男性に人気の趣味:船舶模型で味わう男のロマン

人気を持つ男性の趣味の一つに船舶模型があります。

ウィスキーの空き瓶の中に部品を一つずつ入れて組み上げる模型、樹脂部品を組み合わせて作る模型など、船舶模型には作る楽しみ、完成した後に眺める楽しみがあります。

スポンサーリンク

最初はキット品を組み立てるのがお勧め

子供の頃にプラモデルをお小遣いで買って、色々な模型を作った経験を持つ男性は多いのではないでしょうか。

男性はものを組み立てる、ものを集めるのが好きな人が多く、趣味から仕事に繋がる人も少なくありません。

船舶模型と言うと、プラモデルをイメージする人も多いかと思われますが、最近はキット品の船舶模型なども登場しており、完成度が高い事からも人気を集めています。

プラモデルの場合には模型らしさが追従される事になりますが、本格的なキット品などの場合は本物を忠実に再現した完成度を持つ船舶模型もあります。

キット品の場合は設計図通りに順番に組み立てる、塗装を行うなどで完成する事になりますが、模型のサイズや部品点数などに応じて作る楽しみを与えてくれるなどの魅力があります。

ちなみに、キット品の場合、必要なパーツはすべて揃っているので、ラジオペンチやピンセットなどの工具があればいつでも気軽に始める事が出来ます。

部品点数が多いものなどの場合、作る時間も長くなるので休みの日を利用してコツコツとやりたい人などにもお勧めです。

ネットの中には人気の船舶模型の設計図も

船舶模型のキット品は添付してある図面を見ながら部品を一つずつ組み立てるなどの流れで作る事になります。

図面通りに作れば仕上がりはともかくとして、船舶模型を作る事が出来ます。

プラモデルを作った経験を持つ男性などの場合、部品を接着剤で張り付ける時など、接着剤が表面に出てしまって汚れてしまったなどの経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

しかし、接着剤の量を考えて塗布する事で、表面に流れ出て来る接着剤が少なくなる、完成した時にも見栄えが良くなります。

これは模型を作る中で繰り返し行う事が技術を高めるポイントでもあり、最初は接着剤を付け過ぎてしまった表面に溢れて来る場合でも、何度も繰り返し練習をする事で技術が身に付いて来る、練習を重ねると上達する事になります。

男性の趣味の中でも船舶模型は作る楽しみ、完成した時の感動、そして作業性を考えるための技術や知識が身に付く趣味と言えましょう。

尚、キット品だけではなくネットの中には自作した人の設計図なども公開が行われているので、すべてを手作りで行いたい男性などからの人気を集めています。

材料は模型店やホームセンターで調達出来る

男性に人気の高い趣味は、コレクションする趣味、作る趣味などに分ける事が出来ますが、船舶模型はこの二つの魅力を楽しめる趣味でもあり、コツコツとした作業が好きな人からの人気を集めています。

船舶模型を趣味とする場合、キット品を買う方法、設計図を作ってオリジナルの船舶模型を作る方法、人が書き上げた設計図をインターネットで探して必要な材料を買い揃えて作る方法などがあります。

キット品の場合は基本的な材料すべてが揃っているので、ピンセットやカッター、ラジオペンチやニッパーなどの工具類、塗料やサンドペーパーなどを購入しておけば後は必要な部材をホームセンターや模型店で購入する事で製作が出来るようになります。

工具類は一度購入しておけば模型を製作する時に毎回利用する事が出来ますし、模型を趣味にしている人などは工具類にだわりを持っているなどからも、厳選した工具を買い揃えたり集める事も趣味としている人も少なくありません。

設計図を書き上げる事が出来ない場合でも、ネットの中には色々な人が設計した図面があるので、こうした図面を利用して模型を作る人が多い、人気を集めているなどの理由もあります。

豪華客船や戦艦、帆船などに人気が集まっている

船舶模型には豪華客船や戦艦、帆船などの種類があります。

戦艦や帆船などの場合、甲板に取り付ける部品点数が多くなるので、最初は豪華客船を作り、技術を身に付けた上で戦艦や帆船にチャレンジする人も少なくありません。

ちなみに、プラモデルなどの場合も部品点数が多くなるほど難易度が高くなるので、最初は比較的部品点数が少ないものからチャレンジをしたなどの経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

キット品などの場合も部品点数が少ないものから初めて、徐々に部品点数が多くなるものをチャレンジする事で、船舶模型の完成度も高くなるなどのメリットがあります。

簡単なものを幾つか作る、制作を重ねる事で手際や技術が進歩するので、徐々に点数が多い模型にチャレンジするのがお勧めです。

週末などの時間を利用してコツコツと作る楽しみ、図面から作成する場合には設計する楽しみもあります。

特に設計から始める場合には完成までにかなりの時間が費やされる事になりますが、完成した時の喜びはキット品などでは味合う事が出来ない男のロマンがあります。

最後に

船舶模型を趣味とする男性には、細かな作業が好きな人、ものづくりが好きな人が多いのが特徴です。
部品点数が多くなるほど制作期間は長くなりますが、完成した時の喜びは趣味としている人だけが得る事が出来るもので、一度チャレンジしてみるのもお勧めです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

自分だけの世界を表現!写生の魅力

写生は身近にある紙と鉛筆があれば、誰にでもすぐに始められる身近な趣味ですが、上を目指せば奥が大変深くやりがいのある趣味といえるでしょう。

婚活中におすすめ!アウトドアが趣味だと出会いが広がる

自然の中では誰もが素直な気持ち、やさしい気持ちになれる、アウトドアを通じて新しい出会いがある、自然が二人の距離を縮めてくれるなどの理由からも、アウトドアは婚活にも役立つ存在になってくれるなどの魅力があ …

楽しみながら女子力アップができる趣味:料理

新生活のスタートと一緒に料理を始めて、女子力を向上させたい人も多いのではないでしょうか。 でも、どこから手をつけていいか分からない、何を揃えればいいのと思う人も多いことでしょう。 筆者も大学進学時、料 …

老化防止にもなるクリエイティブな趣味:カメラ

フィルム時代にカメラを始めたベテラン諸氏の中には、一般大衆にとってのカメラとは記録写真を撮るための道具であって、素人の趣味としては敷居が高いとお考えの方がいると思います。 確かに昔はそのような傾向があ …

一度知ったらハマってしまう人とは違う趣味!懸賞の魅力

趣味と言えば、何かをコレクションしたり、どこかへ行ったり、教室に通ったりと、案外お金のかかるもの。 しかし、懸賞が趣味という場合、お金がほとんどかからないだけでなく、現金や旅行券、家電、食品などいろい …

楽天モーションウィジェット