったら巨万の富を築いていたということも十分に考えられ、まさに男のロマンです。

自動売買ツールは思い通りに投資のルールを決め、それに従って自動売買をしていくというものです。

そのため、この条件では損切りをする、これくらいの利益が出たら売るというのを決めておくことで、びっくりするほど資産が目減りしていたということをなくすことが可能であり、安心です。

最初のうちはバーチャルな世界で動かしてみて運用実績を確かめてから自動売買ツールに使うソフトを決めていくということになります。

そのため、最初に導入するまでに結構な時間がかかるのも特徴ですが、うまく活用すれば一気に儲けることは可能です。

株主優待もバカにならない

男性の中には株主優待を楽しみにしている人も少なくなく、実はとても投資として有益であることが言えます。

株主優待は株を長期保有してもらうためにある制度であり、配当を低くする、もしくは取りやめる代わりに優待制度を設けているところが存在します。

航空会社であれば、安く乗れる割引券などが配られ、それを金券ショップに売買することができるなど、それ自体がある種の配当となっているケースもあり、おすすめです。

最近ではユニークな優待制度も出ており、それ目当てで採算度外視で株を買うという人も少なくありません。

むしろ、株を趣味とする人はこの優待制度をメインとしている人が多く、優待制度だけでできるだけ暮らそうとする人がテレビに登場するなど、人気を集めています。

ただ、こうした優待制度を見つけてくるのもやはり勉強をしているからであり、商品券を安易に狙いに行くのではなく、費用対効果を十分に考えたうえで購入し、お得に優待制度を利用することで効率よく儲けていくことができるようになるなど、初心者にはおすすめです。

最後に

以前に比べ、拒否感もなくなり、かなり低い金利で預けるなら投資をして増やしていくというマインドの人も増えてきました。
それだけ競争相手が多くなったものの、適切な勉強、経験、そして資金面の管理ができれば、趣味と実益を兼ねることは大いに可能です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

知れば知るほど奥が深い!電子工作で広がる趣味の世界

最近は趣味として楽しめる電子工作キットがいろいろと販売されています。 そうしたものを利用すれば、誰でも手軽に電子工作を楽しむことができます。

女子の間で大流行の人気アプリ「Foodie」の魅力

SNSで食べ物を投稿する人が増えて、スマートフォンのカメラ機能アプリにも新しいものがたくさんでています。 最近おすすめしたいのが、カメラアプリのFoodie。 食べ物がおいしそうに撮ることが出来るアプ …

モテたい人におすすめの趣味:カクテル作り

居酒屋に行けばカクテルを飲むことができますし、市販でも缶でカクテルは販売されているため気軽にお酒を楽しむことができます。 しかし居酒屋などで飲むカクテルというのはリキュールとジュースを一定の割合で割っ …

ストレス解消やダイエットにも!「クライミング」で始める健康生活!

2020年東京オリンピックの正式種目にもなったクライミングは、現在、流行中のスポーツです。 クライミングというと、山にあるような崖を登る、一部の登山家がやるスポーツだと思われる方も多いのですが、最近流 …

一度知ったらハマってしまう人とは違う趣味!裁判傍聴の魅力

裁判のシーンをドラマなどで見ることがありますが、裁判傍聴は本物の裁判を見ることができます。 趣味として考えることも出来ますが、いい経験となるといえるでしょう。

楽天モーションウィジェット