下ごしらえで変わる!漬け込むだけでお肉を柔らかくなるもの:牛乳・ヨーグルト

下ごしらえで変わるという事実を知ったら、肉料理前のひと手間は惜しむことなく加えることができます。

漬け込むだけでお肉を柔らかくなるもの、それは牛乳やヨーグルトです。普段から一般家庭の冷蔵庫にはストックがありますし、気軽に食べることのできる食材です。

美味しいですし手軽なので、特別な食品と感じたことはないでしょう。

スポンサーリンク

ひと手間加えて、お肉をジューシーに!

漬け込むだけでお肉が柔らかくなる|牛乳とヨーグルト

そんな白い、ゴールデンコンビの乳製品が、特売の安いお肉であっても、柔らかい状態に変えてくれるのですから、これほど嬉しい肉の下準備はありません。

肉料理は、乳製品利用の一手間で、柔らかく、ジューシーな美味しさを存分に味わいましょう。乳製品で肉類が柔らかくななんて、信じられないでしょうが、やってみると本当に柔らかくなります。

牛乳に漬けておいた肉は、明らかに柔らかいので、歯ごたえ自体もソフトになります。そればかりか柔軟性とともに、肉本来のジューシーな美味しさにレベルアップし、こんなに嬉しいことが、牛乳との簡単なコラボレーションで叶うことになります。

さらにヨーグルトでは、実は牛乳の上をゆく柔らかさを実現することになります。スーパーのタイムセールで購入をした肉であっても、乳製品を調理過程に利用することで、贅沢な肉料理を味わうことが出来るきっかけになります。

不思議な現象と感じるでしょうが、乳製品には豊富な乳酸が含まれているためです。このたっぷりの乳酸が、肉に働きかけて、肉の持つ繊維を柔軟にほぐします、。ひと手間をかけて漬けておくだけで、驚く程のソフトな食感を実現することになります。

まるで高級肉のような、柔らかいジューシーな肉料理に変身です。

お肉も柔軟にするヨーグルトの力

肉類も柔軟にすることのできるヨーグルトには、その内側に様々な嬉しいを秘めている食材です。真っ白い見た目で、甘さと酸味が大変美味しい、お手軽乳製品は、健康のために毎日おいしく食べている日本人も多いです。

それは、便通解消のためであるとか、花粉症対策なども期待しての考えもあるでしょう。

ヨーグルトには、豊富な乳酸菌が含まれていて、その種類もいろいろあります。まず日本人がとても身近に感じるのは、ビフィズス菌の乳酸菌です。ビフィズス菌という乳酸菌は、おなかの中で、腸を良い状態へと整える働きをします。

人間の腸内は、ライフスタイルや食生活の変化からも、乱れやすい傾向にありますので、ビフィズス菌の持つ腸内を整える作用はありがたいものです。

ビフィズス菌は、人間の腸内を整えるので、それはアレルギーの症状を緩和したり、アトピーなどの緩和にもつながりやすくなります。ガセリ菌SP株という乳酸菌も、意外と耳にしたことがある人はいるでしょう。

ガセリ菌SP株を含むタイプは、肥満体型の人には嬉しい効果があり、内臓脂肪が蓄積をしないように働きかけてくれます。

ガセリ菌SP株は、途中で胃酸でダウンすることなく、生きている状態で腸に届く強さがあります。さらにガセリ菌SP株は、生きて腸内へと到達をしてから、腸管内に定住ということまでやってくれます。

人間の腸へと届きやすい上に、常在菌であるため腸内でもたくさん増量をしやすいです。すると乳酸菌パワーは活発になるので、コレステロールを下げたり、健康への働きが促進されることになります。

ヨーグルトは美味しいだけではなく、人間の健康パワーにも力になります。

真っ白な牛乳にはカルシュウムもいっぱい

お肉を柔らかく、美味しい状態とさせる牛乳には、豊富なカルシウムでも知られています。実はカルシウムだけではなく、ほかの栄養成分もたくさん入っています。

パントテン酸にビタミンB6、ビタミンAにビタミンB2、それからリンにマグネシウムにカリウムなどです。ほかにも脂質に炭水化物、タンパク質も豊富です。

これほどの栄養に恵まれているので、成長期の学校給食に出されるのも、栄養を知れば納得のできることです。マグネシウムやカルシウムは、ミネラルの栄養成分、骨のメインとなるのがミネラルの栄養です。

神経刺激伝達や、筋肉の収縮も関わりますので、人間が生きていく上で重要となる働きをするのがミネラルです。

牛乳には、水溶性のビタミンと、脂溶性のビタミンの、両方が含まれています。特に成長期を迎える子供には、どちらのビタミンも必要ですし、大人にもビタミンは欠かすことはできません。

血液や筋肉のもとになるのはタンパク質、牛乳にはアミノ酸をたっぷりと含むタンパク質も豊富です。

人間の丈夫な骨のために、カルシウムが必要であり、牛乳であれば骨の代謝に力になるカルシウムがたっぷり含まれ、そして牛乳の場合は吸収率が高いというメリットもあります。

カルシウムは、体外から食品で摂取をするのが大事であり、そこには理由があります。

骨を丈夫にしてくれるのもカルシウムですし、実はホルモンの分泌にも関わりがあります。

筋肉の収縮活動や、弛緩に関わるのもカルシウムです、だから生理機能にとても深く関わっていることがわかりますし、カルシウムは吸収の良い牛乳からの摂取が、効率的であることもわかります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, , ,

関連記事

いつもの刺し身が美味しくなる!昆布締めの作り方

昆布締めはもともと富山県の郷土料理で、北海道から仕入れられていた上質の昆布を使って作られていました。 作り方には様々ありますが、家庭でも簡単に作ることができるので、作り方を覚えておくと粋な和食としてお …

超美味!納豆に「ラー油」をちょい足し!

納豆には、色々なものをちょい足しして食べる楽しみがあります。一般的には醤油や専用タレ、辛子、ワサビなどを入れる人が多く見られます。 マヨネーズやラー油と合わせるのも、魅力的です。大根おろしと合わせると …

炊飯器でできる煮物の時短レシピ

炊飯器はいろいろな料理を作ることができるとても便利な道具です。 おいしいご飯はもちろん、デザートのケーキやおいしい煮物なども作ることができるので、時短レシピを知っておくと食事を作るときにはとても助かり …

忙しい朝にぴったり!チーズを使った朝ご飯レシピ

朝ご飯の内容でその後元気に過ごせるかどうかが決まると言っても過言ではありません。 家族が元気に一日を過ごせるよう、栄養満点の朝ごはんを食べてもらいたいですよね。 しかし毎日、忙しい朝にご飯を作るのは大 …

隠し味で「昆布茶」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

昆布茶は、和食の隠し味によく使われますが、洋風のクリームシチューにも、とてもよく合います。 海鮮のシーフードシチューや、チキンシチューの隠し味にも最適です。 昆布茶には、グルタミン酸という旨味成分が多 …

楽天モーションウィジェット