現在、妊娠中…これやっていいの?|一杯くらいのビールなら飲んでもいい?

妊娠中に、「ビール一杯ぐらいなら大丈夫かな」と思ってしまう妊娠中の女性もいるかもしれませんが、まず基本的にはビールに限らずお酒は飲まないほうが良いのが基本です。

飲まなくて済むのであれば、飲まないに越したことはなく、後悔する可能性を考えるのであれば、飲まないほうが良いということになります。

スポンサーリンク

お酒は基本的には飲まないほうが良い

全く飲むつもりはないけれども、場の雰囲気で飲まざるを得なくなってしまったときのことを考えて、飲んでも大丈夫かどうかということだけは、知っておきたいと言うのであればともかくとして、自分自身が飲みたいからと言って、どこまで飲むことができるのか知りたいというのであれば、基本的には飲まないほうが良いという答えになります。

妊娠中は、わずか1年足らずの期間しかないわけですから、多少ストレスが溜まったとしても、その間だけは我慢しておくというのが一番いい方法となります。

しかし、妊娠中は何かと制限が多いものですし、飲食に関して神経質になりすぎる傾向にあるので、あまり気を張り詰めすぎてもストレスの原因となってしまいますから、正しい知識を身につけておくというのも悪いものではありません。

妊娠中の飲食の際に、アルコールは避けた方がいいというのは基本的な考えではありますが、絶対的な禁忌事項というわけではないので、飲んでしまったからと言って、直ちに重大な悪影響が出るというわけでもありませんし、逆に少量だから安心できるということもありません。

日頃から、飲食の時にビールを飲むなどの習慣がある女性は、正しい知識を身につけて、お腹の赤ちゃんを守ってあげることが大切です。

ビール程度の量であれば影響は少ないとされる

妊娠中は、ビール一杯も許されないのかと思う女性もいることでしょうが、本当にグラス一杯程度であれば、お腹の赤ちゃんに対する影響はそれほどないとされています。

継続して大量のお酒を飲み続けるような習慣があれば、リスクは飛躍的に高まってしまいますが、たまに気分転換に少し飲むぐらいであれば、そこまで神経質になる必要はありません。

妊娠がわかったらお酒を飲むのをきっぱりやめるという女性も少なくありませんが、問題は妊娠に気づく前に飲んでしまったという場合です。

極初期の妊娠というのは、赤ちゃんの体の作りも未発達なだけに、アルコールの影響というのも大きく受けやすいものですから、余計に心配になってしまうものですが、この場合も酒浸りの生活をしていたということでもない限りは、悪影響として出てくる可能性は低いといえます。

可能性は低いと言っても、飲まないよりもリスクがあがっていることは間違いありませんから、気になるのであれば、早めに病院で見てもらって、様子を確認してもらうのが良いでしょう。

妊娠中にアルコールを摂取する問題としては、アルコール自体が赤ちゃんに悪影響を与えるという部分もありますが、妊娠をしている女性自身が、アルコールの影響を不安に感じてしまうというものもあります。

妊娠中に余計なストレスを感じるというのは良くないことですから、そのようなことを考えることになるのであれば、飲まないほうが良いということになります。

しかし少量であれば、影響の度合いは少ないということも知っておけば、気付かずに飲食をしてしまったとしても慌てることもないので安心です。

気にしすぎないということも大切

すすめられるものではありませんが、妊娠中にビールを飲むことができずに、ストレスが溜まってしまうようであれば、グラス一杯程度であれば、飲んだほうがリラックス効果もあるとされていて、必ずしも悪いものだとは言い切ることができません。

よく言われることですが、体に悪いとされることをするよりも、それを我慢するストレスのほうが影響が大きいとされますから、適度な量であれば、ビールを飲んでしまったからと言って不安になりすぎてしまうこともないのです。

妊娠をしたことがわかってから、母親としての自覚が出てきて、全くお酒を飲む気にならなくなってしまったというのであれば、それは理想ですし、飲まないに越したことがないわけですから、飲まないのであれば飲まないで妊娠中を過ごすのが一番です。

しかし、どうしても我慢をすることができないというのであれば、グラス一杯程度の飲食であれば、心配するほどの影響はないということを理解した上で、飲むのも悪いものではありません。

最後に

注意が必要なのは、アルコールというのは判断力を鈍らせるものですから、最初は少量で済ませるつもりだったものが、気づいたときにはたくさん飲んでしまっていたということもあるので、その点は気をつける必要があります。

妊娠中の飲酒というのは、妊娠をしていない状態であっても心配されるほどに飲む人は、注意をしなければなりませんが、嗜む程度であれば、影響はそれほど大きいものではありませんから、その点を理解した上で、どうしても飲みたくて仕方のないというときには、適度な量でおさえておくことで、影響は少なくストレスの解消につなげることができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

賢く節約!業務用スーパーを活用するコツ

業務用スーパーは、一般的な個人の家庭向けではなく、レストランや弁当屋など仕事で食品を必要とする人に向けたスーパーです。 最近、この業務用スーパーを上手に使う活用術が注目を集めています。 上手く使えば食 …

クレジットカード「セゾンカード」の特徴やおすすめポイント

クレジットカードと言っても色々な種類があります。 セゾンカードは、利用するメリットや特徴がたくさんあり、初めてクレジットカードを作りたいと思っている方にもオススメです。 利用するメリットや、特徴につい …

美を追求する最新美容家電 ― ウブ毛カッター ―

ファッションの流行や服装などの都合により、季節を問わず一年を通してムダ毛ケアが必須な場合も多々あります。 ムダ毛処理というと、脇やすね部分など太くて硬い毛の多い部分を想像する人が多く、意外と見落としが …

一人暮らしにおススメの街:新宿の魅力

新宿の街を一人暮らしの人にもおすすめできるのは、都会でありながらも自然環境に恵まれているためでもあります。この街の周囲には、江戸時代以来の歴史がある神田川が流れ、川沿いには自然豊かな桜並木が広がってい …

安くしたい!引っ越し費用の値下げ交渉術

引越しをするときの費用についてはいろいろな交渉術がありますよね。 値下げをしたい、なるべく安くしたいというのはもう当たり前のことで、値下げ交渉も様々な形で行われています。 この方法ですが、いろいろな交 …

楽天モーションウィジェット