いつから始める?胎教ってどんなのもの?|適度な運動をする

そもそも胎教とは何でしょう。それは、人によってとらえ方が変わります。
妊娠中から赤ちゃんに話しかけたりすることによって、親子の絆を深めるコミュニケーションという考え方もあれば、音楽を聴かせたり絵本を読み聞かせたりすることによって、早期の英才教育となると考える人もいます。

胎教とは「妊婦自身が精神安定に努め、胎児に何かしら良い影響を与えようとすること」と言われているため、どちらも正解だということができます。

スポンサーリンク

よく聞く胎教って何?

いつから始めるといいのか

ではいつ頃から始めると良いのでしょうか。
個人差はありますが、大体安定期に入る5ヶ月頃~7ヶ月頃の、妊娠中期に始めると良いとされています。というのは、この時期には赤ちゃんの様々な機能が発達する時期であり、外からの音が耳に届くようになってきます。

もちろんぼんやりとしか聞こえていませんが、徐々に耳の機能も発達していくため、ママの声やパパの声が判別できるようになり、反応してくれるようになります。
また、多くの人が胎動を感じるようになるのもこの妊娠中期なので、話しかけたり音楽を聴かせてあげることによって反応があると、より赤ちゃんの存在を身近に感じることができるでしょう。

胎教は絶対にやらなければならないというものではありません。
しかし妊娠中のコミュニケーションというのは、生まれた後の親子のコミュニケーションにも影響するということが分かっています。生まれてくることを、とても楽しみにしているという気持ちを伝えてあげると、赤ちゃんも安心して元気に育ってくれるでしょう。

また赤ちゃんに対して良いだけではなく、胎教をすることによってリラックスできる妊婦さんもいます。

絵本の読み聞かせや音楽を聴かせる

胎教として、多くの人が試みているのが絵本の読み聞かせや音楽を聴かせるということです。

絵本の読み聞かせは妊娠中だけではなく、生まれた後にも赤ちゃんに聞かせてあげる機会が多いでしょう。赤ちゃんにとっては、外から聞こえてくる音よりも、骨の振動などからも伝わるママの声の方が、一番身近に感じることができます。

そのため、ママの声で絵本を読んでもらうというのは、赤ちゃんに届きやすく、また生まれた後も、お腹の中にいた頃のことを思い出して安心しやすくなります。
また同じ本を繰り返し読んであげることによって、想像力が豊かになり、知能の発達にも役立ちます。お腹の中の赤ちゃんに語りかけるように読んであげると良いでしょう。

音楽に関してはモーツァルトが良い、クラシックが良いなど、様々な諸説がありますが、どんな音楽でなければならないという定めはありません。
赤ちゃんに聴かせてあげるというのも大切ですが、ママ自身が音楽を聴いて、リラックスできるかどうかというのも大切です。

ママがリラックスしている状態というのは、赤ちゃんにとってもとても心地よいのです。
その心地よさが赤ちゃんに良い影響を与えてくれます。音楽を聴きながらお腹を軽くなでてあげたり、声をかけたりすると尚良いでしょう。赤ちゃんから、キックのお返しを感じることができるかもしれません。

ここで注意したいのが、あまり強い力でお腹を触らないということです。胎動があるとつい嬉しくなって過度にお腹をなでたり、指でつついたりする人が多いのですが、あまりやりすぎると、赤ちゃんに刺激を与えてしまうので気を付けましょう。

会話を楽しみながら適度な運動をする

多くの人が妊娠初期につわりを経験するでしょう。その程度や期間は、人によって様々ですが、妊娠中期には落ち着いてくるという人がほとんどです。

その頃には食事もきちんと食べることができるようになります。その反面、食べ過ぎて太りやすくもなってしまうため、妊娠中期には適度な運動をすすめられます。
この運動というのは、実は胎教にもよいのです。

散歩程度に歩いてみたり、ストレッチやヨガなど、自宅でできる運動を行うことによって、体内の血行のめぐりがよくなり、赤ちゃんにも栄養が届きやすくなります。こうした運動の際に、お腹の中の赤ちゃんに声をかけながら行うと尚良いでしょう。

ママが話しかけながら運動をすることによって、赤ちゃんも元気に育つのです。
また妊婦さん向けの「マタニティヨガ」というものもあるため、体を適度に動かせる上に、妊婦さんもリラックスすることができるのでおすすめです。

妊娠中期は徐々にお腹が大きく膨らみ始めます。
そのため、今まで通り体を動かすということが難しくなっていきます。走ったり、重い物を持ったりという過度な運動は、流産や早産の原因ともなるため絶対に行わないようにしましょう。

また運動をすることで、お腹が張るようであれば、すぐに中断して安静にするようにしましょう。

最後に

妊娠中というのは、自分1人の体ではありません。お腹の中に別の命も宿しているため、とてもデリケートな状態です。

ちょっとした無茶が取り返しのつかないことに発展してしまうことも珍しくはないのです。
いくら胎教にも安産にも良いからといっても、医師から運動を禁止される場合もあります。きちんと体調を見極めながら、自分に合った運動を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

繊維の種類と特徴を把握する:ウール

衣類に使われる繊維として、綿やシルク、ポリエステルなどが存在しますが、これらの繊維だと、身体を温める機能に関しては、やや心許ない部分があります。 薄い生地を作り出すのは得意としても、厚みがあり、ふんわ …

洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示(干し方)

最近、洗濯に関する表示が変わりました。 今までの絵表示では、日本工業規格で定められた日本独自のものでしたが、新しい洗濯表示では、従来の22種類から41種類に細分化されました。 これは国際規格に合わせた …

BIGLOBEの格安スマホ・格安SIMの特徴とおすすめポイント

国内最大手クラスのプロバイダ、BIGLOBEが提供する格安スマホは、豊富なプランとリーズナブルな価格帯に加えて、最大手ならではの、安定した通信環境が魅力です。 用途に合わせて、様々なプランを選べるのも …

【DIY】穴を開けたくないならディアウォールdeディスプレイ棚

「賃貸だから穴が空けられないけれど、憧れのディスプレイ棚が欲しい」 「狭いスペースにもぴったりな棚があったら」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな方の希望を叶えてくれる便利なアイ …

洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示の見方

洗濯は毎日のことですが、洗濯をする際には、その洋服がどんな洗剤が使えるのかや、クリーニングはどんな方法なら可能かなどは、洗濯の取り扱い絵表示を確認して行うことでしょう。 そんな洗濯の取り扱い絵表示は、 …

楽天モーションウィジェット