マヨネーズについて楽しく学べる!キューピー・マヨテラスの見学

マヨネーズ
親子で共に学びたい、子供の職業意識を育てたい親御さんにうってつけの社会見学が、キューピーのマヨテラスです。

スポンサーリンク

キューピーマヨネーズができるまでを学ぼう

マヨテラスでは、家庭に欠かせない調味料であるマヨネーズについて、たくさんのことを楽しく学べるよう、さまざまな工夫がほどこされています。

親子一緒の社会見学に向いているため、施設へ訪れるために、全国各地から訪れる方もいるほどなんです。

マヨネーズはどんな原料からできているのか、どんな工程を経て製造されるのか、どんなふうにボトルに詰めているのかなどを学ぶことができます。

魅力的な施設を紹介する前に、マヨテラスの歴史を紹介しましょう。

マヨテラスが創設されたのは2014年6月26日でした。
どの家庭の冷蔵庫にも必ず1つはあり、使用頻度も高いマヨネーズなのに作り方は知らない、そんな疑問に応えるために設立されました。

単に知識を学ぶだけでなく、体感することで、マヨネーズを見たり使う度に使用されている原料や製造工程が重い浮かぶような施設設計が施されているのが最大の特徴でしょう。

オープンから注目を集めたマヨテラスは高い人気を集め、毎日多くの方が訪れるようになりました。
施設を利用するには予約が必要ですが、それも約2ヶ月前でなければ予約できないほどの人気なのです。

食事中や料理を作っている時にマヨネーズについて会話して気になることがあるなら、マヨテラスで社会見学してはどうでしょうか。

親子で訪れれば、いつまでも残る思い出となるはずです。

こんなにたくさんあるマヨテラスの魅力

施設内の見学手順は、サラダホール、次にキューピーギャラリー、マヨネーズドーム、ファクトリーウォーク、最後にキューピーキッチンのコースです。

見学者が最初に集まるサラダホールは、ブロッコリーやトマトなど様々な形をした可愛らしいイスが並べられており、天井が吊り下げられている照明をよく見ると卵型になっています。
ここでは、ツアーガイドから見学中の注意点などが説明されますので、しっかり聞いてルール違反しないように心がけましょう。

マヨネーズはどこで生まれたのか、なぜマヨネーズと呼ばれているのかの謎を解いてくれるのが、キューピーギャラリーです。
ここは見学で最初に訪れるコーナーとなっており、マヨネーズの名前の由来、誕生した国や地名などを教えてもらえますし、日本に伝わった理由や日本におけるマヨネーズの歴史を学べます。

次に訪れるのが、マヨネーズボトルの形をしたマヨネーズドームです。
この中では動画を見ながらマヨネーズの3大原料やカロリー半分のキューピーハーフの開発の歴史、マヨネーズの美味しさの秘密を学べます。

最も人気があるのがファクトリーウォークです。
マヨネーズ製造工場の内部を動画で学べるコーナーとなっており、原料である卵を高速で割っていく機械、製造されたマヨネーズをボトルに封入する工程などを動画で学べます。
視覚的な情報なので小さな子どもでもわかりやすく、どのようにしてマヨネーズができるのかを楽しく学べます。

最もお楽しみなのが、キューピーキッチンコーナーでの試食タイムでしょう。
マヨネーズと野菜の相性や美味しさを楽しめるコーナーです。
実際に親子で試食してマヨネーズの魅力を再発見しましょう。

最後におみやげとして、えんぴつ、キューピー人形、マヨネーズのアレンジレシピがはいったお楽しみ袋がもらえます。

マヨテラスを利用する方法

マヨテラスは東京都調布市にあり、気になる入館料は無料です。

平日営業で、土・日・祝日は休館日です。
場合によっては土曜日に開館している場合もあるので、公式サイトの予約をみて開館スケジュールを確認しておきましょう。

見学時間は午前10時~、11:50~、13:40~、15:30~の4つの時間帯となっています。

一度に見学できる人数は1~35名までで、見学中の撮影は禁止されています。

予約制になっているので、見学や旅行の際には必ず予約を入れてください。

見学者は小学生以上を対象にしているため、小学生未満は保護者同伴となります。

マヨテラスにある駐車場は施設関係者が利用するため、公共交通機関を使って移動してください。

最寄り駅の京王線・仙川駅で下車し、出入り口を北に移動し、仙川駅入口交差点へ出て、国道20号線沿いに西へ移動します。

しばらく移動すると左手に「kewpie」の文字とおなじみのキューピー人形がっている小さな時計台と門があり、そこが施設の入口になっています。

仙川駅からキューピー・マヨテラスまで徒歩約7分なので、すぐに到着できます。

施設内に入る際には、あらかじめ守衛所に立ち寄りましょう。

最後に

マヨテラスはマヨネーズができるまでをわかりやすく学べる、社会見学にうってつけの施設です。
特に親子で何かを学びたい、思い出を残したい、職業意識を持たせたい世帯に利用されています。
毎日使っているマヨネーズはどうやってできているのか、親子で謎を解いていきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

水と緑がテーマの遊園地!としまえんのおもしろさ

としまえんは、池袋駅から約15分、新宿駅からは約20分の距離にあり、最寄り駅の豊島園駅からは徒歩1分から2分程度で到着します。 所在地は練馬区で、東京都内はもちろん首都圏全体で見ても有数の規模と一日中 …

兵庫県のおすすめ温泉地3選

日本には、たくさんの温泉地が点在しています。温泉には、様々な体に良い影響を及ぼす効用があることで、昔から湯治場として利用することもありました。 今でも、お湯に浸かって、ゆっくりと日ごろの疲れを癒すため …

兵庫県のおすすめ旅行スポット

近畿地方に属する兵庫県は、 南北に長く、北は日本海、南は瀬戸内海の2つの海に、接しています。 そんな兵庫のおすすめスポットを、いくつかご紹介いたします。

夏の風物詩「江戸川区花火大会」を楽しむポイント

この数年、大型総合スーパーやアパレルショップでも、低価格で浴衣を購入することができるようになりました。 また着付けが出来なくても、すでに完成された帯をマジックテープで簡単に止めるといったものまで販売さ …

アメリカ・アラスカ州のおすすめ観光スポット

アメリカの最北端にあるアラスカ州のおすすめの観光スポットとしては、まずデナリ国立公園が挙げられます。

楽天モーションウィジェット