現在、妊娠中…これやっていいの?|自転車・自動車の運転はしてもいい?

妊娠中にはできる限り避けた方が良いことのひとつに、自転車があります。

幼稚園や保育園の送り迎えをするために乗っていたり、買い物などに出かける時にも、歩くよりは時間をあまりかけず、比較的楽に移動することができます。

しかし妊娠中は、お母さんの身体はもちろんお腹の赤ちゃんに、いつも以上に気を使わなければいけません。

スポンサーリンク

妊娠中は出来る限り自転車は避けた方がよい

自転車に乗っているときに通る道は、平坦な道ばかりではありませんし、段差があるところや、凸凹している道を通らなければいけないこともあります。

平坦な道を通っていたとしても、細かな振動を感じることがありますし、段差があるところや、凸凹している道などを通っていると、強い衝撃を感じることもあります。

自転車を乗っていて感じる細かな振動や強い振動は、お母さんの身体やお腹の赤ちゃんに影響を与えてしまうことがあります。そして、自転車に乗っている時には、ちょっとしたことで簡単に倒れてしまうことがあります。

自転車に乗っていてヘルメットを被ったり、プロテクターなどをつけていれば、身体を少しでも守ることができますが、使うたびに毎回つけていては大変です。
何も身体を守るものがない状態で、もし何かの拍子に倒れてしまったりすると、強い衝撃を受けてしまうのはお母さんの身体であり、お腹の赤ちゃんです。

そのため、日常生活では、自転車を使った方が時間が節約できて楽だとしても、お母さんやお腹の赤ちゃんに与えてしまうリスクを考えると、妊娠中の幼稚園などへの送り迎えや買い物などに出かける時は、歩いて行ける距離であれば自転車はできるだけ避けた方が良いです。

妊娠中は自動車の運転もできれば避けた方がよい

自転車のほかに、日常生活で通勤や買い物などに行くために使うものとしては、自動車があります。

自動車はいろいろなところに移動できますし、住んでいる場所によっては、家から駅までがかなり離れていたり、バスなどもあまり運行していないところもあります。
そのため、通勤や買い物に出かけたりするために欠かせないという方は、妊娠中であっても日常生活をおくるために、自動車の運転をしなければいけないこともあります。

自転車はこがないと進めませんし、上り坂などがあると押して歩かなければいけないこともありますが、自動車はこいだり押して歩いたりなどをすることがないので比較的楽です。
そして、ちょっとしたことで簡単に倒れやすい自転車と比べると、倒れたりすることはありませんし、もし倒れたとしても、身体を守るものがあまりない自転車と比べると身体は守られています。

しかし、身体が守られているとしても、自動車が絶対に安全ということはありませんし、通る道に段差があったり、凸凹していたりすると、身体に強い衝撃を感じることもあります。

妊娠中は、お母さんの身体などにいろいろな影響が出やすい時期でもあります。
日常生活をおくる中で、いくら慣れている方であっても、妊娠中で身体にいろいろな影響が出ている状態では、安全に運転することが難しくなることもあります。

そのため、通勤や買い物などのためにどうしても運転しなければいけないのなら仕方がありませんが、日常生活をおくる中で、歩いたり電車やバスなどを使うことができるのであれば、自動車の運転も、妊娠中はできる限り避けた方が良いです。

どうしても自転車や自動車の運転をしなければいけないときは

妊娠中には、自転車や自動車の運転はできる限り避けた方が良いですが、幼稚園の送り迎えや通勤、買い物などに出かけるなどの日常生活で欠かせない方などは、急に使わないようにすることは難しいです。

そのため、日常生活をおくる中で、どうしても自転車や自動車を使わなければいけないという方は、まず自分が妊娠中であることを忘れないことです。
そして、妊娠中の自転車であっても、自動車の運転であっても、身体へのリスクがあることを知っておくことです。

最後に

人は日常生活で少し体調や気分がおかしいと感じていたとしても、いろいろなことを考えるとなんとなく無理をしてしまうことがあります。
しかし、妊娠中は体調を崩しやすいですし、ちょっとしたことがお母さんの身体や、お腹の赤ちゃんに影響してしまうことがあります。そして、妊娠中に体調や気分がおかしいと感じているのに、無理をしてしまうと、安全に運転することが難しくなることもあります。

そのため、お母さんの身体やお腹の赤ちゃんを守るためには、自分が妊娠中であることを忘れずに、体調や気分がおかしいと少しでも感じているときには、無理をしてしまうのではなく、自転車や自動車の運転は避けた方がよいです。

そして、自転車や自動車に乗っている時に感じる振動や強い衝撃などが、お母さんの身体に与える影響を考えると、なかなか難しいことではありますが、段差があるところや凸凹している道は避けるようにして、できる限り振動や強い衝撃を感じない、平坦な道を選ぶようにすることです。

特に見た目はちょっとした段差であっても、自転車で通ると強い衝撃になってしまうことがあるので要注意です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, , ,

関連記事

電話料金を節約!IP電話を活用しよう

最近は「IP電話」という言葉をよく聞くようになりました。 通常の電話と同じように会話を楽しんだり、テレビ電話ができるものなど便利な通話手段です。 さらにそれを上手に利用すると電話料金も節約できる特典付 …

カラーボックスでDIY!足をつけてDIY

カラーボックスを横にした状態では、構造的に低すぎる場合が多く、高いところが好きな猫の好みに合わないことがあります。 このような悩みに対しては、DIYの工夫で両側に足を取り付けることによって、見事な形で …

ネット銀行活用術 : 大和ネクスト銀行の特徴

大和ネクスト銀行は、インターネット銀行として存在しますが、2010年4月に設立された、まだ歴史の浅い会社です。新しい銀行ではあるものの、大手証券会社として有名な、大和証券の100%子会社ですから、金融 …

プランターで家庭菜園!冬に植える野菜

最近はプランターを使って家庭菜園を楽しむ人が多くなっていますよね。 家庭菜園の魅力は自分達で栽培した野菜を食べる事が出来る、収穫を楽しめる、採りたての新鮮野菜を味合う事が出来るなどがあります。

【DIY】穴を開けたくないならディアウォールdeカウンター下収納

押し入れやクローゼットのように、すでに作られている収納の場合には目立ちませんが、何もない場所に収納するための箱などを設置してしまうと、目立つことになります。 そのため、設置する場所によっては雰囲気と合 …

楽天モーションウィジェット