後悔しないで!妊娠中にやっておきたいこと|外食

妊娠中は安静が大切だし、お腹の赤ちゃんのために栄養バランスだって考えてあげなくちゃいけません。栄養のバランスが崩れてしまうと心配して、外食を避ける人もいるかもしれません。

でも、赤ちゃんが生まれてからは、ゆったりとした気持ちで外食なんてできません。子ども連れで外食するとなると、とっても大変なんです。
子どもが小さいうちは、人込みに出るのも難しいですし、お出かけとなるとおむつに着替えなど、荷物もたくさんになります。

スポンサーリンク

ゆったりと外食できるのは、妊娠中の今

小さいうちが無理でも、少し大きくなったらランチにも行けると思うかもしれませんが、子どもは動けるようになるとじっとしてくれません。じっとできないんです。
子どもの動きを気にしながら食べても、あまり食べた気がしないなんてこともあります。

子どもがぐずり出したらもう大変、周囲の目も気になって食べるどころではありません。せっかくのランチが台無しになってしまいます。
ちょっと外でご飯を食べるだけなのに、ちょっとカフェで休憩したいだけなのに、子ども連れだととっても疲れてしまうんです。

最近は子ども連れが利用しやすいレストランや離乳食の持ち込みOKのお店も増えています。だから、もちろん外食ができないというわけではありません。ただ、ゆったりとした気分で外で美味しいものを食べたいと思ったときに、子ども連れだと、どうしても難しくなってしまいます。美味しいものを食べても、心が落ち着かないから美味しさが半減してしまう。

妊娠中に好きなものを食べに行っておけばよかったなぁと後悔しないためにも、妊娠中に美味しいものを食べに行って、妊娠中にやり残したことがない、満足した気持ちで出産に臨みましょう。

外食するなら、安定期がおすすめ

妊娠中は、体の変化が大きいので、ちょっとしたことで心配になったり、心が不安定になってしまうことがあります。妊娠初期はつわりなどの症状が出る時期で、食べるのがつらいという方が多いです。

しかし、安定期頃になると徐々につわりなども収まってきて、体調も安定していきます。やりたいことをやるならこの時期がチャンスです。
出産に向けて赤ちゃん用品の準備をしたり、大掃除などに時間を費やすのもよいですが、一人でゆっくりとくつろぐ時間や夫婦で過ごすといった、自分のための時間をつくるのがおすすめです。妊娠中にリラックスすることは、ママだけでなく、実は胎児にとってもすごく大切なことなんです。

妊娠の不安やストレスを解消するには外食はよい気分転換になります。

おすすめはなんといっても、恋人気分に戻って夫婦でデートです。
ちょっとおしゃれなレストランでお食事してはいかがでしょうか。安定期の時期であれば、多少遠出もできようになるので、いつもより足を延ばして食べに行くこともできます。気になるお店があったら、旦那さんに迷わずデートを申し込みましょう。

妊娠後期に入ってくると、体重増加との闘いが始まります。
妊娠中の肥満は、妊娠中毒症や難産などのトラブルの原因になることがあるため、体重管理が大切です。バランスの良い食事を心がける必要があるので、外食を敬遠する人も増えますし、外に食べに行くのが難しい時期になります。
だから、やはり安定期がおすすめなのです。

安定期に入る前に、インターネットなどで行きたいお店をピックアップしておいて、安定期に入ったら旦那さんやお友達と一緒に、ぜひステキなお食事を楽しんでください。

カフェやレストランで気持ちをリフレッシュして出産に備えましょう

ひとりでカフェでくつろぐことが、ぜいたくに感じてしまうママもいるかもしれません。
でも子どもが生まれたら、毎日追われるような日々が待っています。育児にはパワーが必要なんです。妊娠中は、そのエネルギーを貯めるための充電期間でもあります。ひとりカフェも、全然ぜいたくなことではありません。

出産準備用品を買いに行ったときに、休憩も兼ねてカフェでゆったりと過ごすのもよいです。安定期であれば、食べ過ぎなければ甘いスイーツを頼んだって大丈夫です。
おしゃれなレストラン、高級そうな料亭など、子ども連れでは行きづらいお店にはぜひ足を運んでみてください。何かの記念日があればその日がベストです。子どもが生まれてからも、出産前にこのお店に行ったねって、思い出すのも楽しいです。

もし記念日がなくても、ぜひパートナーを誘ってお食事に出かけましょう。
二人きりのデート気分が味わえるのは、妊娠中だけです。子どもが生まれた後は、子どもを預けやすい環境にあったとしても、夫婦二人でお食事というのはなかなかハードルが高いです。かと言って、子どもが一緒だとデートにはなりません。

子どもが生まれると、夫婦の時間が取りづらくなってしまうので、ランチでもディナーでも良いので、二人で素敵な時間を過ごしましょう。
外食は満足感を与える効果が高いので、妊娠中のストレス解消や、リラックス効果が高いです。

最後に

妊娠中に我慢していると、胎児にも悪い影響を与えますし、産後に食べたいのに食べられないという大きなストレスを与えてしまい、ただでさえ疲れやすい育児にも大きなマイナス効果を与えてしまいます。
妊娠中に外食でリフレッシュして、ぜひ大らかな気持ちで出産を臨えてほしいです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

ネット銀行活用術 : りそな銀行の特徴

都市銀行として運営している金融機関のりそな銀行ですが、全国に330以上の本支店を構えている他、ネット銀行としての顔も持っています。 ネットを活用したオンライン取引を利用することで、振込手数料が安く抑え …

TONE mobileの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

ツタヤが展開する格安SIMサービスとして、これから初めて格安スマホを使おうという人にも推奨できるのが、TONE mobileというサービスとなります。 同サービスの特徴や、おすすめ点などについて解説を …

フリマアプリ「プラット」の特徴や使い方

インターネットオークションよりも、もっと手軽で便利に楽しめるとしての人気が高まっているのが、フリマアプリです。 そして、プラットもその一つに数えられるのですが、気になるのがどのような特徴があるのかでし …

【DIY】穴を開けたくないならディアウォールde大容量本棚

アパートあるいはマンションといった賃貸物件に住んでいると、備え付けの収納だけでは物足りなく感じることもあるでしょう。 そんな時は、DIYで棚を作ってしまうと使い勝手が広がります。 ここで問題になるのが …

ネット銀行活用術 : セブン銀行の特徴

セブン銀行は、セブンイレブンの手がけるネットバンキングで、全国にあるセブンイレブンのコンビニ店舗にあるATMを利用できる点がメリットとなっています。

楽天モーションウィジェット